MEO・Googleマイビジネス

MEO対策とは?Googleマップ検索エンジンを活用して露出を高める手法

MEO対策とはGoogleマップ検索エンジンを活用して露出を高める手法

店舗ビジネス向けのSEOとして、MEOが認知されはじめました。MEOとは、Map Engine Optimizationの略で、具体的には、Googleマップのビジネスリスティングの検索で順位を上げることで露出を高めるテクニックのことを指します。

コンテンツを対象にした検索が通常のSEOであれば、ビジネスを対象にした検索がMEOとなります。
そのため、店舗ビジネスの新規顧客の集客に効果があります。

通常の検索では予約サイトやまとめサイトのコンテンツが上位を独占しています。そのため、予約サイトの加盟店にならなければ検索エンジン経由からの新規顧客の獲得が期待できませんでした。

それに対して、MEOは、近隣の競合のみが対象になります。そのため、純粋な対策で露出することが可能です。

特に間接検索では、新しい店舗を検索する行動であるため、業種・サービス・カテゴリーなどで上位表示することができれば、新規顧客の獲得に直結しやすいです。

難点としては、検索されることがありきの集客になりますので、ニーズの少ない期間や自粛の影響が非常に強く出ます。安定して顧客を獲得できるわけではない点も把握している必要があります。

無料の集客相談のお申し込みはこちら

将来における顧客獲得に悩みのある方を対象に無料相談をお受けしております。

まずは、現状のこと、今後の願望をお話ください。お手伝いできることについて明確にさせていただき、お見積もりを作成いたします。

MEO対策とはどのような対策なのか?

MEO対策を実施すると、GoogleマップとGoogle検索に表示されます。パフォーマンスはGoogleマイビジネスに表示されている項目です。パフォーマンスを知ると、MEOとはどのような対策なのかを知ることができます。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスで確認すると上記のようなビジネスリスティングのインプレッション(表示回数)に関する情報が表示されます。

MEOはSEOと比較されることが多いため、検索での露出について言及されがちですが、表示回数自体は、Googleマップで表示されることが多いです。そのため、後述するGoogle検索のローカルパックに表示されなければMEO対策を実施しても意味がないわけではありません。

検索方法も直接と間接に分けられます。

直接検索は、ビジネス名や住所を検索しています。つまり、これは屋号を指定しているため、すでに利用している既存顧客もしくは口コミや広告にて情報を既に得ている人が該当します。

間接検索は、業種、商品、サービスの名前で検索しています。近くのパン屋さんというようなキーワードで検索し、表示される仕組みが間接検索に該当します。

アクティビティ数は、行動が起こった回数が表示されます。

  • WEBサイトへのアクセス
  • 通話
  • 写真の閲覧
  • マップでのルート検索

アクティビティ数が増えれば、興味関心を持っている人が増えていると判定することができ、集客の指標として活用することができます。

MEO対策では、どの箇所に表示されるのか?

Googleマップ(アプリ)

MEOでは、Googleマップ経由のインプレッションの方が多く、活用のシーンは主にスマホやタブレットなどのモバイル端末です。そのため、Googleマップのアプリで表示される機会が多くなります。

Googleマップのアプリを開くとレストラン、コンビニ、ラーメンなどのカテゴリーが検索部分の下部に表示されます。また、現在地点の最新情報が下部に表示されます。

最新情報を引っ張ると、人気のカテゴリーが表示されます。宿泊施設や飲食店が表示されているため、MEO対策はこれらの業種では効果が大きくなります。

Googleマップ検索結果

カレー屋をクリックすると、近隣の人気店が表示されます。この時、営業時間、定休日、住所などの基本的な情報のほかに、写真が表示されています。

Google検索(ローカルパック)

Googleマップ検索は、通常のGoogle検索でも表示されます。ローカルパックと呼ばれる近隣情報を掲載する箇所は、業種、商品、サービスといった間接的なキーワードで検索すると結果のページの上部と下部に表示されます。

ローカルパック

ローカルパックでは、ビジネスが表示されます。この表示の結果は、距離・知名度・関連性によって変動し、検索結果のページには、3つのビジネスが表示されます。

これに対して、検索ページの下部では、他の選択肢を促します。評価の高い関連性の高いビジネスや子連れでディナーを楽しめるというような条件を絞り込んだ選択肢を提案している箇所となります。

MEO対策の実施方法と重要なポイントとは?

Googleマップでの検索結果には、距離・知名度・関連性の3つの要素が関わっているとされています。

関連性

関連性とは、検索語句とローカル ビジネス プロフィールが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、プロフィールと検索語句との関連性を高めることができます。

距離

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

知名度

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、ローカル検索結果のランキングにはこうした情報が加味されます。たとえば、有名な博物館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果のランキングに影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、ランキングが高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できます。

Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する(Googleマイビジネスヘルプより)

このうち、距離の対策は移転しか存在しません。実際対策ができるのは、知名度と関連性のみになります。

Googleが収集可能なデータに着目し、知名度と関連性の対策を実施することが、MEO対策に直結することになります。

Googleマイビジネスの登録を100%行う。

検索するキーワードとそのビジネスの関連性をみるには、そのビジネスがどのようなビジネスであるのかを正確にGoogleに登録することが大前提となります。そこで、Googleマイビジネスへの登録を詳細に行う必要性があります。

Googleマイビジネスでは、営業時間、休業日、電話番号、Webサイト、予約方法、写真や動画の投稿などの情報を登録することができます。Googleマイビジネスで自分のビジネスのページを編集することができます。

すでにページが存在する場合は、ビジネスオーナー登録を行います。ページが存在しなければ、Googleマイビジネスを登録し手からビジネスオーナー登録します。

商品・メニュー・サービスを充実化させる。

商品・メニュー・サービスを検索した時に、取扱いのあるビジネスが表示されなければなりません。例えば、カレーパンと検索した時に、カレーパンを作っていないパン屋が上位に表示されてしまえば矛盾が発生します。

そのため、取扱いのある商品・メニュー・サービスは可能な限り過不足なく掲載します。

写真はプロが撮影したものを豊富に掲載する。

間接検索した時に、該当のメニューの画像が表示されます。カレーライスや麻婆豆腐を検索すると該当の画像が表示されます

30〜40枚用意しアップロードします。その中から、そのお店の象徴となる写真をカバーに、名物となる写真をロゴに設定します。これを実施しないと、顧客がアップした食べ残しやメイン以外のサイドメニューなどの画像がピックアップされ表示される確率が高くなります。

アクティビティでも写真が最も表示されている傾向です。

新規顧客の獲得も変わってくるため、写真の撮影はできるだけこだわった方が良い結果になります。

ビジネス情報を詳細に記す。

ビジネスの特徴を説明する箇所です。この部分は自由にオーナー側が書くことができます。

最大750文字で書くことができ、関連性を示すことができる数少ない箇所でもあります。

埋める必要はありませんが、できるだけ具体的に説明します。キーワードを差し込むことで関連性は顕著なものになりますが、キーワードの羅列や無理な差し込みは、店舗の玄関に意味不明な落書きをしているのと変わりありませんので、絶対にやめましょう。

ポスティング広告などのオフラインの集客に力を入れる。

知名度が高く、象徴になるようなビジネスは、順位が高くなるとされています。

ポスティング広告やテレビの所持率が高い地域ではテレビCMをスポットで行うことで、屋号などの検索数が多くなり、順位に反映されると考えられます。

Googleのクチコミを積極的に集める。

Googleのクチコミと評価(スコア)が高い方が、顧客が多い人気のあるビジネスと判定することができます。クチコミを集めることは、MEO対策だけではなく、顧客の誘因にもなり、積極的に収集できるようなマーケティングを実施することがとても重要です。

クチコミ数とスコアが順位に必ずしも一致するわけではありませんが、強い影響はあります。

評価の高いクチコミを獲得する方法としては、最も一般的な方法は、ショップカードなどのPOPやSMSでレビューを依頼することです。対価を与えたレビューの獲得は禁止されていますが、レビューをつけることを依頼すること自体は推奨されています。

https://g.page/〇〇/review

〇〇には短いプロフィールが入る。

これをQRコード化し、レビューをつけやすいようにします。もちろん、一言添えて、よろしければご意見・ご感想くださいと伝えることは必要でしょう。

低い評価をつけられてそのままにしているビジネスオーナーもいますが、これをそのまま放置すると、一方の情報のみを第三者が鵜呑みにしてしまい、実際の集客に大きな影響を与える傾向があります。中には、売上が半減近くまで落ち込んだ店舗もあります。

この場合は、口コミの内容を精査し、一つ一つに返信を行うのがベストです。特に、第三者がみたいのは、その店舗の接遇と改善意欲です。相手に不快な想いをさせていたのであれば、しっかりそのことについて謝罪し、店舗側の言い分をしっかり伝えましょう。

参考:悪い口コミをグーグルにつけられた場合に、店舗側はどのようにすれば良いのか?

サイテーションの獲得

これは当たり前のことですが、有名で良い店舗ほどブログにも紹介される頻度は高いでしょうし、SNSにも店名が投稿されます。

そこで登場するのがサイテーションです。サイテーション(citation)とは、引用や言及と訳されます。リンクなしで屋号など特定のビジネスに紐づく言葉が出現することがサイテーションの獲得とされます。

SNSの普及やコミュニケーションの変化によって、SNSで情報のやりとりをすることが普通になりました。また、ブログなどを使い、UGCを生成することで、特定のビジネスのレビューをライフワークにしている人も増えました。

そのため、サイテーション自体が、そのビジネスの人気の指標になると判断できます。

自社サイトのSEO

検索されたキーワードに対応するコンテンツがあり、順位がしっかりついている公式サイトを持つこと順位改善に繋がる可能性が高いとされています。

過去に高級食材をターゲットキーワードとして、SEOを仕掛けました。その結果、どのキーワードでも上位に表示される結果に結びつき、料理名でローカル検索しても上位に表示されるようになりました。

ある程度上表示していることは、マーケティングが機能しているということにもなり、結果的にMEOの検索順位結果の改善にも繋がりやすくなると考えられます。

MEO対策の順位を計測する方法とは?

MEO対策の順位は自分の店舗で検索したら1位になります。これは距離の評価が最も高くなることが影響しています。

正しく計測するためには、最も人通りが多い地点での順位を計測する必要があります。

そのため、Googleマップ検索の正しい順位を計測できるツールを活用します。順位計測ツールでは、特定の地点を指定して順位を計測することができます。人の流れが発生するポイントが近隣に複数あるのであればそこでの順位も計測する必要があるでしょう。

Gyro-nやSErankingの機能を使うことで座標の順位を計測することが可能です。

無料の集客相談のお申し込みはこちら

将来における顧客獲得に悩みのある方を対象に無料相談をお受けしております。

まずは、現状のこと、今後の願望をお話ください。お手伝いできることについて明確にさせていただき、お見積もりを作成いたします。

MEO対策は情報の登録と日常の運用の改善から

MEO対策は、急激に対処するようなことではありません。口コミがつかないと、業者に良い口コミの量産を依頼してしまいがちです。こうなってくると、反発を感じている既存のお客様に低い評価のレビューを反動的に書かれてしまうことがあります。そのため、最初は、評価が4以上であっても気がつけば3を割り込んでいるパターンが、MEO業者を利用している店舗にはあります。

MEO対策は持続的な対策とされています。開店したての店舗では、広告に力を入れて、積極的に知名度を拡大することを優先にします。

集客に関するお悩みのキーワードを入力ください。

-MEO・Googleマイビジネス
-, ,