【2024年】SEOとは?企業が自社メディアを検索エンジンに強い媒体にするための対策

ウェブマーケティングの伝統的な手法として、SEO(検索エンジン最適化)は特定のニーズを持つ人々に効果的にリーチする方法として広く採用されています。しかし、近年SEOはより複雑で高度な技術を要求されるようになり、その難易度は増しています。にもかかわらず、見込客の獲得というビジネスの基本的な課題に対して最も効率的なアプローチとして、その重要性は依然として高いままです。

日本国内の検索エンジンは、Google、Yahoo! JAPAN、Bingがあります。この中で、Yahoo! JAPANはGoogleに技術提供を受けていることもあり、実際に注視しなければならないのは、Googleであることがわかります。

この記事では、SEOの基本的なポイントをわかりやすく解説し、初心者でも効果的な露出を実現できるような具体的な方法をご紹介します。スタートアップ企業や新しいビジネスを始めたばかりの方々が、限られたリソースの中でも最大限の成果を出せるよう、手順を追って説明していきます。

目次

1. SEOとは何か?

1-1. SEOの基本的な定義

SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)は、ウェブマーケティングにおいて広く使われていますが、その意味するところは、狭義的な意味と広義的な意味に分かれます。

狭義的な意味でのSEOとは、特定のキーワードでGoogleやその他の検索エンジンにおいて、自社のウェブサイトやメディアのページが上位に表示されるようにする対策です。ここでの目的は、特定のキーワードで上位表示することで、購買意欲の高い訪問者を増やすことにあります。具体的な対策には、ページのメタデータの最適化、適切なキーワードの選定、内部リンクの構造改善など、技術的な要素が多く関与します。

一方、広義的な意味では、SEOは単に検索結果での上位表示を目指すだけでなく、購入意欲の高い見込客を引きつけるために重要なキーワードを用いて価値あるコンテンツを制作し、配信するプロセスを介します。このアプローチでは、検索エンジンを通じて適切なターゲット層にリーチすることで、質の高いリードを獲得し、最終的には販売や問い合わせの増加に結びつけることが目標です。自社商品やサービスを深く理解した情報から最適なウェブサイトやメディアの設計が求められます。

1-2. SEOがビジネスに与える影響

SEOはビジネスのデジタルマーケティング戦略において中心的な役割を果たし、その効果は単なるウェブサイトのトラフィック増加にとどまりません。スタートアップの企業がSEOに期待するのは、以下のようなマーケティングの効果です。

良質なリードの獲得

効果的なSEOは、関連性の高いキーワードに基づく質の高いコンテンツを提供することで、購入意欲の高い見込み客を引きつけます。これにより、問い合わせやメールアドレスなどの貴重な連絡先情報を獲得する機会が増え、顧客基盤の拡大に直接貢献します。

直接的なセールスの増加

ウェブサイトでのSEO最適化は、検索エンジン上での可視性を高めることで、通信販売を直接的に促進します。上位に表示されることで、より多くの潜在顧客が商品やサービスのランディングページにアクセスし、購入につながる可能性が高まります。

リターゲティング広告の効果向上

SEOを通じて獲得したトラフィックは、リターゲティング広告の効果を大幅に向上させることができます。ユーザーが一度メディアを通じて自社のウェブサイトを訪れた後、彼らを追跡してリターゲティング広告を表示することで、再訪してもらいやすくなります。これは、検討から購入まで悩んでいる見込客に意思決定を促し、成約数(CV数)を増やします。

2. SEO対策の主要なポイントを解説

SEOを効果的に実施するためには、Googleの公式SEOスターターガイドに沿った戦略が欠かせません。以下に、その主要な要素を要約し、具体的な対策を提案します。

2-1. ユーザー中心のコンテンツ作成

SEOの根幹は、ユーザーに価値を提供するコンテンツの作成にあります。Googleは、読者にとって有用で、情報が信頼性高く新鮮であるコンテンツを好むため、これらの要素をコンテンツ戦略に組み込むことが重要です。記事を作成するだけではなく、最新の情報に更新することなども求められます。常にユーザーの視点を念頭に置き、彼らの問題解決に役立つ情報を提供してください。

また、コンテンツは、E-E-A-Tが求められます。E-E-A-T(Experience, Expertise, Authoritativeness, Trustworthiness)は、Googleがウェブサイトのコンテンツ品質を評価するフレームワークです。2021年に「Experience」が追加され、専門知識、権威性、信頼性に加えて経験も評価の対象となりました。特に重要なYMYL(Your Money or Your Life)カテゴリーのページでは、高いE-E-A-Tが求められるため、これらを充たす内容の提供がSEOにおいて重要です。

