ブログ集客とは?ブログ選びから難易度を下げるためのポイントも紹介

ブログ集客とは、文字通りブログを使って自社の商品やサービスを売るために集客をすることです。

ブログに限らず、オウンドメディアも非常に増えたことで、SEOが難しくなった印象があります。しかし、情報の鮮度が高く、ブログが特化したコンテンツであれば、評価する仕組みになっており、要点さえ押さえれば、今からでもブログ集客は十分に可能です。

目次

ブログ集客の仕組みとは?

ブログ集客では、基本的な集客源として考えるのは、検索エンジンです。YMYLが深く関わる医療、美容、資金運用の分野では、SNSを重視することがあります。

Googleであれば、Googleユーザーの検索意図に合致したブログの記事を書きます。その中で、自社の商品やサービスの有用性がブログ訪問者にわかるようにコンテンツを構成します。

結果として、現在抱えている問題解決に、その商品やサービスが必要であることが伝わり、CTAから商品やサービスの紹介ページを閲覧し、資料請求や購入に結びつくことがブログ集客の基本的な仕組みです。

そのため、ブログ集客には基本的に以下のことが求められます。

  1. SEOに万全の対策ができること。
  2. 読みやすいデザインのブログを書くことができること。
  3. CTAの表示などマーケティングに必要な機能は追加できること。
  • CTAとは、特定の行動を促すために使われるポップアップやボタンのこと。

集客に強いブログはどれなのか?

SEOに強く、自由度の高い環境を用意できるのは、独自ドメインで運用することができるブログはWordPressです。ただし、WordPressは初期設定の状態では非常に使いづらく、表示速度もはやくはありません。

そのため、レンタルサーバーとWordPressテーマを選定が重要です。この2つを選び間違えると、ブログ集客の難易度が上がります。

レンタルサーバー

レンタルサーバーとは、ブログのデータを格納する格納庫です。URLを通してデータをリクエストすることでブログが表示されます。レンタルサーバーで重要なポイントは以下の2つです。

  • 設定が簡単であること。
  • KUSANAGIが採用されていること。

設定が上級者向けのmixhostは、最初に契約するレンタルサーバーとしては向いていません。WordPressの設定を簡単に行える、ドメインメールの設定も簡単に行える、PHPのバージョン変更などの後から設定を変更しなければならない項目もわかりやすいなどは、初心者には必要な項目です。

また、CMSが高速で動作することも求められます。見分けるヒントとしては、KUSANAGIを導入しているかです。KUSANAGIとは世界中で導入されているCMSを高速化するプログラムのことです。

これらの観点で考えた時には、導入の相談窓口もあり、使いやすいUIのエックスサーバーが一択になります。

WordPressテーマ

WordPressテーマとは、デザインのみを決めるファイルだと思われていますが、それだけではなく、出力するデータを決めるファイルです。そのため、WordPressテーマの中には、必要以上にファイルを出力するものがあり、それを選択すると、表示が安定せず、表示速度も遅くなります。

ポイントとしては、初期の状態でCWV(コアウェブバイタル)のスコアが良好なものを選択することで、実はこれだけ条件にしてもWordPressテーマは絞られてきます。

SWELLは、使いやすいブロックエディタ、優れたデザイン性、そして、CWVのスコア改善を考慮に入れているWordPressテーマです。このメディアも長い間別のWordPressテーマを活用していましたが、SWELLに変更しました。読みやすいデザインになったこともありますし、CTAの設置の自由度も増しました。

PageSpeedInsightsでは、携帯電話環境では93、パソコン環境では99のスコアでした。このスコアリングは、特にSEOでは、テキストが長文化し、巨大化しているコンテンツの表示の安定性に影響してきます。

現段階では、WordPressテーマもSWELL一択で良いのではないかと思います。

noteやアメブロではブログ集客ができないのか?

