080-3148-0461

営業時間 10:00~18:00 (日・祝定休)

お電話は既存のクライアント様用です。
集客、マーケティング支援、開発をご希望の方は、
フォームからお問い合わせください。

集客

成果報酬型営業や集客を実施する場合のメリットとデメリット

マーケティングプロデューサーの小形です。

集客代行のお問い合わせで、客数の成果報酬で仕事を受けて欲しいという依頼が届きます。

世の中には、成果報酬を謳っている企業が数多く存在します。成果報酬というものを理解していないと、後々後悔するケースを見受けられます。

そこで、成果報酬型の仕組みやメリットとデメリットについて説明したいと思います。

成果報酬型とは?

成果報酬型とは、一般的に商品が売れた時に支払う報酬のことを指しますが、これは十分な説明ではありません。例えば、決裁者のアポイントメントを獲得した時に発生するもの、資料をダウンロードした時に発生する見込み客獲得が成果のものなど成果の発生は契約次第です。

そのため、一定の行動を行った人の人数に対して課金するものが成果報酬と言えます。

成果報酬で有名なのは、アフィリエイト広告ですが、グルメサイトでもほとんどがこの仕組みを採用しています。

この中でもランニング費用が全くかからないものを完全成果報酬制と言います。

一般的に成果報酬の金額は、クライアント企業と実施業者の話し合いで決められますが、成果のハードルが高ければ高いほど料金は高額になります。

例えば、顧客獲得の場合は、実施業者が広告費用を負担します。つまり、広告費が報酬よりも大きくなってしまえば、成果報酬で仕事を受けるメリットが全くありません。

見込み客獲得、アポイントメント獲得、成約の順番に難易度が高く、成果報酬の金額も難易度に準ずる金額になります。

成功報酬との違いは?

似た言葉に成功報酬というものがあります。

成功報酬は、特定の事業に労働力を提供し、その事業が成功した場合得ることができる特別報酬のことを指すことが多いです。成功しなかったら、その報酬は支払われません。

例えば、プロ経営者が会社の再生に成功した場合、特別報酬を得る契約にしているのは成果報酬ではなく、成功報酬に分類されます。

どちらも、双方の信頼度が重要で、信頼できない相手とは結ばれない契約になっています。

成果報酬の営業とは?

営業代理店型

成果報酬型の営業サービスとは、例えば、営業マンを大量に抱える営業会社が商材を増やしたい時に提供するサービスでもあります。

例えば、その営業会社が飲食店の広告の営業を行なっており、1,000店舗以上の飲食店と付き合いがあるとします。この場合、飲食店向けの販売促進サービスや求人広告は相性の良い商材です。この場合、取り扱い商材を成果報酬で引き受けます。

また、特定の業種との取引を重点的に行いたい場合は、商材をある程度もっておく必要があります。この場合も成果報酬で商材を引き受けます。

成果報酬のテレアポとは?

自社でコールセンターを抱えており、アポイントメントをとることに対して、1件あたりの金額が提示されます。自社で営業マンにテレアポをさせる手間を省けるのがメリットですが、セールストーク次第で勘違いしている担当者も多く、担当したコールセンターの人員次第で実際の成約率が異なります。

成果報酬の集客とは?

ホームページ作成型

ホームページを作成し、基本的にはそのまま放置します。資料請求が発生すれば成果報酬費用が発生します。このホームページは自社のホームページにはならず、代行者のものです。

アフィリエイト

ASPと呼ばれる中間業者と契約し、アフィリエイターと呼ばれるブロガーやメルマガ発行者に成果報酬で広告を出稿してもらう手法です。ランニング費用として、ASPのシステム利用料がかかります。

成果報酬型の営業や集客のメリットとは?

成果報酬型の営業や集客のメリットについて説明します。

利益を出しやすい。

成果報酬型のメリットは、集客にかかるコストが予め計算ができます。

そのため、リスティング広告の代行などで発生しがちな入札価格の上昇による利益の圧迫が起こりづらく、利益を出すことができることが最大のメリットになります。

販路を低リスクで獲得できる。

成果報酬型の営業を採用することで、販路を低リスクで広めることが成果報酬型の旨味でもあります。

自前で営業マンを雇用する場合のリスクは、その人が営業のプロフェッショナルと限らない点です。そこで、営業のプロである企業に取り扱い商品として扱ってもらうことで、人件費と教育費を極力まで抑えることが可能になります。

成果報酬のデメリット

メリットづくしと思われる成果報酬ですが、デメリットも存在します。

数は保証されない。

稼働している営業マンや自社媒体の発信力に応じての成果になりますので、成約が取れる時もあれば、成約が取れない場合もあります。

そのため、成果報酬ばかりあてにしていると、全く認知されず顧客を獲得できない可能性があります。

最終的な費用が大きくなる可能性が高い。

成果報酬の最大のデメリットは、費用が最終的に大きいことです。

これは、ノーリスクであることに対する反面仕方のないことですが、アポイントメント獲得を成果にしている場合は、それを成約できるだけの営業マンが存在しないと、高額な成果報酬を支払った上で、顧客獲得が0件であるリスクもゼロではありません。

成果報酬に対する品質の保証はほぼない。

アポイントメント獲得の成果報酬に特に多いのですが、寝耳に水のような態度をとる見込み客のアポイントメントを獲得しているパターンがあります。

これは、成果報酬の実施企業が、成果を発生させることに躍起になった結果、ニーズがあるわけではない説得されただけの人がリストに入った結果です。

成果報酬では、このプロセスが問題視されているケースが多く、アフィリエイト広告でも確定率が低い広告があるところを見る限り、誤認を引き起こして成果を発生させる手法をとっている業者は少なくないということです。

成果報酬の原則

成果報酬で売りたいと思っていても、それを取り扱ってくれる相手がいなければ成果報酬制にすることはできません。

つまり、成果報酬を検討する場合は、相手にメリットがあること、売れると確信できること、支払いが確定で発生することがわかるものでなければ、誰も成果報酬を引き受けることはできません。

成果報酬で売りたいと思っているお問い合わせに共通していることには、予算がないこと、そして集客に失敗した結果、期間が迫っているものが多い印象です。

成果報酬は、「お客様を紹介してくれるサービス」としか思っていないようですが、成果報酬には、対価が得られることが確信できなければ、成立しないことを注意点として挙げたいところです。

これはアフィリエイト広告でも同様です。

アフィリエイターは人間ですので、理由が明確ででない否認を繰り返されれば、その広告主は、そのアフィリエイターに悪評を広められてしまい、二度とアフィリエイトで成功することがなくなります。

利益率が高い商品でなければ成果報酬自体は成立しないことも注意です。例えば、1件500円しか払えないと言われて、引き受ける業者はあるでしょうか?絶対にいないでしょう。

サクセスパートナーの人気サービス

【無料】集客支援人に相談する。

サクセスパートナーでは、サイクルの小さなマーケティングの立案および集客の支援を行なっております。

ズームでの無料相談受付中!!
先着順に日程は決定します!!

  1. 新しいマーケティングの施策を実施したい
  2. 脅威に対するマーケティングのカードを作りたい
  3. マーケティングで何を行なったらいいかわからない。

-集客
-

© 2020 SuccessPartner