2-2. 技術的なSEO

ウェブサイトがGoogleによって適切に索引付けされ、クロールされることを保証するためには、技術的なSEOが不可欠です。サイトマップの提出、メタデータの適切な使用、ページのロード速度の最適化、そしてモバイル対応は、サイトの検索エンジンランキングに直接影響します。

2-3. サイト構造とURL

効果的なSEOのためには、クリアで論理的なサイト構造を確保することが必要です。簡潔でわかりやすいURLは、検索エンジンだけでなくユーザーにも好まれます。サイト内の情報が適切に組織されていることで、ユーザーのナビゲーションが容易になり、SEO効果を最大化できます。

2-4. リンクとリンクテキストの最適化

内部リンクおよび外部リンクは、新しいページの発見に役立ち、ウェブサイトの権威を構築します。リンクテキストはページの内容を適切に反映するものであるべきで、誤解を招くリンクテキストは避けることが望ましいです。リンクは信頼できるリソースに限定し、ユーザーと検索エンジンにとって価値のあるものを選びます。

2-5. 検索結果の最適化(SERPsの最適化)

SERPs

タイトルタグとメタディスクリプションは、ユーザーが検索結果からサイトを選択する際の最初の接点です。これらを最適化することで、クリック率を向上させることが可能です。タイトルは明確で誘引力があり、メタディスクリプションは内容の簡潔な要約を提供し、ユーザーの興味を引くよう工夫しましょう。

2-6. 画像と動画の最適化

視覚コンテンツはユーザーの注意を引くため、SEOにおいても重要です。画像と動画には適切なaltテキストを使用し、コンテンツの文脈に合った位置に配置することで、検索エンジンの理解を助け、より良いランキングを得ることができます。

  • altとは、画像が何を示しているのかをテキストで設定した記述。画像検索の際には、altが使われる。

3. 自力でSEOをするのに必要なツールとは?

自力でSEO対策を実施する時には、最低でもメディア、キーワードを調査し計測するSEOツール、アクセス解析、そして各検索エンジンの

3-1. CMS(コンテンツ管理システム)

CMSは、ウェブサイトのコンテンツを簡単に管理、公開できるシステムです。ユーザーフレンドリーなインターフェースを提供し、非技術者も効率的にウェブサイトを運営できるよう支援します。

CMSでは、最も有名なのはWordPressですが、用途に合わせて、Movabletype、Shopifyなどが活用されるケースもあります。CMSで何を使っているかの差はそこまで大きくはなく、使いやすく、技術的なSEOができることが重要だと思われます。

3-2. SEOツール

SEOツールは、キーワードリサーチ、競合分析、バックリンクチェック、オンページ最適化など、SEOの各側面を支援します。これらのツールは、戦略的な洞察を提供し、ウェブサイトの検索ランキングを向上させるために役立ちます。

SEOツールの機能は様々ですが、コストパフォーマンスでは、SE Rankingがおすすめです。

SE Ranking

評価:

SEO対策に必要な競合分析、キーワードごとの検索ボリュームチェック、サイトの検索順位チェック、被リンクチェックなどの機能を網羅。オプションでコンテンツ生成機能やMEO機能を追加可能。

3-3. Google Analytics

Google Analyticsは、ウェブサイトのトラフィック分析に欠かせないツールです。ユーザーの行動やトラフィックの源泉を詳細に把握し、マーケティング戦略やサイト改善のための貴重なデータを提供します。

3-4. Google Search Console、Bing Webmaster Tools

Google Search ConsoleとBing Webmaster Toolsは、サイトの検索エンジンパフォーマンスを監視するためのツールです。それぞれ、Google、Bingを対象とした検索エンジン監視ツールです。これらはサイトのインデックス状況、検索トラフィック、技術的問題などを追跡し、SEOの最適化に役立ちます。何かの異常が発生した時は、これらのツールに警告が表示されます。

4. 自力でSEOを実施する手順

4-1. キーワード調査をする

SE Rankingでキーワードリサーチを行うには、ダッシュボードから「キーワード調査」を選択し、ターゲットキーワードを入力します。このツールは検索ボリューム、SEO難易度、CPCなどの詳細データを提供し、関連キーワードも提示します。これにより、競合が少なく効果的なキーワードを選定し、コンテンツのSEO最適化を図ることができます。

SE Rankingを使うと競合サイトの分析を行うことができます。どのようなキーワードで上位表示をしているのかも調査することができ、競合サイトと比較をすることができます。

4-2. プロジェクトを登録する(順位計測を行う)

SE Rankingでキーワードをプロジェクトに登録するには、まずダッシュボードから「検索順位」を開き、「新規プロジェクト作成」を選択します。ドメイン名を入力後、「キーワード」タブに進み、キーワードを手動で追加するか、CSVやXLS形式のリストをインポートします。このプロセスにより、キーワードのランキングを追跡し、SEOの効果を定期的に監視できます。

