集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。

集客

集客力アップに効果がある11の方法で、集客を増やす

投稿日:2017年3月23日 更新日:

集客は、どのビジネスにとっても存続する限り永遠につきまとう課題の一つです。集客ができなければ、物を作っても売ることができませんから当然です。

そのため、「集客力を上げたい」と考えている個人事業主、経営者は多いはずです。逆に、「今は、集客の必要はない。」と考えている方もいます。今は、そうかもしれませんが、集客のことを全く考えていなければ、次の世代に代替わりするタイミングで悩み出すことになるかもしれません。

今回は、集客力に着目し、集客に困らない体質作りにすることに重点を置いて説明します。

集客力アップに役立つメルマガはこちら

集客力とは?

集客とは、顧客を集めることではなく、顧客があなたのビジネスに魅力を感じている購入に至ることを指します。

では、集客力とは何かと言われれば、あなたのビジネスの魅力を伝え、購入に至る経緯を作る力だと言えます。この言葉から、集客力とは次の要素に分解することができます。

対象市場の今現在から近い将来までのニーズとウォンツを把握している。(マーケティングリサーチ力)

対象顧客が必要としている商品、欲しいと思っている商品は、今のままであるとは限りません。時代とともに趣向はだんだん変わってきます。また、イノベーションなどでライフスタイルそのものが大きく変化する場合もあります。

「その変化に気がつけなかった。」「今はなんとかなっているから放置で良い。」と思っていた人々が、今になって頭を悩ませています。これは、企業のコンサルティングを行っているので、直に感じています。完全に一歩を踏み出すタイミングが遅かったことが原因で、今の業務に慣れきってしまっているからです。変化に適応することができない企業体質になってしまっていることが多いんです。

結果、実は現在提供している商品は、対象顧客が過去に求めていたものになっていることもあり、これをベースに通販や販路拡大を図っても、小さくしか売ることができません。

自社内の情報や自分に都合の良い情報を集めるだけではなく、自社では得ることができなかった対象市場の今現在のニーズとウォンツ、そして傾向を読むことで、近い将来まで通用するビジネス作りに役立てることが重要です。

得られた情報を元にビジネスを再構築することができる。(改善能力1)

情報は収集しただけでは意味がありません。その情報は、ビジネスの改善に役立てなければなりません。

古くから経営を行っている企業は、変わらないことを美徳としている傾向にありますが、全く変化のないビジネスが未来永劫通用するのは、ほぼありえない話です。

22年前。地下鉄サリン事件がありました。携帯電話はムーバの時代です。今現在は、パソコンの性能を持った情報端末であるスマホが普及しています。外で、情報をリアルタイムに獲得することができるなんて当時は考えることができなかったでしょう。

地下鉄サリン事件が、ついこの間のように感じれる方もいらっしゃると思います。そこからあなたのビジネスはどのくらいの変化がありましたか?この変化が集客力に大きく影響することになります。

対象顧客にビジネスの魅力を伝える方法を既に持っている。もしくはこれから集客のプロセスを構築することができる。(集客手段の確保)

情報発信を行う重要性は、ほぼ全員の経営者が納得するところだと思います。しかし、大きな問題はその手段です。

メールもDMも出すことができないとなれば、すぐに情報を伝えることができません。顧客リストを集めていない、もしくは何の活用もしていない企業は未だに多いです。そのため、何のコミュニケーション手段を持っておらず、集客にお金も時間もかかってしまうことになります。

集客力を高めるためには、対象顧客に情報が伝わる情報発信の手段の確保が必要です。持っていない人は、その手段を構築する必要性があります。

集客を成功に導くための必要な知識と48の集客施策

顧客から得られた更なる情報を収集し、ビジネスの改善に役立てることができる。(改善能力2)

商品が売れ始めると、自社に情報が集まってきます。もちろん、この段階で、情報を把握することができないのは問題です。ITを導入して情報分析ができる環境にしなければなりません。

自社にストックされた情報を分析し、次のビジネスの改善を行うことができる体制にできているかも集客力の差になりやすいです。

過去の時代には、モノやサービスが足りなかったので、経営資源は、ヒト・モノ・カネだけで十分だった時代がありました。しかし、現在は、モノやサービスがありふれている時代です。的確に現状を把握する情報収集能力、時代の変化に即対応する頃ができるスピード感覚、環境への配慮が求められており、経営資源は、ヒト・モノ・カネ・情報・時間・環境の6つと複雑化しています。

