集客率を高めるための方法とは?

せっかく広告を用意して、出稿したのは良いものの思ったように成果が出なかったことはありませんか?

これは、広告の集客率が低いことが影響しています。

集客率を意識した広告を作り、改善を繰り返すことで、少ない集客コストで集客ができるようになります。ここでは、集客率を上げるためのポイントを解説します。

なお、集客率の改善には、コピーライティングが影響します。そのため、以下のような名著に目を通すことは必須です。

目次

集客率とは?

集客率とは、広告を見た人の中から実際に顧客になった人の割合を指します。集客率を言い換えると成約率や反響率とほぼ同じ意味で使われています。

集客率が高い広告ほど閲覧数を増やせば、集客数を増やすことができます。逆に集客率が低く、顧客化する能力がない広告しかない場合は、閲覧数を増やしたところで、集客がなかなか増えないことがありえます。

客数= 集客率 × 広告発行数×閲覧率

客数を増やすためには、集客率を高めることと広告閲覧数(発行数×閲覧率)を増やすことの両面で考える必要性があります。

ただし、集客率は、その商品に対して興味のある人だけの閲覧と、その商品に全く興味のない人を含む閲覧では圧倒的に変わってきます。

例えば、ポスティング広告では、エリアでターゲティングを行いますので、当然チラシの中身に興味のある人と興味がない人が混在しています。そのため、集客率は低くなります。それに対して、リスティング広告は、見込み客が欲しい情報を検索しているので、興味があります。つまり、購入意欲もポスティング広告に比べると高くなります。

基本的にターゲットの絞り込みは、オンラインの方が優れているため、オフラインに比べると集客率が高くなります。ただし、これは周知の事実であり、オンライン広告は入札単価が高騰しています。オフライン広告は、広告単価が基本単価が固定であるため、逆にオフライン広告の方が集客ができるケースもあります。

集客率を上げるの4つのポイントとは?

集客率を上げるポイントとしては、広告出稿の方法、キャッチコピー、ボディーコピー、行動喚起の4つが非常に重要です。これらの4つのポイントを意識することで、集客率を上げることができます。

広告出稿の方法

まずは、広告を出稿します。商品やサービスに興味関心度があり、多くの人にリーチすることが重要です。もちろん、共に完璧に備わった広告は人気が集中するため、広告の出稿コストは高くなります。そのため、中小企業ではどちらかを重視した広告を選びます。

例えば、店舗であれば、来店の可能性が高いエリアを選んでチラシの配布部数を増やし、リーチ数を稼ぎます。サービスであれば、購入可能性の高いキーワードを選択し、リスティング広告に出稿して、ランディングページの内容を改善し、集客率を上げていくイメージです。

集客の方法に何を採用するかは、どのような顧客がほしいと思っているのか、予算はどの程度なのか、そして、その広告で何をしたいのかなどを考慮しても選択します。

キャッチコピー

広告は視認されても、内容に興味を示してもらえないと意味がありません。キャッチコピーとは、広告を見た時に一番最初に目に入るファーストビューに差し込まれるフレーズのことです。役割は、ターゲットの興味を惹いて、広告の中身をしっかり読ませることです。

良いキャッチコピーは、顧客ニーズやウォンツを読み取った上で、商品やサービスの持つ魅力的な価値でそれらを満たすことができることを匂わせることができるものです。

ボディーコピー

ボディーコピーは、商品やサービスの機能などを伝えるコピーのことを指します。ボディーコピーでは、商品やサービスの全てを伝えるのではなく、魅力的な価値を伝えます。それを購入すると、具体的にどのような効果を期待でき、見込み客の問題解決につながるのか簡単に伝わるように心がけましょう。

行動喚起

広告の役割である特定の行動喚起を促します。

ありがちな大きな間違いは、広告費を節約するために行動喚起を複数詰め込みすぎてしまい、何をさせたいのかわからない広告になってしまうことです。その広告で何を実現したいのかを明確にし、行動が喚起されることを重視して考えます。

また、行動喚起には、複数のパターンがあります。例えば、来店、電話予約、ウェブ予約、資料請求、特定のウェブサイトのページにアクセスなどがあります。購入へのハードルが高いものほど直接は売れませんので、低い行動喚起を広告で促し、商談などで成約を目指します。

行動喚起は、目立つようにすることが重要です。電話番号を大きくしたり、目立つ色のボタンがスクロールした時に追従するような設定をするのも良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次