HTMLメールとは?メルマガではテキストメールとどちらが良いのか?

メルマガ配信の問題点としては、メールを開封してもらった後に、興味を持ってもらい、商品やサービスの購入にしっかり結びつけることができることです。

そのため、表現が多彩なHTMLメール形式でメルマガを送信し、成約率を高めたいと考える企業や個人事業主がとても多いです。

ここでは、HTMLメール形式とテキストメール形式の違いと、HTMLメール形式でメルマガを送信するメリットについて紹介したいと思います。

目次

HTMLメールとは?

HTMLメールとは、ホームページでも使われているHTMLとCSSをメールにも使うことで、メールの文面の表現をホームページのようにしたメールのことです。まるでチラシのように成形ができるため、成約率アップに効果があります。

Canva Proのような画像処理ツールで、文字入れを行い、メールの表示を整えることで、特に、通販ではテキストメールよりもわかりやすくなります。

HTMLメールとテキストメールの違い

HTMLメールとテキストメールでできることの違いを紹介します。

HTMLメールテキストメール
画像の表示×
テキストのカラーリングや強調×
開封率やクリック率の効果測定×
サーバーへの負担高い低い
問題点・セキュリティ面で受信側にリスクがあり、受信拒否が可能。
・配信件数が多いと、遅延しやすい。
・白黒のテキストに限定されるため、表現面で目立ちづらい。

HTMLメールができるところは、ホームページと同じように表示することが可能ですので、画像の表示、テキストのカラーリングや強調、開封率やクリック率の効果測定が可能です。

ただし、問題点としては、アンカーリンクがどのページに移動させようとしているのかが一見ではわかりません。そのため、悪意のあるページに誘導される可能性があります。HTMLメールは、メーラーに受信拒否設定がありますので、特に、BtoB向けのメールでは受信拒否されていることもあります。

また、HTMLメールは、メールの容量も大きいため、配信システムに負荷がかかります。そのため、テキストメールに比べると遅延や不達が発生しやすくなります。

業種ごとのHTMLメールの活用例

HTMLメールは、表現の豊富であることもあり、メルマガ配信の主流になっています。そのため、様々な業種でHTMLメールが活用されています。

① レストラン

レストランでは、季節限定のメニューやコース、最近ではテイクアウトや通信販売の商品を紹介するメールを送信しています。この時、シズル感を煽るような画像を用意して送信することで、直接興味を持たせることができます。

② 小売業

小売店では、通信販売を行なっていることも多いです。季節性の高い新商品の入荷を画像で紹介したり、Youtube動画に誘導することで、商品の使い方の理解を促します。

また、楽天市場などのショッピングモールでは、特集の紹介の他に保有ポイントを知らせることで購入意欲を促しています。

③ SaaS

SaaS(Software as a Service)では、日々の業務に必要としてもらえることが、継続した利用につながり、収益になります。そのため、利便性を高めるための対策がとても重要で、定期的なレポートをメールで受け取ることができる機能を設けているところが多いです。

HTMLメールの作り方とは?

HTMLメールを作るには、HTMLメールエディタが用意されているメール配信システムの導入が基本的に必要です。

以前は、HTMLの知識が必要で、タグで編集することが多かったですが、最近のシステムでは、テンプレが用意されるなど、知識が全くいらないノーコードでの編集ができます。

Gmailなどでは、標準がHTMLメールになっています。余計なタグや装飾を取り除くためには、プレーンテキストモードにします。プレーンテキストモードは、エディタのその他のオプション(︙)で設定が可能です。

HTMLメールのメルマガ配信ではブラストメールがおすすめ

HTMLメールは、特に販売促進のメルマガでよく活用します。メルマガ配信では、配信準備の手間が担当者の負担になりやすいです。そのため、知識不要で配信しやすいシステムであることが望ましいことになります。

ブラストメールは、はじめての人でも簡単にHTMLメールのデザインができる上、メール配信数は無制限なので、コスト管理が非常にしやすいメルマガ配信システムです。7日間のトライアル期間があり、その時に使用感を試すことができます。

HTMLメールを簡単配信 ブラストメール
総合評価
( 5 )
メリット
  • 直感的に専門知識なしでチラシ型のメールを作れる
  • 初心者でも使いやすい
  • 18,000社以上導入しており、運営母体も安定している
デメリット
  • ステップメールや記念メールなどの自動メールの機能はない。
  • 無料期間は7日間です。期間を過ぎると、無料試用ができなくなります。

まとめ

HTMLメールは、多彩な表現ができるため、メルマガ配信では一般的になっています。その反面、HTMLメールはセキュリティ上の問題や容量の問題で、仕事のやり取りではあまり喜ばれていないことも事実です。

仕事上のやり取りでは、相手を選んでテキストメールを選択し、メルマガはHTMLメールを選択するのがベターです。

メルマガ配信システムでは、HTMLメールを作るのに手間がかかるものもありますので、担当者の負担を減らすために、編集が楽なシステムを選択したいところです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次