店舗集客を成功させる具体的なアイデア【実践的なアイデア7選】

「店舗 集客 アイデア」と検索すると、「Googleビジネスプロフィールに登録する」「予約サイトに登録する」などの集客の方法を解説した記事しか存在しません。

広告代理店が執筆していることやそれぞれがSEOを目的にしているため、非常に抽象的なことしか書いていません。

もちろん、集客の手法を増やしていけば、集客は増える可能性が高まりますが、スタッフが限られている中では全てを運用することはできません。そのため、アイデアで勝負して、特定の方法を育成していくのが店舗の集客の定石です。

そこで、この記事では、具体的な集客のアイデアを解説します。

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層を集客したい

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?

予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

目次

店舗集客のポイントとは?

まずは、店舗集客の基盤になる考えを紹介します。店舗への集客は、顧客との接点を積極的に増やし、訴求性の強いメッセージを用意することで集客の効率を高めます。これは、量と質の関係性であり、これらを改善すると成果を増やすことができます。

店舗集客の方程式

店舗の集客数=顧客との接点×集客の効率

顧客との接点には、「全く接点のない顧客と繋がること」「リピーターといつでも連絡がつく状態にすること」が含まれます。人数が多く、平均した接触回数が多くできるほど高めることができます。

集客の効率は、「特定の誰かに向けたメッセージを配信する」「他にはない魅力的な強みを紹介される」「来店するきっかけを掴むことができる」などの要素があり、来店動機を得ることができた顧客が多いほど効率性が高いと言えます。

具体的に店舗集客を増やすポイントとしては以下のことが基礎的なものとして挙げられます。

自店舗の強みを明確にする

店舗集客において、自店舗の強みを明確にすることは非常に重要です。

強みを理解することで、他店との差別化を図り、顧客に選ばれる理由を明確にできます。例えば、商品の品質、価格、立地、サービスなど、自店舗の特徴を洗い出し、それを前面にわかりやすく伝えることで、来店のきっかけになります。強みを活かしたプロモーションを行うことで、集客の効率を上げることができます。

集客したい顧客を明確にする

集客を成功させるためには、ターゲットとなる顧客層を明確にすることが不可欠です。顧客層を特定することで、その層に合ったマーケティング戦略を立てやすくなります。年齢層、性別、趣味嗜好など、顧客の特性を分析し、それに合わせたサービスや商品を提供することで、効果的に顧客を引き寄せることができます。

明確なターゲットの設定は、コミュニケーションの方法を選ぶことにも影響しますので、可能な限り具体的に意識しておくことが重要です。

ターゲットは具体化しすぎると、広告を絞り込みてしまうなどのデメリットがあるとされていますが、具体化できれば抽象化もできます。店舗集客で何をするかで、ターゲットの解像度を変化させていきましょう。

自店舗のコンセプト(方向性)を明確にする

店舗のコンセプトを明確にすることは重要です。コンセプトは店舗の方向性とも言える部分で、顧客が店舗を選ぶ大きな要因になります。

例えば、女性が集まりやすい空間をコンセプトにしているのであれば、店舗のデザイン、商品やサービス、補償関連の付加価値、機能性がコンセプト上にあるものに特化していきます。北欧風の居心地の良い店内、カフェインレスのコーヒーや豊富な種類のお茶の提供、同じ境遇にある女性顧客同士のコミュニティの用意、子供のおむつ替えスペースの用意など、具体的な店舗づくりをしていくことができます。

顧客とすぐにコミュニケーションができるようにする。

顧客とのコミュニケーションを迅速に行うことは、店舗集客において非常に重要です。見込み客やリピーターに対して、新しい情報やお得なオファーをリアルタイムで届けることで、顧客との接点を増やします。メールマーケティング、SNS、メッセージアプリなどから、顧客が使いやすくメッセージを閲覧しやすい方法を選び、積極的に繋がっていきます。

店舗集客で使えるアイデアとは?

店舗集客の解説では、SNSや広告を使うなど、抽象的な内容のものが非常に多いです。

ここでは、実際に実行すると集客の効果が見込める具体的な集客キャンペーンのアイデアを解説します。

魅力的なオファーを提供する

顧客の心を掴むためには、魅力的なオファーの提供が効果的です。限定性のあるオファーや、射幸性の高いオファーを提供することで、顧客の購買意欲を刺激します。例えば、期間限定の割引、初回限定の特典、抽選でのプレゼントなど、顧客が行動したくなるようなオファーを考えましょう。

ただし、抽選やくじ引きを行う場合は、一般懸賞に該当しますので、以下の制限があります。

一般懸賞

一般懸賞とは、くじやクイズなどにより、景品類を提供することです。提供される景品類は、購入される商品に付随していたり、特定のサービス利用者に対して提供されます。このような懸賞は、販促効果や集客目的で使用されています​​。

