集客率向上するためのポイントとは?集客力向上のため施策別の工夫を解説

集客率を向上するための施策

ビジネスの成功には集客が重要ですが、ROI(投資対効果)を重視しなければなりません。そこで、同じ費用をかけても多くの集客の効果を得るための工夫を行います。これらの対策を、集客率を向上するための対策として紹介します。

また、集客率の向上の基本は、コピーライティングです。以下の書籍は、非常に有用ですので、読んだことがない人にはおすすめします。

目次

集客率とは?

集客率とは、集客の成功率の総称です。これには、成約率、反響率、来店率などが含まれます。集客率は、集客の施策を実施する上では、優先して考えるべき事項です。例えば、同じ条件で広告をかけたとしても、獲得できた顧客数が違うことがあります。この時、集客数の多い広告は、集客率が高いと言えます。

成約率

成約率は、集客された顧客が最終的に商品やサービスを購入、もしくはお問い合わせや資料請求などの特定の行動をとった割合を示します。集客率を高めることは、集客の施策ごとの成約率を高めることと言えます。WEBマーケティングの指標では、CVR(コンバージョン率)ともいいます。

計算式

成約率(%)=(集客した潜在顧客数/成約した顧客数​)×100

来店率

来店率は、特定の期間内に店舗や施設に訪れた顧客数を、その期間内に広告を閲覧した潜在顧客数で割った割合を示す指標です。オフラインの物理的な店舗だけでなく、オンラインショップにおいても、ウェブサイトへの訪問者数に対する購入者数として考えることができます。

計算式

来店率(%)=接触した潜在顧客数/実際に来店した顧客数​×100

反響率

反響率は、マーケティング活動に対する顧客の反応を測る指標です。例えば、メールマーケティングで言えば、送信したメールに対してどれだけの人が開封やクリックをしたかというのが反響率です。広告の反響率は、バナーやフレーズ、そしてメールタイトルなどの品質を高めることで向上します。ただし、チラシなどの場合は、来店率と同じ意味で使われます。

計算式

反響率(%)=(対象となる顧客数/反応した顧客数​)×100

集客率向上の5つのポイントとは?

集客率の向上には、以下の5つのポイントを磨き上げることで、興味関心を作り、行動意欲を高めることができ、集客につながります。

ターゲットの顧客像を明確化する

ターゲットの顧客像を明確にすることは、集客率向上の第一歩です。年齢、性別、趣味、地域など、具体的な属性を設定することで、効果的なマーケティング戦略を練ることができます。顧客像が明確であれば、そのニーズに合わせた商品やサービスを提供することが可能です。また、広告やプロモーションもターゲットに合わせて最適化できます。これにより、集客率は自然と向上するでしょう。

商品やサービスの訴求点を見直す

商品やサービスの訴求点を明確にすることで、顧客が購入する動機を高めます。訴求点が明確であれば、広告やウェブサイト、SNSでのプロモーションが効果的になります。訴求点を強調することで、顧客はその商品やサービスがなぜ必要なのかを理解しやすく、集客率が向上します。

コピーライティングで作成する

良いコピーライティングは、顧客の注意を引き、興味を持たせる力があります。魅力的な見出しや説得力のある文体で、顧客が行動を起こすきっかけを作ります。コピーライティングが上手であれば、広告やウェブサイトのクリック率が向上し、それが集客率に寄与します。

CTAを明確にする(何をして欲しいか明確にする)

CTA(Call to Action)は、顧客に何をして欲しいのかを明確に伝える要素です。例えば、「今すぐ購入する」や「詳細はこちら」など、具体的な行動を促す言葉を用います。CTAが明確であれば、顧客は次に何をすべきか迷わず、集客率が向上します。

集客率のテストを行う(A/Bテスト)

A/Bテストは、異なるバージョンの広告やウェブページを用意し、全く同じ条件で広告をすることで、どちらがより効果的かを比較する方法です。このテストにより、集客率を高めるための最適な要素や設定を見つけ出すことができます。定期的にA/Bテストを行い、データに基づいて改善を重ねることで、集客率はさらに向上するでしょう。

集客率向上を実現する各媒体の工夫とは?

集客率

チラシで集客率を向上する工夫

チラシは地域密着型の集客に有効です。まず、ターゲットとする顧客層に合わせたデザインやフレーズを工夫しましょう。特定のイベントやセールを強調し、期限を設けることで緊急性を高めます。また、チラシを持参することで特典を受けることができることを訴求すると来店率を上げることができます。これにより、集客率が向上する可能性が高まります。

ランディングページで集客率を向上する工夫

ランディングページは、商品やサービスの訴求点を明確にし、CTA(Call to Action)を目立たせます。ページ内のナビゲーションはシンプルに保ち、顧客が目的の行動(例:購入、問い合わせ)に至るまでのステップを減らします。また、信頼性を高めるために、顧客のレビューを掲載すると良いでしょう。

ランディングページは、A/Bテストをしやすいリスティング広告に使えるので、相応の金額、同じ条件の広告出稿で試しましょう。

動画広告(CM)で集客率を向上する工夫

動画広告では、視覚と聴覚を同時に刺激できるため、訴求力が高いです。商品やサービスの特長を短時間で効果的に伝え、視聴者の興味を引きます。最後には明確なCTAを入れ、視聴者が次に何をすべきかを指示します。動画の最後にウェブサイトのURLやQRコードを表示することで、集客率の向上が期待できます。

特に、Youtube広告では、15秒を超える動画の長さの場合、開始5秒でスキップされてしまうリスクがあります。そのため、15秒以内の動画の長さにするか、最初5秒で訴求したいことを全て訴求します。

オウンドメディアで集客率を向上する工夫

オウンドメディアでは、専門的な知識や情報を提供することで、信頼性と権威性を築きます。記事内に商品やサービスへのリンクを組み込むことで、読者を自社の商品やサービスに誘導します。また、定期的な更新とSEO対策を行い、検索エンジンからの流入を増やすことで、集客率を向上させます。

また、役立つ情報のホワイトペーパーを用意することで、メールマガジンの登録を増やすことができ、見込み客の獲得効率を上げることが期待できます。

SNSで集客率を向上する工夫

SNSでは、ターゲットとする顧客層に合わせたコンテンツを定期的に投稿します。ハッシュタグや地域タグを活用してリーチを広げ、フォロワーとのコミュニケーションを活発に行います。限定キャンペーンやコンテストを開催することで、ユーザー参加型のコンテンツを作り、訴求性を高めることができます。

集客率を上げるためには、写真や動画のクリエイティブも影響します。イベントであれば、人で溢れかえっている写真は来場意欲を煽りますし、ピザやラーメンは箸揚げをすることで、チーズやスープが滴っているところや水水しさを表現できれば良いでしょう。

集客率向上は集客力の向上に直結する

集客率を向上させることは、言い換えれば少ない広告費で多くの顧客を獲得することです。つまり、集客率を計測し、最適な値にすることで、広告費を節約して集客をすることができます。

集客率の向上は、最初から良い値を出すことは難しく、指標管理やA/Bテストを通して、最適の広告のパターンを見つけることが施策です。

最終更新日 : 2023年10月18日

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次