noteやアメブロでは、共有ドメインが使われています。Googleでは多様性を重視する表示条件になっています。

簡単に言えば、1つのキーワードでnoteやアメブロでは、それぞれのサービスの全ブロガーの中から1ページのみが検索エンジンに登録されます。

ただし、アメブロではAmeba占い館SATORIがある影響で、占い師のブログが集中しており、ameblo.jpのドメインが占いに非常に強いです。そのため、占い師のブログ集客は、アメブロでも良いことがあります。

noteに関しては、有料ページを実装できる関係上、情報商材の販売方法として活用されているケースが多いです。

何でもかんでもアメブロをセミナーで勧めるコンサルタントは、単純にウェブマーケティングができないだけであり、セミナー参加者も情報弱者である主婦が多めなので、真に受けるとかなり危険ですね。

結局、勉強もせずによくわかっていない人を相手にしているだけなので、必ず、ブログ集客をする時は、WordPressに慣れてください。

ブログ集客が難しい業種とは?

ブログ集客は、検索してきた人に売りたい商品の魅力を伝える仕組みなので、ほとんどの業種で有効です。

ただし、ルール上集客が難しい業種があります。

  • YMYLアップデートが適用されている業種
  • 広告表示ルールが頻繁に変更になる業種

YMYLアップデートが適用されている業種

YMYLとは、Your Money Your Lifeの頭文字をとったアップデートのことで、金銭や健康に重大な影響が強いジャンルの検索のアルゴリズムは、より発信者の専門性、権威性、信頼性が高いものが優先的に表示されるとしたものです。

例えば、医学関係、保険関係、法律関係の記事では、しっかりした情報機関や執筆者の情報を優先的に表示します。評価の基準も肩書きでは何とも言えてしまうため、医療関係の団体や機関からの被リンクであることが多いです。

そのため、一般の人がYMYLアップデートが適用されているジャンルでブログ集客することは、かなり難易度が高いです。

広告表示ルールが頻繁に変更になる業界

YMYLにも関係していますが、健康サプリのような薬機法が影響するような業界も積み上げた記事の内容を頻繁に変更しなければなりませんので、ブログ集客には向いていません。

ブログ集客を成功させるためのブログ構築の方法

STEP
テーマを決める。

ブログ集客を行う時には、いわゆるテーマを決めずに書く雑記は成功しません。GoogleやYahoo!で上位表示するためには、特定の分野に絞り込んだ専門的なブログである必要があるからです。

テーマは自分が販売したい商品やサービスと関連性が強いものを選択します。

注意点

特にクリニックでは、ホームページと同じドメインにWordPressを設置し、スタッフブログを運用しているケースがあります。

これは、クリニックホームページに対して、非YMYLのスタッフコンテンツを足していることにもなり、順位を下げる要因になります。

STEP
キーワードを選定する。

記事を書く前に、キーワードを選定します。キーワードの想起方法は、GoogleサジェストやSEOツールの関連キーワードや類似キーワードを活用します。記事を書く前に主軸になるキーワードはエクセルなどにまとめておきます。

STEP
カテゴリーを決める。

ブログのカテゴリーを決定します。大きな分類では、多くても5つくらいにまとめて、それ以上増やす場合は、関連性の強いカテゴリーの子カテゴリーに指定します。

STEP
ブログの記事を作成する。

ブログの記事を作成します。ユーザーの検索意図を反映させた記事を書くことを心がけ、SEOで自然流入が獲得できる記事にすることを意識します。ただ書くことを意識するのはやめましょう。

STEP
順位を計測し、記事の内容をリライトする。

検索順位チェックツールを活用し、選定したキーワードに対してのブログの検索エンジンの掲載順位の推移を計測します。検索意図は、徐々に変化していき、過去に書いた記事が意図を反映しなくなることはあり得ます。

順位が思わしくなかったり、下落したタイミングで内容をリライト(書き直し)し、掲載順位の向上を目指します。

STEP
被リンクを獲得する。

現在のSEOはコンテンツ重視と言われていますが、被リンクがなければ上位表示させることはほぼ不可能です。

大手メディアが記事を書くたびに、いきなり上位表示することが多いのは、被リンクをすでにたくさん獲得しているメディアの記事だからと言えます。

この被リンクは質が高く、専門的なリンクほど価値があります。事実、大学のWebサイトからリンクが一個設置されただけで、平均順位が急激に上がったブログも存在します。

なお、ブログ集客では、ノウハウ系のテーマであればTwitter検索を、ライフハック系のテーマであればInstagram検索がされる可能性があります。そのため、SNSの運用を併せて実施することが効果的です。

