集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

マーケティング

集客を成功に導くキーワードはコンセプト!空想にしないコンセプトの作り方と施策を構築するロジック

投稿日:

集客コンサルというと、どんなお店でも繁盛店に導ける魔法使いのような存在に思っている人々もいるかもしれませんが、何にも強みのない街の中華料理店を繁盛させるのは至難の技です。

また、どんなに広告でイメージアップを図っても、インターネットの時代は嘘を見抜く時代でもあります。期待を大きく下回れば口コミサイトに悪く書かれてしまいます。そうでなくても、田舎であればあっという間に噂は広がり、「あの店は見た目だけで中身がどうもないらしい。」とレッテルを貼られてしまいます。

集客に重要なのは、ホームページやチラシ、ましてやツイッターやフェイスブックなどのSNSでもなく、コンセプトと施策であるお話です。

独自ブランド化を支えるコンセプトとは?

コンセプトとは、「概念」「企画、広告を貫く基本的な考え方」とグーグルで検索すると結果がでます。

大枠では間違っていませんが、コンセプトと指すとアルプス、ハワイ、フランス風などのイメージがベースにある傾向があります。外装や内装の話になってしまい、すでに開業している中小企業には役に立たない、できたらいいだろうと思われるケースが多いです。

コンセプトは実態のあるものでなければ意味がありません。これは、「企画、広告を貫く基本的な考え方」なのですから。

中小企業の場合は、このコンセプトは、「社会に貢献する想い」と説明しています。イメージではなく役割ベースで考えます。

  1. 誰に
  2. 何を通して
  3. どうなってもらいたいのか?
  4. それを実現するためには、具体的に何を行っていけば良いのか?

このテンプレートに合わせてコンセプトを構築しましょう。

また、1〜3まで思ったことには、理由になるエピソードがあるはずです。それを具体的に書き出してみます。これが事業を行っていくための意義ということになります。

例えば、最近の案件では、最近の料理人を含めた若い人は、食材の活かし方を知らないことを嘆いていた食堂および食材の販売店がありました。このままでは本当に美味しい食べ方がわからないままで、この地の伝統野菜の生産も途切れてしまう、、

この場合は、①地域の人に②このお店を通して③本当のふるさとの味、伝統野菜の美味しさを伝えたい。というロジックで、「地域の人に伝統の味を伝えるお店」というコンセプトを作りました。

コンセプトを空想にしない施策を構築する。

「うちはこんなお店」と頭の中だけで考えていては、この想いを実現する事業は機能していないと判断されます。コンセプトをターゲット(対象)に定着化させるためには、どのような施策を行えば良いかを書き出し、忠実に実行していきます。

  • 食べ方がわからない伝統野菜がある→どのようにすれば食べ方を理解してもらえるか?
  • 食べたことのない伝統野菜の味を知る→どのようにすれば美味しいと気が付いてもらえるのか?
  • 差がわからない同じ野菜だけれど品種が違う野菜がある→自分にあった品種との出会いはどのようにすれば演出できるのか?
  • 店舗自体の存在を知らない。→どうやれば知ってもらえるのか?

実際に上記の4つの質問を考えてみてください。それを実行することで、コンセプトが活きてきます。この状態になれば、店舗のブランドは構築され、店舗の独自化と集客増につながっていきます。

手段は二の次

「ホームページは持っている。」「メルマガは過去に行ったけれどダメだった。」など、必ず1回は口にする経営者が多いのですが、これらはあくまで手段であり、重要なことは、なんの役割を果たしたのか?どうかということです。

何にも考えずに、仕入れ先に無料で作成してもらったホームページ、バイトに投げてしまったメールマガジンにはコンセプトが反映されておらず、力も入れていないのではないでしょうか?それで効果が出るなんてことはラッキー以外何もないですよね?

コンセプトのもとに実施しなければ、付け焼き刃で終わる可能性の方が高いです。コンセプトのもと施策を行うことは、ブランドを構築し、独自化を支え、集客増につながります。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-マーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.