初心者でもわかる集客の教科書配布中!入手する

リスティング広告とは?初心者向けの集客方法解説

当サイトのリンクには広告が含まれていることもあります。

リスティング広告は、インターネット上の検索エンジンやウェブサイトに表示される広告の一種で、集客効果が高いとされています。

ユーザーが特定のキーワードを検索した際に、そのキーワードに関連した広告が表示される仕組みになっており、これにより集客の効率を上げることが可能です。

広告主はキーワードと広告内容を設定し、ユーザーがそのキーワードを検索したときに広告が表示され、集客のチャンスを得ます。広告主は広告のクリック数や表示回数に応じて費用を支払います。

リスティング広告の特長は、広告主がターゲットとするユーザーに対して、そのユーザーが求めている情報を提供することができます。これによって、販売目的のランディングページに購入見込みの高いユーザーを集客することができます。

目次

リスティング広告で何ができるのか?

リスティング広告は、新規の顧客を効果的に集める手段となります。人々が興味を持った商品やサービスについて調査する際、商品名や関連キーワードを検索する行動が一般的です。リスティング広告は、この行動を利用して顧客を集めることができます。顧客のニーズが明確に表れているため、即座に購買行動につながる可能性が高いのです。

リスティング広告の出稿方法には主に以下の2つがあります。

Google広告の特長

Google広告は、検索結果ページやGoogleのパートナーサイト、YouTubeなど、広範なネットワーク上で広告を表示することができます。広告はユーザーが関連性のあるキーワードを検索したときに表示され、ユーザーが広告をクリックしたときに初めて広告主に料金が発生します。これにより、広告主は自分の商品やサービスに関心があるユーザーに直接広告を表示することができます。

Yahoo!広告の特長

Yahoo!広告は、Yahoo! JAPANの検索結果ページやパートナーサイトに広告を表示します。Yahoo!広告の特長は、そのユーザー層と広告表示の柔軟性にあります。Yahoo! JAPANは、幅広い年齢層に利用されており、特に中高年層の利用率が高いです。また、広告は検索結果ページの上部、下部に表示することができます。これにより、広告主は自社の広告戦略に最適な位置を選択することができます。

リスティング広告が向いている業種とは?

リスティング広告は、基本的には、クリック単価に課金をします。クリック単価の入札額が高い方が表示上有利になりやすいこともあり、リスティング広告は利幅が大きい商品やサービスほど向いています。

また、1回購入するとその後の購入が継続して発生するLTV(顧客生涯価値)の大きい商品やサービスでは、広告費の捻出を増やすことができるので向いています。

リスティング広告が向いている商品・サービスの具体例

以下の商品やサービスがリスティング広告には向いています。

  1. オンラインショッピング: ユーザーが商品名やブランド名を検索することが多いため、集客効果が高いです。
  2. 旅行・ホテル予約サービス: ユーザーが目的地や宿泊施設を検索する際に広告を表示することで、直接的な集客が可能です。
  3. 教育・オンライン学習サービス: ユーザーが特定のスキルや資格を学びたいと検索する際に広告を表示し、集客します。
  4. フィットネス・健康関連商品: ユーザーが健康やダイエットに関連するキーワードを検索する際に広告を表示し、集客します。
  5. 金融・保険サービス: ユーザーがローンや保険について調査する際に広告を表示し、集客します。

リスティング広告が不向きな商品・サービスの具体例

  1. 高額なB2B製品: 複雑な決定プロセスを伴うため、一度の広告表示では集客が難しい場合があります。この場合、コンバージョンは、セールスではなく、リードの獲得を設定します。
  2. 特定の専門知識を必要とするサービス: 専門的なキーワードで検索するユーザーは少なく、広告のリーチが限定的になる可能性があります。
  3. 一般的に知られていない新商品: ユーザーが商品名を知らないために検索する機会が少なく、広告の表示機会が少ない可能性があります。
  4. 地域限定の小規模ビジネス: 地域限定のキーワードでの検索が少ない場合、広告のリーチが限定的になる可能性があります。

リスティング広告の代表的なメリット

集客効果の測定が容易

リスティング広告は、クリック数や表示回数などのデータをリアルタイムで把握できるため、集客の効果を直接的に測定することが可能です。

集客のターゲット設定が可能

ユーザーの検索キーワードや地域、年齢、性別などを基にターゲットを設定し、広告を表示することができます。これにより、集客の効果を最大化することが可能です。

集客予算設定が自由

広告主は自身の予算に応じて広告の出稿を調整することができます。これにより、集客費用をコントロールしながら効果的な広告運用が可能となります。

リスティング広告の代表的なデメリット

集客競争が激しい

リスティング広告は競争入札制であるため、同じキーワードをターゲットにした他社との集客競争が激しくなる可能性があります。

集客のための適切な運用知識が必要

効果的な集客を行うためには、キーワード選定や入札戦略など、リスティング広告の運用に関する適切な知識と経験が必要となります。

集客費用が高騰する可能性

競争が激しいキーワードをターゲットにすると、集客費用が高騰する可能性があります。これは、集客の効果を最大化するためには適切な予算管理が必要であることを示しています。

そのため、業界によっては、小予算でも成果を出すことができることがありますが、競争が激しい業界では予算が潤沢が企業が上位を占めてしまい、全く成果を出せないこともあり得ます。

リスティング広告は、Google広告とYahoo!広告のどちらを優先するべきか?