集客力に差をつける。具体的な集客力のアップ方法

集客力で差をつけるには、環境に対応できる経営体質を作ることと的確な判断が鍵になります。

「どの集客方法がいいらしい」から聞いた情報をデタラメに信用し、無計画に行っていては、集客に繋がりません。

その集客方法の中で自社の戦略に適している方法がどれなのかを判断し、試用し、得られた情報から可能な限り素早い判断を行うことが集客力となります。

1.「どんなビジネスなのか?」女子高生の会話に出ても違和感のないくらい短く伝える。

噂する人々

集客力の最も判り易いパロメーターが、口コミで購入に至っている割合です。自分のビジネスが顧客に紹介されていればされているほど、魅力が伝わっていることになります。

通常の会話で考えていただきたいのですが、「あそこは、〇〇なんだよね〜」と一言で説明がつくビジネスと「あそこは、〇〇で△△の部分を改善し、全体的に□□なんだよね〜」と複数の事柄を説明しないとわからないビジネスでは、伝わり方も違いますし、きっと話された相手も理解に時間がかかります。

そこで、自分のビジネスは、一言で言うとどんなビジネスなのかを伝えてあげることが効果的と言えるでしょう。

集客を成功に導くキーワードはコンセプト!空想にしないコンセプトの作り方と施策を構築するロジック

2. 外部の情報が手に入る環境を手に入れる。

アグレッシブに動く経営者は、情報の収集にも余念がありません。業界の雑誌やその道の第一人者の著書には最低限目を通している傾向にあります。

これは激変していく外部の環境に対応するには重要なことです。

ただし、情報の収集方法は多様化しています。キュレーションサイトなどは、他者の情報を書き直した二次情報である上に、専門家の知見で書かれたわけではない内容であることが多いです。そのため、収集する情報源は、信頼できるものまでそぎ落とす必要性があります。

また、経営者一人だけが情報を新しいものにしても意味がありません。社内勉強会を行い、従業員の情報レベルも高める必要性があります。

3. こだわりや創業からの想いで差別化する。

集客のコンサルティングの場で、よく私が話すのは、「技術での差別化は、今の時代はすぐに真似される。」ということです。当然、ライバルもあなた同様のプロですから、特許で守られていない限り、すぐに真似をしようとします。全員が、特許で守らなければならないほど開発費をかけているビジネスを行っている方ではありませんよね。飲食店の料理なんかは、その際たるものです。

一貫性のあるこだわりや想いが反映しているビジネスは、顧客満足度(CS)を高めます。

4. 外部の人間だけではなく、社内で腹を割った会話ができる体制を作る。

経営者によるトップダウンの体制は、経営者が顧客のニーズとウォンツを捉えることに長けていれば良いのですが、度々脱線することもあります。その場合、軌道修正を行う必要があります。

外部から専門家を呼ぶ手段も有効ですが、専門家はそのビジネスの内部事情を的確に把握しているわけではありません。その部分では社内の従業員には敵いません。

経営者が有無を言わさない体制にするよりも、従業員が意見を言える風通しの良い社内風土にすることも、魅力的な商品作りやサービスの提供につながりますので、集客力のアップにつながることです。

5. 顧客リストを構築する。そして、適切な方法でマーケティングに利用する。

データ分析

保有している顧客リスト数は、その企業の強さを表します。顧客リストを収集し、適切な形でマーケティングに活用することで、対象顧客に情報を伝達する手段の構築につながります。

再購入率の向上、安定を計測する経営指標であるLTVの向上につながることから、集客の施策では外すことができないことです。

6. ITによる顧客管理の仕組みを導入する。

パソコンを見る猫

手動による顧客管理は、一人一人の現状をすぐに把握することには向いてはいません。

最終購入日、購入頻度、購入金額の3つの観点から顧客を分類し、マーケティング活用を行うRFM分析を行うことで、客離れの対策やランク分けによるサービス強化を行うことができますが、これはITを導入してはじめて行うことができます。

IT導入補助金を活用することで、導入にかかる初期費用と1年間の利用料金が補助されます。ただし、端末の料金は補助の対象外になりますので、注意が必要です。

7.使っている広告の効果測定を行う。

集客は、対象顧客に情報が伝達している状態が大前提になります。そのため、情報が届かない、全く誰にも情報が閲覧されていない状態になっている広告をそのままにすると費用対効果が悪化します。

顧客獲得単価(=獲得した顧客数/その広告に投資した金額)があまりにも高い広告は撤退もしくは内容面の見直しが必要になります。

ただし、看板などの路面広告や交通広告の効果測定は困難であるため、一概に広告費が高くかかっているからといって、広告の出稿をやめるのは良い判断ではありません。問診票やアンケートを定期的に実施し、"その広告でしっかり集客ができているのか?"を認識することが集客力の向上に繋がります。

