集客

テレビCMとYoutube広告の違いとは?どちらが効果的な広告なのか?

動画を配信することで情報を発信する方法の代表的な例としては、テレビCMとYoutube広告があります。この2つの最大の違いは、配信先がテレビかYoutubeかの違いになるわけですが、細かなところまで理解ができていないところもあります。

ここでは、主に配信できる広告の特徴や仕組みについて紹介し、どちらが効果的なのかを紹介します。

どちらが効果的なのかはケースバイケース

結論を言ってしまえば、どちらが効果的なのかは断言することはできません。

Youtube広告の方が効果的であるレポートは様々存在しますが、メッセージを届けたい対象が異なれば、当然配信先も変わってくるからです。テレビを見る人が少なくなったとは言え、これは一般論であり、逆にテレビしか見ていない人もいることは事実です。

テレビCMとYoutube広告の配信方法の違い

テレビCMでは、いわゆる枠買いが基本になります。例えば、視聴率が高く、視聴数も高いような時間帯のテレビCMになればなるほど広告費は高額になります。

また、ローカル放送などを指定することで特定の地域にのみコマーシャルを配信する方法もあります。

例えば、主婦層がメインターゲットの商材であった場合、お昼の時間帯に放送されるワイドショーやドラマの再放送などが主婦層にリーチしていると考えられます。保険や健康食品などのCMがお昼に多いのはそのためです。

Youtubeはそれに対して、特定の動画に広告をつけるわけではなく、ターゲティングが主軸になって広告が表示されます。年齢、性別、子供の有無、世帯収入などのユーザー属性グループ、住宅所有者、大学生、子育て世帯などの詳しいユーザー属性、興味関心などで設定されたターゲティングとマッチしたユーザーがYoutubeを再生した時に、広告を表示します。

参考:動画キャンペーンのターゲティングより(Googleヘルプ)

そのため、広告としての精度はYoutube広告に部があります。ただし、テレビはYoutubeを特に見ない層でも、たまたまテレビがついていたなどで閲覧の機会が多いため、母数を重視する場合は、テレビCMが割安になることがあります。

テレビCMとYoutube広告の配信可能な動画の違い

テレビCMは、公共の電波を使って配信をすることもあり、なんでも配信できるわけではありません。過去には、日清カップヌードルのCMが炎上し、配信を取りやめたなどがありましたが、社会的影響も加味してクリエイティブも慎重に考える必要性があると言えます。

また、基本的に、配信できる動画の長さは15秒と決まっています。

これに対して、Youtube広告の場合は、配信できる広告の長さは基本的に自由です。ただし、12秒以上3分未満であることが推奨されております。また、配信できる動画もテレビCMよりは、今のところ規制は緩めです。例えば、サプリメントのCMもテレビでは考えられないようなクリエイティブのものが配信されています。

スキップの可否

テレビCMでは、番組の合間にテレビCMが差し込まれます。この際、テレビCMをスキップすることはできません。ただし、チャンネルを変更するなどでテレビCMを実質スキップすることは頻繁に起こり得ます。

これに対して、Youtube広告の場合、動画を閲覧開始するタイミングと任意のタイミングに広告が差し込まれます。15秒を超える動画は広告配信から5秒後にスキップが可能です。15秒以下の広告では、広告のスキップができず、動画を見たい人に強制的に広告を閲覧させることが可能です。

どちらを活用するかは誰をターゲットにするかで変わる。

四大マスメディアが下落し、インターネット広告の市場が大きくなっているからといって、インターネット広告の方が必ずしも万能なのかと言われると、そうとは限りません。

広告の配信方法は、誰をターゲットにするのかで変化します。最近はすかいらーくグループの広告をYoutubeで頻繁に見るようになりましたが、これは働く世帯、ファミリーをメインとしている性質上のもので、試用している段階なのだろうと伺われます。

コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

-集客

© 2020 SuccessPartner