ブログ集客の手順1.テーマを決める。

SEOには、E-A-Tの考え方があります。E-A-Tとは、専門性、権威性、信頼性のことで、これらが明確なコンテンツほどGoogleから見て良質なコンテンツとされています。

例えば、資産運用に関するブログを書いたとします。資産運用には、株式運用、仮想通貨、FXなどがあり、さらに細分化されています。つまり、この内容では幅が広すぎるため、さらに絞り込んだブログに専門性で負けてしまう可能性があります。

テーマの絞り込みは可能な限り需要があるけれど、小さなもので考えた方がSEOで負けづらいブログを作成することができます。資産運用であれば、米国株など特定の銘柄に特化させます。

ブログ集客の手順2.キーワードを選定する。

次にキーワードを選定します。一番手っ取り早いキーワードの探し方は、競合サイト分析です。狙ったキーワードで上位表示しているブログが何のキーワードを選定しているのかを分析します。

SE Rankingの競合分析機能を利用することで、100位以内にランクインしているオーガニックキーワードを抽出することができます。ちなみにSE Rankingは無料トライアル期間があります。

\ 14日間の無料期間あり /

競合分析を選択し、分析したいブログのドメインを入力します。

オーガニックキーワードの詳細レポートを開くと、そのブログが何のキーワードを選定しているのかを分析することができます。

また、キーワードのGoogleサジェストを使い、関連語のヒントを獲得します。Googleサジェストは、GoogleChromeの検索で、キーワードを入力した時に関連語の候補が出てきます。

キーワードを選定するポイントとしては、月間検索ボリュームがある程度存在するキーワードを選定することが重要です。月間検索ボリュームとは、1ヶ月の検索回数の見積もりです。あまりにも検索回数が少なすぎるキーワードを狙っても仕方がありません。

そのため、キーワードを選定する段階では、月間検索ボリュームが、100〜1,000程度のスモールキーワードを中心に狙います。特に、「〇〇 おすすめ」などのキーワードは集客に結びつきやすいキーワードですので、落とさずに選定します。

検索ボリュームの調査は、Google広告のキーワードプランナーを活用して調べる方法が有名ですが、Google広告を出稿しないと詳細な数値が出力されません。そのため、SE Rankingやラッコキーワードの有料版で併せて調査します。

ブログ集客の手順3.カテゴリーを決める。

カテゴリーは、記事のグループを決めるものです。カテゴリーにテーマと関連性が薄いものが含まれていたり、あまりにも多かったりすると、そのブログのテーマが分かりづらいものになります。

そのため、テーマを決めた段階で、書く内容の大分類を決定してしまい、カテゴリーに登録します。

WordPressでのカテゴリーの設定は、投稿>カテゴリーで編集します。

カテゴリー編集のポイントは以下の通りです。綺麗に並べ替えをしたいときは、プラグイン「Category Order and Taxonomy Terms Order」を利用します。

名前:カテゴリー名を登録
スラッグ:カテゴリー名の英語名を登録
親カテゴリー:大分類をさらに分類するときに、大分類になるカテゴリーを指定する。

ブログ集客の手順4.ブログの記事を作成する。

STEP
何を目的にするのかを決める。

その記事を書く目的を設定します。

特定の商品の購入意欲を高めることがほとんどですが、その商品の魅力の中から何を中心に紹介するのかをあらかじめ決定しておかないと、記事の構成で困ってしまうことになります。

STEP
競合になるコンテンツの調査を行う。

現在のGoogle検索で上位表示されているコンテンツの傾向を調査します。特に見ておく必要があるのは、コンテンツの内容および文字数です。

コンテンツは、競合も関連語調査を行って編集している可能性があります。参考程度にみます。なぜならば、全く同じコンテンツの構成にしてしまうと、検索意図が変化したときに同時に下落してしまう可能性があるからです。あくまで、検索ユーザーに必要な情報を考える上での情報です。

