MEO・Googleマイビジネス

特定のメニュー名でのMEO対策

飲食店を検索する時は、ラーメン屋や焼肉屋だけがキーワードであるわけではありません。

例えば、冷やし中華、餃子、麻婆豆腐など看板ではないけれども取扱いのあるメニューがあり、Googleマップで検索するユーザーもそのメニューを取扱いしている店舗を探していることになります。

つまり、特定のメニュー名でGoogleマップ検索されることは、ランチなどで特定のメニューを検索している顧客を集客できることを意味しています。

Googleマップで検索する

Googleマップで冷やし中華と検索してみます。

すると、店舗の候補のリストが表示され、それぞれの店舗の冷やし中華の画像が表示されます。この画像は、レビュアーがGoogleにアップした画像もしくはビジネスオーナーが提供した画像になります。

地域やメニュー名によっては、該当する画像がなかったりしているため、該当のメニューの画像が表示されないこともあります。

冷やし中華の取扱いがある店舗をGoogleは認識しているため、Googleマップ検索でも順位がついています。つまり、メニュー単位でのMEO対策は実施可能ということになります。

メニューのMEO対策とは?

検索した時に、以下のように表示されることが集客できるようになります。

  • 良質なメニューの画像が表示される。
  • 店舗が検索される。
  • 表示順位が可能な限り高い。

なお、MEO対策には、予めGoogleマイビジネスに登録し、店舗のオーナー登録を済ませる必要性があります。

MEO対策に取り組むメリットについてはこちらを参考にしてください。

メニューの画像をGoogleマイビジネスに登録する。

表示される画像を登録します。Googleマイビジネスにログインして、写真を登録します。

写真は、メニューや料理などのカテゴリーに分けて登録が可能ですので、適切なカテゴリーを選択して登録しましょう。

Googleマイビジネスにメニュー登録を行う。

Googleマイビジネスには、メニューを登録することができます。これを登録することで、顧客だけではなくGoogleにもメニューを知らせることができるため、メニュー名での検索の登録がされやすくなると考えられます。

これは、関連度を高める直接的なMEO対策の一つです。

Googleのクチコミは、料理のレビューなどを求める。

口コミ

そのメニューを取り扱っている手がかりは、ユーザーのレビューにもあります。実際に検索してみると、レビューからメニューがあることを読み込まれている飲食店もありました。

クチコミをつける時に、料理のレビューなどをお願いするように求めれば、レビューの中にメニュー名の出現頻度が高くなります。

口に合わなかったなどのレビューも増加すると考えられます。なので、この対策を実施する時は、それも許容することを前提にして実施します。

公式サイトにメニューへのこだわりを訴求したブログ記事を作る。

公式サイトの検索順位が、Googleマップ検索での順位の参考にされているとGoogleの公式ページに記述されています。

実際に人口の少ない地域で検索をしてみると、ホームページを作成していて、メニューの説明がされている店舗がメニュー名でも上位に表示されています。

メニューページだけ用意しても、メニュー名でGoogle検索に順位はつきません。そのため、WordPressなどでブログを用意し、メニューのこだわりを説明するページを作成します。

Googleマップ検索での順位を計測する方法とは?

いわゆるMEOツールを活用すれば順位の計測を実行することができます。

Googleマップでの検索順位は、検索した地点からの距離も加味されています。そのため、店舗で検索すれば、実際よりも良い検索結果が表示されます。

そのため、近隣で一番日常的に賑わっているスポットから計測します。

Googleマップの検索順位を計測する方法は、MEOの検索順位を計測する方法とは?で解説しています。

  • この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー。大学卒業後、店舗マーケティングツールのASPにて、500店の顧客フォロー及び導入の支援業務に従事。その後、2009年にサクセスパートナーを設立し、集客のコンシェルジュとして、コンサルティングを提供開始。 ▶︎過去に協力したメディア 第一興商発行のDAM CHANNEL for Bizにて、ソーシャルメディアを使った集客方法の特集を8ページ監修(2018/4号) 株式会社リクルートの経営者応援マガジンパートナーズプレスにて、ホームページ作成やSNS活用のポイントのインタビュー記事が公開される。

-MEO・Googleマイビジネス