マーケティング

QRコード決済を導入するメリット・デメリット

QRコード決済を選択する人が増加しています。

大手キャリアは、それぞれ、d払い、auPay、PayPayを展開しており、各社の積極的なマーケティングや非接触決済の方が望ましい世の中になっていることもあり、ユーザーを伸ばしています。

これらのQRコード決済が顧客側の決済の選択肢の一つになっているということは、これに対応できていなければ、QRコード決済のユーザーを顧客化することができません。各社がキャンペーンを実施している時は、明らかにその決済を選択する顧客が増加していることも確認されており、決済導入のメリットは非常に大きいと考えられます。

QRコード決済のメリット・デメリット

メリット

QRコード決済は、ユーザー数を各社伸ばしており、PayPayは国内のユーザーが3,800万人を突破しており、4人に1人がPayPayにポイントを保有していることになります。決済を導入するだけで、これらのユーザーを顧客化することができます。

また、PayPayでは、地方自治体との高額ポイントバック企画などがあります。このような期間中には、PayPayの利用頻度が高くなる傾向があります。つまり、導入していること自体が販売促進につながることがあります。

サービスによりますが、割り勘機能なども存在し、決済にかかる手間が楽になるケースもあります。

非接触決済であるため、現金のやりとりを必要とせず、お釣りの受け渡し間違いも防ぐことができます。

デメリット

レジに組み込んだ方法で導入を行わなかった場合は、レジ周りが煩雑になります。

現在は、新型コロナの影響もあり、決済手数料を無料にしているところもありますが、将来的には有料になります。そのため、決済手数料分だけ利益が減ってしまうことがあります。

ただし交通系電子マネーも含めた非接触決済が優遇される傾向は今後も継続的であり、これらに対応しないことは、そのユーザー分を顧客化しないという判断にもなります。

特に観光地では都市部からの顧客を誘致したいと考えているにもかかわらず、これらの決済に対応していないことがあります。都市部ほど非接触決済は普及している傾向にあるため、集客の機会を喪失していることになります。

QRコード決済の導入方法

方法は主に2つに分けることができます。

  1. エアペイなどのPOSレジとして組み込まれているサービスを活用する。
  2. 各種サービスを個別に申し込む。

どちらを選択しても良いですが、消費税増税の際にレジを新調した店舗では、PayPayなど需要のあるサービスに絞り込んで個別に申し込むしかありません。

エアペイなどのPOSレジとして組み込まれているサービスを活用する。

エアペイはリクルートが運営しているPOSレジアプリです。タブレットや専用の機器をインターネットが接続できることが必要になります。エアペイにエアペイQRを申し込むことで、QRコード決済まで導入することが可能です。

申し込みには個人事業の開業届けの写しが必要になります。税務署で取得することができます。

エアペイQRで対応が可能なQRコード決済は以下の通りです。

  • d払い
  • PayPay
  • LINEPay
  • au PAY
  • Jcoin
  • アリペイコネクト
  • WeChat Pay
  • Union Pay

これらの決済に一律決済手数料3.24%(2021年4月現在・税込)で対応することが可能です。

エアペイなどの決済アプリで導入するメリットは、複数の決済に必要な機材をひとまとめにすることができるため、レジに必要なスペースを最小限にすることができます。

デメリットは、決済手数料が個別で契約するよりも高めに設定されています。現在まででは決済手数料が無料のサービスがあり、それらが有料化することで決済手数料が値上がりする可能性が高いです。

各種サービスを個別に申し込む。

めぼしいQRコード決済を導入します。

PayPayは将来的にLINEPAYと統合します。そして、割り勘ができるため、飲食業であれば必ず導入しておきたい決済方法です。

メルペイはd払いと連携しています。そのため、メルペイを導入することで、d払いに対応することができます。

PayPayの導入方法

PayPay公式サイト

PayPayは3,800万人を超えるユーザーを抱えており、積極的なキャンペーンを実施していることもあり、決済方法として導入するメリットが高いサービスです。

PayPayの導入方法は公式サイトに掲載されています。こちらの手順でお申し込みください。

メルペイ・d払いの導入方法

メルペイは国内ダウンロード数が8,000万のメルカリのQRコード決済です。メルカリのアプリで利用ができる上にメルカリでの売上をチャージすることができます。

メルペイとd払いは提携しており、一つのQRコードで両方の決済を導入することができます。導入方法は公式サイトをご確認ください。

au PAYの導入方法

au PAYは、旧au Walletで2,500万人のユーザーがいます。キャンペーンやアプリに地図が表示されることもあり、auユーザーの集客を望めます。

導入方法は公式サイトをご確認ください。

  • この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー。大学卒業後、店舗マーケティングツールのASPにて、500店の顧客フォロー及び導入の支援業務に従事。その後、2009年にサクセスパートナーを設立し、集客のコンシェルジュとして、コンサルティングを提供開始。▶︎過去に協力したメディア第一興商発行のDAM CHANNEL for Bizにて、ソーシャルメディアを使った集客方法の特集を8ページ監修(2018/4号) 株式会社リクルートの経営者応援マガジンパートナーズプレスにて、ホームページ作成やSNS活用のポイントのインタビュー記事が公開される。

-マーケティング