文字数は全てではありませんが、上位表示されているコンテンツが、平均で5,000文字くらいのボリュームがあったときに、1,000文字で上位表示ができることは、情報不足の観点から考えづらいからです。同程度かそれ以上の文字数は必要と考えます。

STEP
根拠になる情報を収集する。

E-A-Tの観点から、信頼性の高い情報が引用されており、考察もズレがないものが上位表示されるブログ記事の前提になります。そのため、主張があるときには、それを裏付けるような情報を総務省などの省庁や専門のリサーチ会社が発表している統計を調べておきます。

なんのデータもないのに書き始めると、あやふやな表現が目立つ記事内容になってしまいます。

STEP
ブログタイトルを決める。

ブログタイトルは、SERPs(Googleで検索したときに表示される箇所)にも出力され、その記事の内容を示すものです。付け方を間違えると、検索順位がつかないばかりか、インデックスされません。

検索エンジンの利用用途は調べ物です。つまり、商品の詳細、特定のノウハウを調べる時に、商品名やノウハウ名を検索クエリとして入力しますので、当然タイトルにはキーワードが入っている必要性があります。

基本的な検索されやすいタイトルの原型は、「(キーワード名)とは?→コンテンツの内容に何が書いているのか紹介する」です。

STEP
コンテンツのフレームを決める。

分かりやすい記事の構成にはフレームがあります。代表例は、PREP法とSDS法です。どちらも信頼性の高い論文を書く時におなじみのフレームです。

PREP法とは、Point(結論)→Reason(理由)→Example(例)→Point(結論)で構成する方法です。
SDS法とは、Summary(要点)→Detail(詳細)→Summary(要点)で構成する方法です。

例えば、「WordPressテーマ おすすめ」のような記事を書く時は、例として具体的商品名を複数出すため、PREP法を意識して記事の構成を考えます。それに対して、特定の商品を紹介する記事を書く時は、SDS法を意識して記事を構成します。

記事は、最初に見出しを決定してしまってから書き始めると、内容にズレがないものになりますので、おすすめします。

STEP
ブログ記事を書く。

記事を書き出します。文章に関しては、分かりづらい表現や顧客になる人が使わない表現は回避します。実際あった例としては、メンテナンスをメインテナンスと書くことです。一般人は前者を使いますが、医療従事者は後者を使います。こういったことが積み重なると、一般人の自然流入が減っていきます。

特に重視して考えなければならないのは、リード文と結論の文章です。

リード文とは、ブログ記事の最初に記される文章のことで、ブログ記事を読むことで何が書いてあるのかを期待させる文章でもあります。リード文では、問題提起することがほとんどなのですが、これは検索エンジンから自然流入したユーザーの検索した動機が一致した時に、購読意欲を掻き立てるからです。

結論の文章は、問題解決する手段として、一番良い選択肢を専門家として伝える箇所です。この部分では、ブログ記事を読んでいる人に率直に何をするのが一番なのかを伝えます。

つまり、自社製品の特定の機能を使って解決ができるのであれば、率直に「この商品を買うのが一番良い選択肢です」と伝えるのが良いでしょう。

STEP
画像を差し込む。

最近では、データをグラフ化したり、インフォグラフィック化して掲載することがトレンドになってきています。

これは、テキストだらけのブログよりも読みやすくなる効果もありますが、画像検索や転載された時に被リンクの獲得が期待できます。

STEP
SEO SIMPLE PACKなどで、タイトル、ディスクリプションを入力する。

抜けがちなことに、ディスクリプションの設定があります。ディスクリプションとは、タイトルと同じようにSERPsに表示される詳細のことです。記載がなければ、自動出力になってしまうため、適切な内容をまとめて記載しておきましょう。

ブログ集客の手順5.順位を計測し、記事の内容をリライトする。

キーワード

最初から検索順位は良い結果になることはほとんどありません。そのため、記事の順位を計測し、リライトを繰り返して順位を上げていく必要性があります。

掲載順位の計測は、無料ツールでもその都度計測することが可能ですが、管理が大変です。そのため、通常は、GRC、SE Ranking、ノビリスタのような検索順位チェックツールを活用します。