日本の検索エンジンシェア

statcounterによれば、日本の検索エンジンのモバイルシェアは、Googleが75%程度、Yahoo!JAPANは20%程度です。つまり、検索エンジン自体一般的にはGoogleを活用している人が多数派であり、客数を伸ばすことを目的にしている以上は、Googleの方を優先するという結論に至ります。

ただし、競合も同じようにリスティング広告を運用します。そのため、Google広告が競合多数になっており、Yahoo!広告の方が競合が少ないこともありえます。そういう時は、事前に検索結果を確認した上で、Yahoo!広告にも出稿します。

リスティング広告を出稿するためには何が必要なのか?

広告アカウント

Googleに広告を出稿したい時は、Google広告のアカウントが必要です。また、Yahoo! JAPANに広告を出稿したい時は、Yahoo!広告のアカウントが必要です。最初にリスティング広告をする時に、どちらから始めれば良いのかと質問されることがありますが、Google広告を優先します。

ランディングページ

また、WEBサイトがあればリスティング広告の出稿は可能ですが、WEBサイトは情報を提供するものであり、コンバージョンの獲得には不向きです。そのため、ランディングページを使います。

ランディングページとは、本来は、最初に閲覧するページを意味しますが、広告では、購入、お問い合わせ、資料請求などの特定の行動を起こすためのページのことを指します。ランディングページの特徴は、コンバージョンを引き起こすための情報のみが掲載されており、リンクなどの離脱箇所がありません。そのため、どうしても縦長のページになるため、1ページの縦長のページと説明されることが多いです。

リスティング広告の表示順位の仕組みとは?

リスティング広告の表示順位は、入札価格と品質スコアの組み合わせによって決定されます

入札価格は広告主がクリックあたりの支払い額を設定するもので、品質スコアは広告の関連性やランディングページの品質などを評価したものです。これらの要素が高いほど、広告は上位に表示されやすくなります。また、広告の表示順位を上げるためには、キーワード選定や広告文の工夫、ランディングページの最適化などが重要となります。

リスティング広告でよくある疑問

広告は、クリックされると再現なく広告費がかかるのか?

次のようなクリックは広告費を消化しません。また、広告費の設定をすることができます。
連続クリック
不正ソフトウェアを利用したクリック
意図的にクリック数増加を目的としたクリック

広告費の予算はどの程度必要なのか?

世間一般的に代理店から説明を受ける予算の相場は50万円です。これは、十分なデータを集めることがリスティング広告の最適化に必要ですし、代理店もビジネスであるため、手数料の10%〜20%に相当する5万円〜10万円をもらう必要があるためです。

ただし、業種や目的によって費用に差があります。例えば、コンサルティングの契約を1件とるだけであれば、5万円程度でも良いですし、低予算でも集客ができることもあります。

リスティング広告は代理店を利用した方が良いのか?

Google広告とYahoo!広告では設定サポートサービスがあります。ともに、電話もしくはLINEがあります。そのため、必ずしも必要はありませんが、データとして蓄積し、今後のマーケティングに活用したい場合は、フィードバックをしてくれる代理店を活用した方が良いです。

どのような商品でもリスティング広告を試すべきでしょうか?

リスティング広告は、入札制であるため、競合が多い業種では顧客獲得単価(CPA)が高騰しがちになります。

そのため、飲食店のランチ営業のように利益率が低い業種ではリスティング広告はあまり相性がよくありません。この場合は、SNS広告やポスティング広告の優先度が上がります。

関連した集客方法

ローカル検索広告

ローカル検索広告とは、Googleマップなどの地図上やGoogle検索のローカルパック上に表示される広告のことです。飲食店や美容室などの店舗ビジネスの新規顧客獲得に向いた集客方法です。

ローカル検索広告とは?店舗ビジネスにはぴったりの新規顧客の集客方法

SEO

検索結果を活用する集客方法には、SEOもあります。これら2つの集客方法の違いについて紹介したいと思います。

リスティング広告は検索結果に短期で検索結果に表示できるが、SEOは確実ではない。

リスティング広告は、検索エンジンが用意した広告です。表示順位には広告ランクが関係あり、競合次第では費用が高くかかりますが、即座に広告を表示できます。それに対して、SEOは広告ではなく、検索の傾向対策を行うことで、特別に用意した記事ページで上位表示を目指します。確実に上位表示できるわけではありません。

リスティング広告は広告ページを表示することができ、SEOは記事ページが表示される。

リスティング広告は、広告ページ(ランディングページ)に直接リンクをする広告を表示できます。SEOは、広告ページを直接表示できるわけではなく、検索ユーザーが検索する目的である検索意図(検索インテント)に準拠した記事ページが結果的に表示されます。

広告の予算を決定することができます。また、不正クリックは課金対象から除外される仕組みがあります。不正クリックには以下のものが含まれます。

流し読みできるメルマガを定期的に配信

集客・マーケティングに役立つわかりやすいPDFを定期的にメールで配信
無料で購読できて、読むだけで集客ができるようになります!

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次