初心者でもわかる集客の教科書配布中!入手する

コピーライティングとは?マーケティングでの役割と自学に便利なおすすめ書籍4選

当サイトのリンクには広告が含まれていることもあります。

コピーライティングは、商品やサービスを魅力的に紹介し、購買意欲をかき立てるための重要なスキルです。

この記事では、コピーライティングの基本から、どのようにマーケティングに活用されるか、また学習方法についてもご紹介します。

目次

コピーライティングとは?

コピーライティングとは、読者の注意を引き、行動を促すための文章を書く技術です。

どんなに良い商品やサービスでも、魅力が伝わらなければ売れません。そのために必要になるのは、売るための文章術、つまりコピーライティングです。

コピーライティングでは、読者の心理に訴え、購買や来店などの特定の行動を促します。具体的には、読者の注意を惹きつけるタイトル(キャッチコピー)、共感・信用を得る本文(ボディコピー)、そして最終的に行動へと導きます。

コピーライティングの目的とは?

コピーライティングの目的は、ターゲティングをした客層の中から、特定の行動を誘導することです。これは、コンバージョン率(成約率)を高めることであり、指標ではCVやCVRに直接関わってきます。

  • CVは成約数のこと。CVRは成約率の略称。同じ条件の広告を出した時に、CVRが高い広告を出した方が、CVが多い。

コピーライティングは具体的にどのようなマーケティングに使われるのか?

コピーライティングは、チラシ、ランディングページ、ブログ、SNSなど、さまざまなマーケティング手法に活用されます。

広告目的
チラシ主に来店や来場を増やすために、目玉の商品や来店特典は大きく記されている。
ランディングページ流入した訪問者の共感を呼び、その解決方法を示し、購入、資料請求、無料カウンセリングを成約させる。
ブログ情報提供を通じて、読者との信頼関係を築きます。レビュー記事などから特定の解決策を提示し、自社の商品やサービス、アフィリエイト広告の成約率を高める。
SNS特定のテーマに特化したコンテンツを配信し、短いながらも共感を呼ぶことに力を置き、興味を持たせて、プロフィール閲覧や検索を促す。

コピーライティングのおすすめの学習方法

コピーライティングのスキル習得には、体系的な知識のインプットと実践的なアウトプットの両方が必要です。

インプットは、ネットで検索して出典が不明な情報を信用するよりは、力のあるコピーライターが出版している書籍や事例に触れることが重要です。

アウトプットは、実際に自分で商品やサービスを売ってみるのが良いでしょう。商品やサービスを自分で持っていなくても、今は、ebayなどで簡単に商品を仕入れることもできますし、アフィリエイト広告で他社の商品やサービスを売ることもできます。

書籍でコピーライティングを学ぶ。

最も手軽にコピーライティングに関する情報を収集することができる方法です。書籍を薦める理由としては、講座に比べると安価に情報を収集することができ、SEOなどの意図が含まれていないため、無駄な情報が含まれていないからです。

新PASONAの法則などのフレームワークや理論以外にも、掲載されている事例を実際に検索して調べて、どのようなコピーライティングが施されているのかを分析することで技術が高まっていきます。

コピーライティング技術大全ーー百年売れ続ける言葉の原則

ネット時代に対応したコピーライティングの教科書的な書籍です。同様のコピーライティングの書籍としては、ザ・コピーライティングが有名ですが、古典的な事例が多いため、こちらの書籍の方が、広告の成約率の改善、コピーライティングの習得を目的にした場合は理解しやすいです。

売れるコピーライティング単語帖 増補改訂版 探しているフレーズが必ず見つかる言葉のアイデア2400

コピーライティング技術大全が教科書であれば、コピーライティング単語帳は、ボキャブラリーを補完してくれる辞書として活用します。特定の利用シーンに使われる言い回しが2,400個紹介されています。

Webコピーライティングの新常識 ザ・マイクロコピー

マイクロコピーとは、特定の行動を引き起こす時に背中を押すフレーズのことで、コピーライティングの成功率を高めるために、セットで使います。成約率の上げ方の基本を学ぶことができます。

UXライティングの教科書 ユーザーの心をひきつけるマイクロコピーの書き方

UXとは、顧客の体験を指します。使いやすくすることで手軽に目的を達成できることが重要視されており、システムの管理画面に主に使われる言葉です。マーケティングでは、無料体験から有料プランの申し込みを促すことが増えており、UXライティングの知識もかなり重要視されるようになりました。

講座でコピーライティングを学ぶ。

コピーライティングをコピーライターから学ぶことで書籍を読むよりも効率良く技術を習得できる場合もあります。現在は、オンラインコースを開催する講座も増えていますので、都心に住んでいなくても上質な教育を受けることができるようになりました。

講師の実績

  • 経験:
    • 講師が実際にどのようなコピーライティングの実務経験を持っているかを確認しましょう。広告代理店での勤務経験や、具体的な成功事例があるかも重要です。
  • 実績:
    • 講師がこれまでにどのようなクライアントやプロジェクトで成功を収めてきたか、具体的な実績を確認します。

カリキュラム内容

  • 学べるスキル:
    • コピーライティングの基本的な理論だけでなく、市場分析、ターゲット設定、心理学を利用した文章テクニックなど、どのようなスキルを学べるのかを確認します。
  • 実践的な学習:
    • 単に理論を学ぶだけでなく、実際に自分でコピーを書いたり、ケーススタディを通して学べるかどうかも重要です。

対象レベル

  • 初心者向けか上級者向けか:
    • 自分のスキルレベルに合った講座を選ぶことが重要です。初心者向けの講座であれば基本から学べますが、経験者向けの講座ではより高度なテクニックが学べることがあります。宣伝会議などの講座は、基本的に上級者を対象にしています。
  • 進行速度:
    • 講座のペースが自分の学習スタイルに合っているかも確認しましょう。

受講生のフィードバック

評判: 既に講座を受講した人のレビューや評価を参考にします。実際の受講生の声は、講座の質や効果を判断する上で非常に有用です。

サポート体制

質問や相談: 講座中や講座後も、質問や相談に応じてくれるサポート体制が整っているか確認します。実践的な学習が多い分野なので、疑問点をすぐに解決できる環境があると学習効果が高まります。

成功している企業の広告を分析する。

実際に売れている企業では、広告を最適化している可能性が高く、当然のようにコピーライティングも使っています。そのため、多くの成功企業の広告を集めて、どのような言い回しやフレーズを使っているのかを分析し、自社の広告にも反映させてみるのが良いでしょう。

まとめ

コピーライティングはマーケティングの中でも特に重要な役割を担っています。成約率の向上に特に貢献するため、マーケターであれば、必須級の技術です。

コピーライターという職業が成立してしまうくらいですし、人の心理は技術革新ほど早い変化がないので、腐らないマーケティングの技術でもあります。

このスキルを磨くことで、より多くの顧客に商品やサービスを届け、成功につなげることができるでしょう。今回紹介した学習方法を参考に、ぜひコピーライティングの技術を身につけてください。

流し読みできるメルマガを定期的に配信

集客・マーケティングに役立つわかりやすいPDFを定期的にメールで配信
無料で購読できて、読むだけで集客ができるようになります!

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次