30位以内の記事は、内容を書き換えるだけである程度まで順位が上がります。書き換える内容に関しては、関連語を調査したり、本来はその記事の内容で説明が必要だけれど、業界では当たり前すぎて説明をする必要がないと思っているものを書けば良いです。

ブログ集客の手順6.被リンクを獲得する。

今の時代は、Contents is Kingと呼ばれ、内容が非常に重視されています。しかし、Google検索をしてみると、内容が薄いと思われる記事でも上位に表示されていることがあります。

これは、検索エンジンのアルゴリズムが内容だけではなく、被リンクなどの外部要因もしっかり評価しているからです。

そもそも企業ドメインは、採用にWantedlyを使ったり、プレスリリースを行ったりしますので、サイテーションは一般のブログよりも多いですし、露出している分、被リンクも多くなります。そのため、企業のメディアの方が外部対策ができており、ブログが検索エンジンの順位で上位に表示されないことがあります。

SNSでブログを積極的に広報したり、dofollowになり得るブログ紹介サービスを使ったり、やることはたくさんあります。

集客できるブログにするためにカスタマイズが必要な箇所を紹介

ブログ集客をするためには、検索エンジンだけに評価されれば良いわけではありません。

プロフィールページを公開することで、情報発信者としての信憑性を持たせたり、成約を目的とした、商品やサービスページを用意します。また、ブログから商品ページに誘導する箇所がないと集客にはなりませんので、CTAの設置が必要になります。

プロフィールページを用意する。

ブログページにもWordPressのプロフィールウィジェットを利用することで、簡単なプロフィールは設置可能ですが、専門的なブログを書く上では、なぜ専門的で信憑性の高い情報を発信できるのかの根拠を示すページが欲しいです。

執筆者としての学歴、過去の実績、職歴などから専門家であることを自己紹介します。これによって、訪問者からはブログに書いてある情報を信用してもらいやすくなりますし、Googleには権威性があることを示すことができます。

WordPressでプロフィールページを作成する時は、固定ページで作成すれば良いでしょう。

商品ページを用意する。

販売を予定している商品・サービスの商品を用意します。例えば、集客コンサルティングのようなページです。これらのページの作成の目的は、販売はもちろん、見込み客を集めるためにメールマガジンやLINE公式アカウントに登録させることを目的にしています。

SWELLのランディングページ機能を使えば、企業サイトの商品ページの品質でページを作成することができます。

CTAを用意する。

CTAは、集客を目的にして作成した記事から商品ページに誘導する箇所です。CTAがある程度目立たなければ、商品ページの閲覧に至らず離脱してしまいます。

CTAは、PCから見た時と、スマホから見た時、どちらの画面でも考慮する必要性があります。

例えば、スマホから見た時は、ヘッダーやフッターに追従するバナーを設置することが該当します。上記の表示は、SWELLのデフォルトの機能で表示することが可能です。

また、スマホとパソコンどちらにも追従させるCTAを設置したい時は、Blog Floating Button For WPを使います。

記事下の部分にもCTAを設置することが一般的です。SWELLでは、外観>ウィジェット>CTAボックスから設置することが可能です。

CTAとは?

CTAとは、ある行動をするように促す仕組みのことを指します。例えば、特定の経過時間もしくはスクロールを実施するとポップアップしたりする仕組みが該当します。

例えば、メールアドレスのリスト取りを行うリードジェネレーションは、CTAを使って行います。

ブログ集客とSNS活用の応用方法とは?

ブログ集客は、SEOがすべてではありません。今の時代は、SNSと組み合わせた活用で実際の集客につなげることもできます。

ナノインフルエンサーマーケティングとブログ集客

ナノインフルエンサーとは一般人並のフォロワー数で小さな単位のコミュニティーの中心的な存在です。ナノインフルエンサーを体験会などに招待し、UGCを作ってもらうことで話題性を作る手法をナノインフルエンサーマーケティングと呼びます。

とある飲食店でコースの無料体験にナノインフルエンサーを招待します。この時に、募集ページにブログを活用します。ランディングページの準備には時間とコストがかかりますが、ブログはSNSでシェアされやすい募集ページを簡単に作成できるからです。応募者の中からナノインフルエンサーを選び、UGCを作成してもらうことで、飲食店の知名度向上と新規の顧客層取り込みが可能になりました。

ブログ集客の見込み客の集め方とは?

