チラシ集客とは?ウェブ集客と比較したメリットと反響率アップのコツ

集客の主軸はスマホが1人1台に普及した現在では、Webマーケティングが中心に説明される機会が増えています。それに対して、チラシなどを使ったオフラインの集客方法は、集客の効率性に劣っている印象をどうしても受けてしまいます。

しかし、特に店舗が開業時に活用する集客方法としては、チラシの方がエリアを狙いうちすることができます。そのため、客数を稼ぐ目的であれば、チラシを活用することが多いです。

チラシ集客で成功するためのポイントを作り方と配布方法にスポットを当てて紹介したいと思います。

チラシ集客で成功するためのポイントは、良い来店オファーを用意することが全てではありません。たった4つの重要なポイントをクリアすることで、チラシのクリエイティブが高くなくても集客に成功することができます。

なお、チラシの制作は、デザインを作るソフトウェアがあれば、簡単にラクスルで印刷してポスティングまで行うことができます。詳しい方法は、「チラシの作り方とは?ラクスルを使っておしゃれなチラシのデザインを無料で作成する」をご覧ください。

目次

チラシ集客とは?

チラシ

チラシ集客とは、チラシを使った集客方法全般の総称です。チラシは、用途や配布方法で紙のサイズが決定されます。配布方法には以下のような方法があります。

  • 店内で次回の来店動機につながるチラシを手渡しする。
  • 近隣の店舗にチラシをおいてもらう。
  • 特定のイベント会場で配布してもらう。
  • 新聞に折り込む。
  • ポスティング広告を活用する。

基本的なチラシのサイズは、A4サイズですが、新聞折り込みのような特定の誌面に挿し込むチラシは、B4サイズが最も多く、折りたたむことを前提に大きな印刷物を選ぶことができます。

ホームページとの圧倒的な違いは、紙面上までしか情報を掲載することができない点です。また、あまり情報を詰め込みすぎると、何が重要な情報なのか直感的に伝えることができなくなりますので、情報を絞り込んで商品やサービスの魅力的価値を伝えることや購入方法について伝わるようにすることが重要になってきます。

チラシ集客のメリットとは?ウェブ集客と比較するとどの点が優れているのか?

チラシ集客は、ウェブ集客と比較すると、店舗や催事のような市場が商圏で限定されていれば、客数を稼ぐことができます。

リスティング広告であれば、Googleで検索することやSNSであれば、そのSNSを閲覧している人のみをウェブ集客は対象にしています。その中の設定で、過去の閲覧履歴などを参照しているため、さらに閲覧の対象を絞り込んでいます。そのため、ウェブ集客の方が費用対効果が高くなります。

しかし、特定の商圏に絞り込んだ時に、広告を閲覧する母数を必要以上に絞り込みすぎてしまう欠点があります。例えば、近所に新しいお店ができた、お祭りがあるというような情報を受けた時には、興味がなくても「行ってみよう」という気持ちになります。

そのため、店舗やイベントでの集客では、不特定多数にチラシを配ったり、商圏内にある住居にチラシをポスティングした方が、客数を増やすことができる結果になります。

チラシ集客のデメリットとは?

チラシ集客のデメリットとして挙げられるのは、商圏が限定される集客には強いですが、特に商圏がない商品やサービスでは費用対効果が低くなりがちです。例えば、健康器具の販売をポスティング広告で行ったとしても、その地域の世帯収入が低ければ購入できる人が限定的です。

また、チラシ集客の効果検証を行うためには、チラシにクーポンコードをつけたり、持参してもらう必要があり、ウェブ集客に比べると費用対効果の検証がしづらい問題点があります。

チラシ集客で成功するためのたった4つのポイントとは?

チラシ集客のコツ① チラシは業者に配布してもらうことが基本。

「集客できるチラシの作り方」以前の問題になることは、配布部数そのものが少なすぎることです。

チラシの反応率は、0.03%~0.75%程度だと言われており、需要によって大きく異なります。利用頻度の高い飲食店であれば、反応率は高いですが、高級サロンのような需要が限定的な業種では、反応率は低くなります。ここから言えることは、獲得したい客数から配布枚数を算出することができます。

チラシの配布は、自分でやることで無料になりますが、1時間で200件配布できれば良いとされています。つまり、0.75%では、1000枚配って7~8件の獲得になりますが、これには、5時間の労力を費やす必要があります。さらに客数が必要であれば、時間をさらに費やす必要がありますので、現実的ではありません。

そのため、チラシは基本的にポスティング業者に依頼して配布することを基本にします。チラシを周辺の店舗に置いてもらうこともありますが、配布枚数が圧倒的に足りないので、補助的な扱いとして考えるべきでしょう。

ラクスル

ラクスルは、印刷の他にポスティング事業も行っています。チラシのデータ(PDF)を用意することで、印刷から配布まで全てウェブ上で完結します。ポスティングまでの期間を長くすることで、チラシ1枚あたりの金額が安くなります。

チラシのデザインを自分でしてしまえば、その分だけコストを安くすることが可能で、自分で印刷して配布するよりも圧倒的に安価なコストでポスティングすることができます。

タウンプラス

タウンプラスとは、日本郵便のサービスで、特定のエリアの全ての住居に郵便配達員が荷物を届けるサービスです。商圏によってはポスティング広告の対象外であり、新聞配達の対象件数が少なすぎるエリアがあります。タウンプラスであればDMの投函が可能です。

チラシ集客のコツ② 顧客にとって魅力的な価値を中心に掲載する。

チラシ集客は、基本的に新規顧客の集客を軸にして考えます。そのため、店舗や催事のことを何も知らないことを前提にしたチラシを作成する必要性があります。

ここで、重要なことは、誰に顧客になってほしいかです。ターゲットを具体的に誰なのかが明確でないと、魅力的な価値は何かが明確にならないと、チラシの反響率に影響があるからです。ペルソナを設定し、魅力的な価値を明文化して定義します。

特にチラシで意識することが必要なのは、チラシが店舗や催事の魅力的な価値を伝える自己紹介の役割を満たしているかです。一番言いたいことをキャッチコピーにすることで、来店すると、どのような良いことがあるのかを的確に伝えることができるようにしましょう。

集客のテクニックで、心理学を使います。魅力的価値を提供することが理解できる根拠を3つ並べると感覚的に理解ができるマジックナンバー3の法則はよく使われます。

チラシ集客のコツ③ 企画を用意し、期間限定にする。

企画にすることで、チラシのキャッチフレーズが作りやすくなります。また、期間限定にすることができるので、行動を促し、結果として来店数や予約数に影響を与えます。

企画は大それた内容でなくても構いません。例えば、期間限定のオファーを用意したテイクアウトの販売強化週間でも催事は成立します。

例:
〇〇日〜〇〇日の15日間!期間限定のペルシャ絨毯展開催中!店内に100種類展示!
今なら塩唐揚げ弁当の唐揚げ20%増量!さらに、お弁当5個でペットボトルジュース1本プレゼント!

チラシ集客のコツ④ 地図や連絡先は大きく目立つように。

一番軽視しがちなのは、どこに店舗があるのか、どこに電話すれば話を聞けるのかという点で、チラシに掲載する地図や連絡先はわかりやすく見やすくなくてはなりません。

催事のチラシでも行くタイミングが掴めない人も中にはいます。そのため、どこに存在する店舗であるのかを記憶してもらい、タイミングが合った時に来店してもらえるようにすることもチラシでは大切なことです。

地図の略図は、パワーポイントなどでも作成することができます。近隣の目印になるような拠点も合わせて記し、どこの近くにあるかも記憶してもらいましょう。

チラシはどのようにして作成するのか?

チラシ集客に使うチラシは、デザインを作成し、データをラクスルなどの印刷業者に入稿して作成します。DTPデザイナーに発注することで全て作業を外注することもできます。

自分でチラシを作成する時・・・

チラシは、Adobeイラストレーターを使うことでプロのクリエイティブで作成することができますが、CreativeCloudを導入する必要があり、チラシを作成する目的だけでは負担が大きいです。

Canva

そこでおすすめなのが、Canvaです。Canvaは、SNSに投稿する用の画像からチラシの作成を簡単に行うことができます。Canvaは無料でも利用可能ですが、素早くプロのようなクオリティで作成するためのプレミアム機能を使うためには、Proプランにアップグレードする必要があります。

Proプランにすることで、クリックで背景を切り抜くことができる背景リムーブや豊富なデザインテンプレートを活用することもできます。

\ 30日間無料で試用できます。 /

Canvaでデータを作成し、ラクスルに入稿 します。

ラクスルでは、チラシやフライヤーの印刷以外にも、ポスティング広告の発注も可能です。町丁目単位で出稿エリアを指定できますし、配布完了日から入稿日が早いほど価格を下げることができます。

DTPデザイナーを探して依頼したい時・・

デザイナーを探して発注する方法もあります。この時、地場の業者に依頼する方法もありますが、クラウドソーシングサイトを使ってフリーランスに活動しているデザイナーに依頼することで、チラシの制作費用を抑えることも可能です。

ランサーズは、日本最大級の規模のクラウドソーシングサービスです。様々なフリーランスが登録しています。仕事の依頼を登録することで、その仕事を受注したいフリーランスとマッチングする仕組みです。

チラシのデザインのみを発注した時は、自分でデータを作るのと同様に、ラクスルなどの印刷サービスを活用します。

まとめ

チラシ集客は、商圏が限られている店舗や催事の集客に向いています。客数を稼ぎたい時は、チラシをポスティングします。

新規の集客を意識してチラシの集客を選択するため、ターゲットを明確にして、魅力的な価値を定義します。そこから、キャッチコピーを作成し、ある種の自己紹介のようなチラシを作成します。

チラシの配布は自分でもできますが、限度があり、反響率も1万部程度配布しなければ実感がないため、ポスティング業者を活用するのが良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次