LINEミニアプリとは?導入のメリットと導入用途・連携可能なPOSシステム

LINE公式アカウントでは、モバイルオーダーや会員証の機能がないので、スマホアプリを導入したけれど、思った以上にダウンロードをしてもらえないことに悩みを抱えたことがありませんか?

そこで、活用することができるのは、LINEミニアプリです。LINEミニアプリは、LINEアプリの中で、モバイルオーダー、会員証、順番待ちなどの役立つサービスを実装することができ、業務の生産性を上げることができます。また、LINEアプリ内での機能拡張であるため、顧客に新たなアプリの利用を求めないメリットがあります。

目次

LINEミニアプリを導入するメリットとは?

LINEミニアプリを導入することで、モバイルオーダー、会員証発行、順番待ちの機能を実装することができ、店舗の業務の効率化を図ります。

利用者には簡単に登録を促せる。

通常のアプリとの違いでは、通常のアプリはApp StoreやGoogle Playからデータのダウンロードが必要ですが、LINEミニアプリは、店舗に用意されたQRコードを読み込み、権限を許可するだけで活用することができます。ほんのわずかなクリックで顧客は簡単に利用することができるのがメリットです。

LINE公式アカウントのお友達も増やせる。

LINE公式アカウントは、顧客のLINEに向けてメッセージ配信を行います。この中の機能には、クーポンやショップカード、チャットなどの機能があり、集客を目的に活用します。

LINEミニアプリを使うと、LINE公式アカウントのお友達登録も権限を許可する時に完了することができます。つまり、LINE公式アカウントのお友達も増やすことができるメリットもあります

紛失などのトラブルを防ぐことができる。

LINEで管理することで、カードの会員証や紙での整理券の紛失を防ぐことができます。紙やカードで管理していたものがデジタルで管理することができるようになるため、顧客側からしても管理が楽です。

LINEミニアプリでできることとは?

LINEミニアプリでできることは以下の3つです。

  1. モバイルオーダー
  2. 会員証アプリ
  3. 順番待ち

モバイルオーダー機能(店内/店外)

モバイルオーダーとは、QRコードなどを読み込むことでメニュー表を立ち上げ、オーダーまでできる機能をいいます。モバイルオーダーが実装できるシステムは、人材の確保の不安定さから近年増加傾向になっています。

モバイルオーダーを使うことで、ホールのスタッフが注文に出向く必要性がなくなり、ハンディターミナルなどで発生していたスタッフの打ち間違いを減らすことができます。また、スタッフは、料理の配膳に注力できるようになり、少ない人数で店舗を回せるようになります。

また、モバイルオーダーでは、テイクアウトなどの予約も受け付けることができます。事前に注文を受け付けることにより、調理の時間配分をコントロールすることができ、キッチン内の効率化も図ることができます。

会員証アプリ機能

会員証は、LINE上で会員証を発行・管理をすることができる機能です。飲食店、美容サロン、小売店で活用することができる汎用性のある機能です。

QRコード読み込みで会員証を発行し、バーコード画面を表示することで、ポイント、クーポンの発行、会員管理をすることができます。また、予約機能や決済機能などの実装も可能です。

タブレットPOSレジと連携させることができるLINEミニアプリを導入すると、顧客情報と紐付けをして管理をすることができます。顧客管理と予約機能を紐づけることで、リマインドメッセージを前日に送信し、予約忘れも防ぐことができます。

順番待ち機能

順番待ちの機能は、スマホ上で入店の順番を管理することができます。混み合う飲食店、小売店やクリニックで使われる機能です。

この機能では、LINEの混雑状況を把握することができます。混雑を避けて来店することができますし、順番が来る前にLINEでリマインドメッセージの配信もできます。これによって、顧客は待ち時間まで近隣で買い物をすることができたり、店の外で待たせることがありません。

LINEミニアプリの導入方法とは?

LINEミニアプリの導入方法には、「パッケージ」や「個別開発」の2通りがあります。

パッケージは、すでに開発されていて利用料を支払うものです。それに対して、さらに高度な機能を実装するために開発するものが個別開発です。

コストをかけずに素早く導入できるのがパッケージです。また、店舗では、タブレットPOSレジとの連携も考える必要がありますので、導入するパッケージには縛りがあります。

パッケージでは補えない機能を実装したい時は、個別開発を選択します。この時に、開発会社に依頼をかける必要性があり、何がしたいのかを明確にしましょう。

LINEミニアプリと連携できるタブレットPOSレジ

LINEミニアプリとタブレットPOSレジを連携させることで、LINE公式アカウントのおともだちを増やせるメリットのほかにも、クーポンの発行を伴った販売促進の管理と顧客管理を実現することができます。

連携できるPOSレジは以下のようになります。

スマレジ

料金無料〜(有料プランあり)
決済手数料スマレジPAYGATEの場合 3.24%~
キャッシュレススマレジPAYGATEの場合 クレジットカード、電子マネー、QRコード(PayPay、d払い、au Payなど)

スマレジは、122,000店舗に導入実績のある高機能なタブレットPOSレジです。複数のキャッシュレス決済代行サービスにも対応しています。

外部連携先が多いことが最大の特徴で、飲食店の予約台帳システムのTORETAや、人気の通販システムであるShopifyやBaseとも在庫管理で連携が可能です。

POS+(ポスタス)

料金POS+ lite 6,000円〜
POS+ retail food beauty 12,000円〜
決済手数料
キャッシュレス■以下のサービスと連携が可能
stera terminal
STORES 決済
PAYGATE Station
PAYGATE AIR
楽天ペイ

飲食店、美容サロン、小売店に特化したタブレットPOSレジアプリ。飲食業では、レストランの利用率が高い無断キャンセルが対策できる予約システムTableCheckと連携が可能。

LINEミニアプリとも連携することができ、業務効率化とLINE公式アカウントのおともだち登録を増やす対策も万全にできる。

最終更新日 : 2024年4月6日

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次