1.SEO(検索エンジン経由)

GoogleとYahoo!JAPANが主な集客源です。Yahoo!JAPANはGoogleの検索エンジンと同じ仕組みを採用しており、Googleの対策をすることが結果的に全体の最適化に繋がります。

コンテンツの作成方法については、「SEO重視の集客できるブログのコンテンツ(記事)の構築方法」のセクションで解説しています。

SEOというと、特定のキーワードで上位表示をさせることがゴールのように捉えられている方もいらっしゃいますが、これはあくまで目的を達成するための手段です。手段と目的を取り間違えると方向性を見失います。

また、集客手法ですから、集客見込みのないキーワードで上位表示させても全く意味がありません。そのため、検索ボリュームがあるキーワードのコンテンツを優先的に作成します。

直接のクライアントのことですので、特定を避けるために具体名は出しませんが、特定のジャンルの料理名を中心にSEOを行い、検索ボリュームが数千〜数万のキーワードで5位以内に表示させることに成功しています。ユニークユーザーは、試作開始前に比べて、2.8倍になりました。

2.SNS

運用されたSNSからの送客は、特に限定商品の紹介を実施した時に、購入可能性の高い見込み客を集めます。

Twitter、Facebook、Instagram、LINE公式アカウント(LINE@)などがありますが、経験上相性が一番良いのはTwitterです。Twitterは、最新の世の中の情報を収集することを目的にしているユーザーが多いです。また、拡散性がもっとも強く新規の見込み客まで情報がリーチしやすい特徴を持っています。

Twitterはユーザー数が多いから良いという意見もありますが、これに関しては否定的です。他のSNSの倍の4,500万人と言われていますが、複数アカウント運用の文化が唯一あるSNSですので、本当のユーザー数は他のSNSと同じ程度です。

また、TwitterやFacebookの評価は賛否両論ですが、権威性の高いインフルエンサーなどにシェアされることで獲得したソーシャルシグナルは、SEOに効果があるとされています。ただし、ソーシャルシグナルは、Googleのアルゴリズムではありませんので、具体的な仕組みは不明です。

3.リファラ(参照元)

リファラとは、そのページに訪れた際のリンク元のページのことを指します。例えば、とあるWebサイトAから流入した場合、リファラは、このAになります。

これに対して、リファラが存在しないことをノーリファラと呼びます。ノーリファラの場合はブックマークであることがほとんどです。

例えば、関連性の高い地域密着サイトや専門サイトにリンクを設置することで、この集客数は増加します。

また、E-A-Tを意識したコンテンツは、関連性の高いコンテンツを作成しているWebサイトやブログに自然にリンクが設置される場合があります。被リンクの獲得は、ブログのドメインパワーを高めます。その結果検索エンジンでの順位向上が見られるようになっていきます。

4.メールマガジン/Webプッシュ通知/RSS購読

新規のブログ記事を更新した時に、通知が届く仕組みのものがあります。
ここでは、メルマガも一色たんにしていますが、メルマガの中にもプラグインにより通知を届ける仕組みのものがあります。

Webプッシュ通知とは、Push7のように各コンテンツで定期購読を促し、新しいコンテンツの公開や任意のタイミングで購読を決定したデバイスあてに通知を表示する方法です。

RSS購読は、RSSフィードを利用し、更新のタイミングで記事を受け取ることができます。

基本的に、ブログの閲覧者側の登録のしやすさだけを考えるとWebプッシュ通知がもっとも手軽です。

しかし、ブログ集客だけがマーケティングの戦略ではありませんので、任意のタイミングでメールを配信できるメールマガジンを導入するのが良いでしょう。メールマガジンについては、「メール配信システムのおすすめは?プロが教えるメール配信システムの選び方」で解説しております。