8.ホームページの内容を見直す。

今現在のホームページの主流は、ブログをホームページに組み込み役に立つ情報の提供を行うコンテンツマーケティングやスマホ対策を万全にすることばかりがテーマに上がりがちですが、ホームページはそのビジネスの玄関です。これが大前提です。

今の時代は、そのビジネスについて興味を持った時点で、インターネットでそのビジネス名を検索します。そのため、この時点でホームページの閲覧が困難であったり、自社の商品や提供サービスの強みがわかりづらかった場合は、選択肢から外れてしまいます。

相談を受けるホームページは、内容面で不足している場合がほとんどです。

相談企業の経営者にヒアリングをしてみると、そのホームページの作り手が100%悪いわけではなく、その企業が情報発信について甘い認識を持っていることが多く、これが直接的な原因だと判断しています。

発信する情報は、収集しなければ存在しません。情報収集を怠ることは、集客力を弱めてしまうことに直接つながりますので、要注意です。

ホームページの見直しを行い、集客力の向上を行いたい人は、集客用WordPress個別指導コースを検討ください。

9. 顧客を選ぶ。

店舗の場合、新規顧客を集客するのにクーポンの配布や試用プランを出すのが一般的ですが、広告チャネルによっては、このクーポンを目的にしている閲覧者も多いです。

例えば、この広告で50人の集客に成功した場合、次回は通常プランで集客をしようとします。ところが、誰一人再来店することがありませんでしたなんて、ざらです。

これは、割引・値引きハンターを対象にしてしまっているため、割引や値引きでしか集客ができないからです。

この層を対象にすると、販売促進費ばかりが高くかかってしまうため、体力の消耗戦を余儀なくされます。

同様に、値引き交渉を複数回行う顧客などは、良い顧客とは言えません。

良い客を選定し、えこひいきすることで、売上アップに繋がったケースもあります。(これは、居酒屋では基本的な集客向上戦略です。)

ここから集客力を向上させるためには、顧客にマーキングを行うことも重要になってきます。タブレットPOSや顧客管理システムを導入しましょう。

タブレットはインターネット上のアプリと連動できるので便利です。

10.価格面を見直す。

マーケティングの戦略において、価格の決定も重要な要素です。これは注意なのですが、値引きしろと行っているわけではありません。収益を上げる仕組みを見直そうと言っているわけです。

例えば、サービスの有用性があることはわかっているけれども、なかなか認知されていないサービスがあったとします。この場合、最初からサービスの高額プランを販売するのではなく、このサービスを試用してもらって、有用性を十分に理解してもらうことが重要になります。初期プラン、中位プラン、高額プラン、最高ランクプランなどプラン分けを行います。(詳しくは、顧客単価を向上させるヒント「フレーミング効果」とは?)

また、自動車の購入も本来ならば高額でなかなか手が出ないものです。5年間のリースにより支払額を抑えるプランが現在では普及しています。(それでも苦戦しているようですが)

集客力の向上は、集客したい人々のお財布の状態も考慮して、申し込みやすい仕組みを考え、スピーディーに実行することでも行うことができます。

11.集客コンサルのサポートを受ける。

宣伝したいわけではありませんが、やはり知識の乏しい分野でうまくいくということは並大抵のことではありません。

社内に専門家がいれば良いのですが、パソコンができることと情報発信ができることは全くの別スキルです。

パソコンができるからと言って、集客を押し付けられた従業員は、頭を悩ませる一方ですし、そのような環境では人も定着しないと思います。

その分野の集客に詳しい専門家を参謀に雇った方が手っ取り早いです。

まとめ

集客力アップにはさまざまな考え方がありますが、やはり体質によるところが多いです。経営者が営業のことを把握していないということもあり、何が悪いのかは明らかです。また、集客の手法ばかり探すのは、結局その方法も「良い」ことが広がれば、その手法内での競争が激化します。その時に、対処できなければ、多大な集客の減少が待っています。これで倒産する企業もあります。

得られた情報の共有を社内で活発に行える環境も必須だと思いますし、問題が発生した場合に柔軟な対応策が出せるのかが大切ですよね。

最後にスポーツに例えて考えてみましょう。サッカーを行った場合、日頃からトレーニングを欠かさず行っている人と運動不足でカラダ作りを怠っている人とではどちらがサッカーの試合で活躍するでしょうか?当然トレーニングを欠かさず行っている人です。

今後の競争に勝ち残るためには、勝てるカラダ作り(集客の施策が実行できる体制作り)を行うことが鍵になります。この勝てるカラダ作りこそが集客力アップになります。

集客のお医者さんについて知りたい!

小形
自分だけで集客の対策をするのに無理があると感じている、集客の参謀的存在が欲しいと思っている方は、上記のボタンをクリックしてください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.