080-3148-0461

営業時間 10:00~18:00 (日・祝定休)

お電話は既存のクライアント様用です。
集客、マーケティング支援、開発をご希望の方は、
フォームからお問い合わせください。

集客

路面店舗と空中店舗と地下店舗の集客の違いとは?

基本的に、店舗をオープンする場合は、できるだけ人の流れがある立地の路面店舗が良いです。しかし、それは全ての経営者にわかっていることで、当然人気がありますので、家賃が非常に高いです。

ビジネスにはそれぞれの適正家賃比率というものがあり、ほとんどの飲食店や美容室では約10%です。そのため、単純計算で、家賃の10倍の売上高がないと安定した経営になりません。家賃が100万円であれば、1,000万円を売上げる見込みがなければ、今その立地で考えているビジネスは適正と言えないことになります。

それでは各店舗のメリットとデメリットを考えていきます。

路面店舗の場合

メリット

一番のメリットは、通りすがりの人々からの集客が見込めます。全体の来店理由を見てみると、40%はなんとなく来店したと言われています。この分をロスなしに取り込むことができます。

デメリット

家賃が高いこともあり、目標の月商を高く設定する必要性もありますが、人の流れが発生する時に合わせたビジネスでなければ立地の良さを活かすことができません。また、入り組んだ小道に入らないといけないなどがある場合は、路面店の強みを活かせないことも多々あります。

空中店舗の場合

メリット

雑居ビルの2階以上を空中店舗と呼びます。(正直、集客がそこまで見込めない商業施設のテナントの場合もこっちに入れて良いと思っていますが。)メリットは、路面店より家賃を節約することができます。また、地上にあるため、工夫次第では、路面店よりも目立つプロモーションをかけることができます。

デメリット

やはり路面店に比べると集客の難易度が高いです。そして、条例やテナントによっては厳しい制限が設けられていることもあり、思ったように施策を打つことができないことも多いです。そのため、集客にお金がかかる上に、スタッフを外に立たせたり、暇で手持ち無沙汰にしてしまう可能性があります。つまり、節約した家賃の分、販促費と人件費が高くつきます。

地下店舗の場合

メリット

路面店舗ではないですが、地下鉄や出口と連動している地下店舗の場合は、通りすがりの顧客を見込むことができます。路面店舗に比べると家賃は安くなります。

デメリット

空中店舗と同様に、通りすがりの個客を吸収することが非常に難しいです。そのため、店舗前にスタッフを立たせる必要性もあります。また、看板を目立つ位置に設置できるわけでもありませんので、広告費は高くつきます。

店舗を選定する時の注意点

路面店であることに勝ることはありませんが、好立地ほど家賃が高く、月商も高く設定しなければなりません。純粋な客数と平均客単価の掛け合わせの計算式で十分可能なのかを考えて選定する必要性があります。

テナントによっては、広告の制限が設けられており、看板などを出せないところもあります。結局、路面とそれ以外で単純な比較をするだけではなくて、何ができて、何をやる必要があるのか、そして何ができないかを事前にピックアップしてから出店を決めるべきでしょう。

また、空中店舗や地下店舗でも十分に集客ができる場合があります。例えば、シチュエーションを重要視するコンセプトの店舗をオープンする場合は、空中店舗でなければなりません。家賃次第ですが、裏道を行かないと辿り着けない路面店よりは、駅近の立地であれば地下店舗の方が売上が立ちやすいこともあります。熱心なファンの獲得が見込める商品力がある場合は、わざわざ路面に出なくても良いことがあります。

良い立地で、路面店とそれ以外があった時に、家賃の差がわずかであった場合は、見込みの集客数が多いというのと、販促費、人件費を考えると路面店の方を選んだ方が圧倒的に良いでしょう。

店舗を出すということは安い買い物ではありませんが額面だけで判断して、特に集客の難易度で後悔をする方も多いですので、注意が必要です。

サクセスパートナーの人気サービス

【無料】集客支援人に相談する。

サクセスパートナーでは、サイクルの小さなマーケティングの立案および集客の支援を行なっております。

ズームでの無料相談受付中!!
先着順に日程は決定します!!

  1. 新しいマーケティングの施策を実施したい
  2. 脅威に対するマーケティングのカードを作りたい
  3. マーケティングで何を行なったらいいかわからない。

-集客

© 2020 SuccessPartner