企業がTwitterでフォロー&リツイートキャンペーンを行う効果とは?

フォロー&リツイートキャンペーンとは、指定のアカウントのフォローとリツイートをしてもらうことの見返りに、抽選でオファーをプレゼントするキャンペーンのことです。

企業側はたくさんのフォロワーを獲得することができ、露出もできるメリットがあります。しかし、テレビでもフォロー&リツイートキャンペーンは懸賞として紹介されています。そのため、Amazonギフト券などの金品に変更できるものを狙って複数アカウントなどの実態のないアカウントを集めてしまうデメリットもあります。

そのため、キャンペーンの実施方法には工夫が必要です。

目次

Twitterでフォロー&リツイートキャンペーンを行う方法とは?

大規模なフォロー&リツイートキャンペーンには、ツールを活用する必要があります。これは、リツイートした人の確認が最新で100件までしか確認ができないためです。これでは公平な抽選ができないため、ツールを活用するのが前提となります。

■基本的なフォロー&リツイートキャンペーンの手順

  • キャンペーンの参加方法を知らせるページもしくはツールを用意する。この時、ブログでも良い。
  • 魅力的なオファーのサムネを用意する。
  • ツイッターでキャンペーンのツイートをする。
  • 影響力の高いアカウントでキャンペーンを実施していることを伝えて、キャンペーンを実施していることを伝える。

ページで運用する場合は、Twitterの使用上インプレッションが下がります。そのため、ツイートしただけではキャンペーンの存在が知られない可能性があります。

また、キャンペーンツールの月額の目安は5万円〜が目安です。すぐに結果がわかるインスタントウィンは有料ツールを導入しないとできないキャンペーンです。

1.ツールを活用しないフォロー&リツイートキャンペーン

小規模で開催する時は、抽選を先着100名に限定することでキャンペーンの開催ができます。

例えば飲食店で行う時は、店内でフォロー&リツイートキャンペーンのお知らせをします。抽選ではお食事券などの直接来店に結びつけるものにするのが良いでしょう。ただし、お食事券は、フリマアプリで転売が可能であるため、利用期限を1ヶ月以内に制限する、予約名が一致しなければ無効にするなどの対応が必要になります。

2.ATELUを活用する。

ATELUは、株式会社comnicoが提供するSNSキャンペーンツールです。Twitterキャンペーンは、応募期間が終了になった時に抽選を行うスタンダードなキャンペーンの他に、すぐに抽選結果がわかるTwitterインスタントウィンがあります。その他には、Instagramのコメント書き込みキャンペーン、ハッシュタグ投稿キャンペーン、フォトコンテストにも対応しています。

Twitterキャンペーンでは、フォロー&リツイートの他に、フォロー&ハッシュタグ、フォロー&メンション、ハッシュタグを選んで投稿することでキャンペーンに参加できるフォロー&カンバセーションボタンがあります。

応募の収集、フォローのチェック、当選者の抽選、当選通知を自動で行うことができます。

3.キャンつくを活用する。

キャンつくは、株式会社ピクルスが提供するSNSキャンペーン管理ツールです。

Twitterのハッシュタグキャンペーンやリツイートキャンペーン、インスタントウィン、Instagramのフォトコンテストキャンペーンを行うことができます。当選通知の自動化がオプションです。

4.PARKLoTを活用する。

PARKLoTは、Twitterのキャンペーンの「抽選作業」「応募情報の収集」「当落結果の連絡」全てを自動化できます。インスタントウィンにも対応しています。定額契約であるため、何回キャンペーンをしても料金が変わらないことが特徴の一つでもあります。

フォロー&リツイートキャンペーンの注意点とは?

オファーは自社PRにつながるものにする。

フォロー&リツイートキャンペーンでは、フォロワーを獲得することを目的にしています。オファーはAmazonギフトカードでも良いですが、自社PRにつながるものを用意した方が良いことが多いです。

そして、集客を重視した配布数を重視するよりも非現実的なものの方が射幸心を煽られます。飲食店であれば、餃子1皿無料を100人にばら撒くよりも、ディナーコースの一番高いものをペア1組にした方が良いです。

インスタントウィンは集客を伸ばすことが目的になる。

ファミマが肉まんが1万人に毎日当たるキャンペーンを実施しています。

インスタントウィンの仕組みを活用し、条件を満たしたアカウントを自動で抽選し、すぐに結果発表をしています。この仕組みは、肉まんがもらえるという来店動機を1万人に毎日付与することが目的で行われます。

コンビニのような来店すれば、ついで買いで日用品などが売れる業態では積極的に利用されます。この時は、原価率の低いプライベートブランドの人気商品をオファーにするのが効果的です。

#フォローRT#プレゼントキャンペーンなどのハッシュタグを活用する。

ハッシュタグの中には、プレゼントキャンペーン専門のハッシュタグがあります。

このハッシュタグを使うことによって、懸賞を目的としている人に見つかりやすくなります。顧客にはならない層ですが、キャンペーン開始時に参加が増えることで釣られて参加する人を増やす効果が期待できます。

まとめ

Twitterのアカウント育成の手段として、Twitterキャンペーンは定石になっています。とても手軽にフォロワーを獲得できる施策であるため、Twitterのアカウントを作成した時にはぜひ行いたいところでもあります。

店舗であればキャンペーンを利用して集客もできますので、Twitterをぜひ有効活用してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次