4-3. 情報を収集する

オリジナリティの高いコンテンツを作成するためには、調査ツールで調査を行うだけではなく、自社に蓄積された情報を用います。自社に蓄積された情報とは、例えば顧客に配布するパンフレットやニュースペーパー、顧客とのコミュニケーションの中にあるものも含まれ、これらをいつでもコンテンツ化できる形にデータとして残すことが重要です。

また、情報収集の効率化には、ChatGPTのGPTsのWebpilotを使用すると、指定されたURLのページ内容を読み取り、関連情報をまとめることができます。また、Bingの検索機能を用いて広範囲の情報を収集することができます。これらの情報を要約することで、作成するコンテンツのベースを作成することができます。

指定されたURLのページ内容を読み込むことは、例えば、商品の紹介コンテンツを作成する時に、商品のランディングページを読み込んで使うことができます。

4-4. コンテンツを作成する

効果的なSEOコンテンツを作成する際には、検索意図を理解し、そのニーズに合った記事構成が重要です。以下は、SEOに強いコンテンツを作成するための主要なステップです。

STEP
検索意図の理解

キーワードの検索意図を把握し、そのニーズに応える内容を計画します。これには、ユーザーがそのキーワードを検索する目的や求めている情報の種類を理解することが含まれます。

STEP
論理的な見出し構成

記事の見出しは論理的に配置し、各見出しには主要キーワードを含めることが重要です。これにより、読者と検索エンジンの両方がコンテンツの構造を理解しやすくなります。

STEP
調査した情報の活用

信頼できる情報源から収集したデータを基に、自然な流れで解説を行います。情報は正確であり、読者が価値を感じる内容である必要があります。

STEP
導入文の作成

記事の導入部には、興味を引く要約文を掲載します。ただし、内容が浅い導入文は避け、記事全体の概要を的確に伝える文を用意します。

STEP
AIを利用したコンテンツ生成

GPTsなどのAIツールを使用して初稿を作成することができますが、AIによる文章には論理性が欠ける場合があるため、最終的な校正が不可欠です。修正や必要な情報を加筆することで、オリジナリティの高いコンテンツに仕上げます。

STEP
内部リンクの挿入

関連する内容のページや商品・サービスページへの内部リンクを適切な箇所に挿入します。アンカーテキストは、リンク先の内容が理解しやすいように具体的に設定します。

検索結果を活用する集客手法では、リスティング広告があります。

5. SEOと組み合わせたい集客方法

SEOは、ウェブサイトやランディングページの検索エンジンでの可視性を高める効果的な方法ですが、瞬時に結果を出すわけではなく、特定のキーワードで必ずしも上位表示されるとは限りません。そのため、他のデジタルマーケティング戦略と組み合わせることで、より効率的に見込み客を引き寄せ、成約率を高めることが可能です。

5-1. リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンの広告スペースに自社の広告を表示させる手法です。SEOではすぐに結果が出ない場合や、競争が激しいキーワードで上位表示が難しい場合に有効です。リスティング広告を利用することで、検索結果の最上部にランディングページを表示させ、即座にトラフィックを獲得することができます。この組み合わせにより、検索エンジン上での露出が増え、より多くの潜在顧客にリーチすることが可能となります。

5-2. ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、ウェブサイトやソーシャルメディア上のバナー広告として表示されます。特にリターゲティング広告は効果的で、一度サイトを訪れたユーザーに対して繰り返し広告を表示することで、ブランドの認知度を高め、成約率を向上させることができます。これにより、既に関心を持っているユーザーを再びランディングページへ誘導し、購入や問い合わせへとつなげることが可能です。

5-3. SNS広告

SNSは、日常的な情報の交換が行われる場であり、広告キャンペーンにおいても高いターゲティング能力を持っています。SNS広告を利用することで、地域や年齢、興味関心に基づいたターゲティングが可能となり、効率的に特定のユーザーグループにアプローチできます。また、SNSからのリンクを通じてサイトへのトラフィックを増やすことができ、SEOの効果も相乗的に向上します。

5-4. メール配信

SEOで獲得したユーザーのメールアドレスを活用するメールマーケティングは、顧客との継続的な関係構築に寄与します。無料のリソースを提供することでメールアドレスを集め、その後、新商品やサービス、業界の最新トレンドに関する情報を定期的に配信することで、ユーザーの関心を引き続き引きつけ、リピート訪問を促すことができます。

SEOでの集客は難しいが、効果は大きい。

SEOは、難易度が上がっていますが、Webサイト自体の露出度を高めることができますので、新しい目的に流用することもできます。また、MEOにも影響しますので、着手する価値自体は高いです。

専門的な知識も必要になっていますので、着手する時は、必ずマーケティングの相談役になっている業者に相談してください。

最終更新日 : 2024年5月8日

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次