一般懸賞の景品規制では、景品類の提供には最高額と総額の制限があります。具体的には、取引価額が5,000円未満の場合、最高額は取引の価額の20倍まで、5,000円以上の場合は一律10万円までと定められています。また、景品類の総額は、懸賞に関わる売上予定総額の2%以内でなければなりません。

例えば、取引価額が4,000円で売上予定総額が120,000円の場合、最高額は80,000円、総額は24,000円となりますが、これを超えると違反となります。

つまり、一般懸賞を行う時は、その期間の売上見込みの2%を予算の上限として、その中から景品の金額を決定します。

また、一般懸賞を行う条件として、LINE公式アカウントやメールマガジンへの登録を引き換えにすることで、その後のリピーター向けのマーケティングに繋げることができます。

人気の他業種とコラボする

他業種とのコラボレーションは、新しい顧客層を開拓する絶好の機会です。

特に人気のアニメや業種とのコラボは、両方のファン層を取り込むことができ、大きな話題を呼ぶことが期待できます。コラボによって生まれる新しい商品やサービスは、SNSでの拡散も期待でき、集客に大きく貢献します。

事例

極楽湯では、人気アニメとコラボレーションを行なっており、キャラクターをイメージした風呂の提供、グッズや料理の提供を行なっています。

銀だこでも、推しの子や鬼滅の刃などの人気アニメとコラボを行い、コラボレーションメニューを提供しています。

予約システムを見直す

予約システムの見直しは、特に飲食店や美容サロンにおいて重要です。

いつでも簡単に予約ができるシステムを導入することで、顧客の利便性を高め、リピート率の向上につながります。使いやすい予約システムは、マーケティング活動と連動し、予約に直結しやすくなります。

例えば、SNSの投稿された動画を気に入った時に、SNSから予約システムへのURLがあれば、顧客は迷わずに予約することができます。

SNSで限定商品を紹介する

小売店においては、SNSを活用した限定商品の紹介が効果的です。

限定商品や新商品の特徴や使い方をショート動画で解説し、InstagramやXなどのSNSを通じて情報を拡散します。SNSでは、ブランドのファンと簡単につながることができます。新たな発見を促すコンテンツは、拡散もされやすく、それぞれのSNSから新しい顧客を獲得できるようになるでしょう。

SNSを属人化する

SNSのアカウントを属人化し、ターゲットとなる顧客層に合わせた人格を持たせることで、共感軸を作り出します。例えば、流行っているドラマや映画、音楽などを取り上げ、顧客とのコミュニケーションを図ります。共感を得ることで、顧客との関係を深め、集客につながります。

SNSの属人化はしない方が良いという意見が通説ではありますが、公式アカウントよりも特定の人物にファンがつきやすいこともあり、最近では、社内インフルエンサー制度が採用されています。

SNSキャンペーンを行う

SNSキャンペーンは、顧客の参加を促し、店舗の認知度を高める効果的な手段です。

フォロー&リポストキャンペーンでクーポンを配布したり、Instagramでフォトキャンペーンを行ったりすることで、口コミがSNS上で拡散し、多くの人々の目に触れる機会を増やします。これにより、新規顧客の獲得や既存顧客のリピート率向上につながります。

インスタントウィンの仕組みを使えば、クーポンの配布を自動化することができ、大規模なキャンペーン化もすることができます。

セット購入が一般的な商品をプレゼントする。

例えば、髭剃りを購入する時に、本体を購入したら替え刃やジェルなどが付随品になり、通常はセットで購入が考えられます。そのため、本体を購入したら、最低限の替え刃やジェルを無料でつけることで、一定期間使ってもらうことができ、気に入ったら再購入を促すことができます。

同様に、お弁当にお茶をつけることで、ドリンクを別の店舗で購入する手間を省略し、購入しやすい環境を作ることができます。

店舗集客のまとめ

店舗集客では、最初に自店舗の強みやターゲティングを行い誰を対象にした店舗であるのかを明確にします。そして、コンセプトを明確にすることが、基本的な集客力を決定します。それに、顧客との接点を増やし、コミュニケーション頻度を高めることで、来店動機が与えられる情報をすぐに拡散される仕組みを作っていきます。

また、この記事では、抽象的な店舗集客のアイデアではなく、具体的なアイデアを紹介しました。基本的な集客の対策に比べると重要度は落ちますが、注目度を集め、来店動機を作る簡単な方法としてすぐにでも実行すうことができます。

最終更新日 : 2024年1月21日

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層を集客したい

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?

予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次