ただし、メールアドレスを入力するのは抵抗感があり、登録するメリットが見えづらいと登録しませんので、ホワイトペーパーなどを用意するのが一般的です。

ブログ集客でよく出るキーワード

検索意図

検索の意図とは、狙うキーワードが検索される理由や背景を指します。

例えば、「根の治療」と検索された場合、訪問者は、歯の治療を行っており、その治療について深く知ろうと考えていると考えます。更に読み込めば、現在その治療を行っているけれども、検索してしまうほど、うまくいっていないのではないかと仮定することができます。

検索意図を読む方法として、実際に検索してみるという方法があります。そのキーワードで上位に表示されているコンテンツが実質の良質なコンテンツとして認められているからです。

そこをベースにして、キーワードに求められるニーズを想起します。それらをコンテンツとしてまとめることで、独自性を保ちます。

Googleアナリティクス/サーチコンソール

ブログ集客では、改善業務も重要です。書きっぱなしの状態にすると、うまくいかなかった時の原因が追求できません。そのため、データを収集できる状態にして、そのデータを活かして改善業務を行います。

グーグルアナリティクス

標準的なアクセス解析です。よく閲覧されているページや思うような結果に至っていないページをあぶり出すことで、どのページを改善するべきなのかを見つけることができます。

サーチコンソール

グーグルの検索でのページごとの表示回数、そのうちのクリック回数、平均順位などのデータを知ることができます。例えば、表示回数が多いのに、平均順位が低いキーワードでは上位を目指すことでたくさんの訪問者が来てくれるはずです。

ブログ集客でよくある質問

ブログ集客は、眉唾ものの間違った情報で溢れています。そのほとんどが現状とは乖離していますので、ここで解説します。

ブログは毎日書かなければならないのか?

ブログの更新を毎日行うことは、何度も顔をあわせることで親近感を得られるザイオンス効果からくることが理由でした。今の時代は、ツイッター、フェイスブック、LINE@、インスタグラム、メルマガとリアルタイムに気軽にコミュニケーションをとれる手段がたくさんあります。

そのため、わざわざブログを毎日活用する必要性は薄れていると思われます。

また、ブログ集客はコンテンツで集客します。つまり、記事数がある程度なければ集客できません。毎日ではなく、最初にできるだけ早くコンテンツを揃えるが正解だと思います。

ブログはアメブロなどの無料ブログからはじめるのが良いのか?

ブログ集客には無料のブログサービスを利用することは基本的にお勧めしません。

なぜならば、これらのブログサービスは、自社の広告宣伝のために無料で記事作成権限を貸し出しているだけであり、運営ポリシーにあわないブログ運営は許可していないからです。

数々のブログサービスのブログ集客術の書籍が販売されていますが、それらの書籍の著者のブログが削除されるというブラックジョークのような現実が多々起こっています。つまり、そのような活用方法は運営側は全否定はしないけれど良くは思っていないということになります。

ブログ集客を行いたいと思っているのでしたら、WordPressのようなCMSを活用することを助言します。
お店ブログにアメブロは選ぶな!独自ドメインブログが良い理由

まとめ | ブログ集客で成功するためには?

ブログ集客は、検索エンジンユーザーの問題解決方法を提示し、自社の商品やサービスを紹介するある種のコンサルティング営業のオンライン版です。

ブログ集客を行うためには、まず検索意図に合致した記事を書き、SEOで上位表示ができなければなりません。そのためには、ブログの環境選びも重要になっていて、KUSANAGIが動作しているエックスサーバーとSWELLの組み合わせが私が試した中では最も良い選択肢です。

また、ブログは何を書いても良いわけではなく、商品やサービスを必要とするユーザーが検索する可能性が高いテーマを選択し、キーワードの選定もとても重要です。それだけではなく、コンテンツを管理して、良質なコンテンツに仕上げることで、集客力のあるページを用意することができます。ブログの構築方法のポイントも紹介しています。

特に主要キーワードでは、リライトを繰り返していき、明確な問題解決策を提示するような親切な記事内容にすることで、ブログ集客の精度が向上します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる