ランチタイムの集客方法は非常に簡単!要点を紹介

ディナータイムに比べるとランチタイムの集客は非常に簡単です。ランチタイムはディナータイムに比べると、利用の頻度が高く、特にサラリーマンであれば外食の利用率が高いからです。

どうせ食べるなら、美味しいものを食べたいと思っている程度で、なんとなく目に入った情報で行くお店を決定する傾向があります。

関連 ディナータイムの集客はどうすれば良いのか?

目次

ランチタイムの集客の特徴は?

ランチタイムの集客は、ディナータイムと比べると、特にビジネス街では外食をすることも一般的ではありますので、集客を増やすことはディナータイムに比べると簡単です。

ただし、利用頻度が高いことから予算が制限されやすい点もあり、その地域の地域性に左右されやすいです。特に食費は収入に影響されます。そのため、ビジネス街では給与水準が影響し、住宅街では世帯水準が影響します。

ホットペッパーグルメ総研では、ホットペッパー内の検索ワードを定期的にランキング方式で発表しています。順位が高い料理名は、それだけ人気があると解釈することができますので、ランチメニューに積極的に入れるのが良いでしょう。

与える情報は少なくとも集客ができる。

お昼に食べるランチメニューに関して、深く悩む人はほとんどいません。個人消費であることや利用頻度が高いこともあり、気にすることは、混み合いや職場から店舗の距離ぐらいです。

そのため、過去の経験から食べたい料理を想起し、その中から本日のランチメニューを決めたり、なんとなくSNSを見た時に近所の飲食店の情報が出ているだけでその店に行ったりします。

シズル感のある情報を可能な限り多くの人に見せる。

食欲を一瞬で煽るような画像や動画を用意することが有効で、可能な限り商圏内の人をターゲットにして、表示回数(インプレッション)を増やすことを重点的に考えます。

方法としては、自分から飲食店を探す検索型の集客ではなく、SNSやポスティング広告など目に入る集客を主軸にします。また、リピーター向けにクーポンやメッセージ配信ができるようにLINE公式アカウントやメールマガジンを導入します。

ランチタイムの集客に役立つ集客ツール

ランチタイムの集客に効果のある集客ツールを紹介します。ランチタイムの集客では、SNSなどで情報を知り、検索をして住所を知るような仕組みになっています。

各種SNSを運用し、検索した後の情報を表示するGoogleビジネスプロフィールをしっかり編集して来店をスムーズにします。

Googleビジネスプロフィール

Googleビジネスプロフィールとは、Google検索の他にGoogleマップに表示させるビジネスページのことです。レビューのほかにも、営業時間、定休日、メニューなどを表示させることができ、写真も登録することができます。

Googleビジネスプロフィールは店名検索をした時に閲覧する箇所です。

そのため、評価が低かったり、メニュー画像がシズル感を煽るような画像で構成されていないと、食欲をそそられることがありませんので、集客効率が低下します。

あわせて読みたい
飲食店のGoogleビジネスプロフィールの仕組みとは? Googleビジネスプロフィールは、業種ごとに設定が異なっています。例えば、ホテルでは、無料wi-fiの有無や各種online travel agentのプランの情報を比較できるようにな...

Instagram

総務省が発表しているSNS普及率を見ると、すでにInstagramはFacebookを抜いています。また、女性のユーザーの割合が気持ちばかり多く、Instagramが爆発的に普及したきっかけがインスタ映えです。

ランチの画像をアップするだけでも効果がありますが、Instagram広告では地域を限定して広告ができますので、適度に活用することで、近隣のフォロワーを集め、後々の集客に結びつけることも可能です。

Twitter

Twitterは情報収集のために閲覧されているSNSです。グルメ情報を発信するアカウントの投稿はどれも人気です。

Twitter広告も都道府県の他に市町村でも表示範囲を指定することができます。そのため、これらを有効的に活用すると、Twitterのユーザーを店舗に集客することも可能です。

基本的に、Instagram同様に、フォロワーは近隣に在住の人に絞り込んだ方が効果的です。そのため、Twitter Proアカウントに変更した上で、Twitter広告の少額投資を繰り返していきます。いいねをつけたアカウントをフォローすることでフォローバックを期待します。

チラシ

チラシの配布は単価の低いランチの集客ではあまり実施しませんが、客数を増やすことができる方法としては押さえておく必要性があります。

ポスティングの効果は、ラスクルによると0.75%ですので、1万部で、75人を集客することができます。

ランチでポスティングをしない理由は、ランチの方が圧倒的に来店のハードルが低いのですが、組数が取れないからです。ランチは基本的に個人で食べるものですので、多くても3人組が限度です。つまり、組単価が取れないため、採算性をとることが難しいと考えます。

あわせて読みたい
ポスティング広告とは?集客効果、費用、成功するための出稿方法を解説 ポスティングは、店舗の周辺のポストにチラシを投函することで宣伝することができる方法です。 自分でも投函することができることから、手軽な集客方法として認知されて...

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントでは、おともだち登録した人のLINEに向かってメッセージを配信します。

目的は既存顧客の再来店の促進です。ランチはディナーに比べると来店のハードルが非常に低いので、反応率を取るのが簡単です。

ただし、ランチタイムのクーポンばかり発信してしまうと単価の高いディナータイムの集客がおろそかになり、口コミもランチタイムのものが絶対的に多くなります。

ランチタイムに力を入れるか、そうではなくディナータイムの集客に力を入れるかで、LINE公式アカウントでのメッセージ配信の内容が全く異なってきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる