営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

ブログ集客

ブログ集客の手順や成功のコツを大公開

投稿日:2017年3月14日 更新日:

ブログ集客に注目している事業者は少なくないと思います。しかし、巷で言われているほどブログ集客を過信するのは危険だと考えます。

なお、ここでのブログ集客は、特定の自社ビジネスの販売促進を目的にしたブログを使った集客活動を指します。PV重視の広告モデルのブログ集客とは別物ですので、ご了承ください。

なお、通常のブログ以外の集客については以下の記事にまとめています。
集客を成功に導くための必要な知識と48の集客施策

こんな人はおすすめ

ブログを開設して、1年以上経つが一向に求める成果が得られていない人
ブログ集客の本や集客系のブログを読みあさってるんだけれど、自分が何をやればよいのかさっぱりわからない人
サービス業の人々(ブログ集客が今後必要になる業種の経営者および広報担当者)

ブログ集客とは?

ブログ集客とは、ブログを使ってコンテンツを発信することで、見込み客の獲得、お問い合わせの増加、資料請求の増加、予約の増加を目的にした集客活動を意味します。主にSEOによって、見込客を自身のブログに集め、そこに行動を促すことで、目的を達成します。

アクセス数を増やすことは重要なことですが、ブログ集客ではここが目的ではありません。アクセス数を重視したブログ集客法は、あくまで広告収入の表示ありきです。目的が完全に違っていますので、求める集客には結び付くとは限りません。

イメージとしては、サービスや商品に関連性のある情報をブログで発信します。見込み客側は、自身の抱える欲求・願望・解決したい悩み(〜したい)を満たすために、検索を行います。その結果、ブログの記事を発見し、興味を持ったら、問い合わせ、資料請求、試供品の注文などを行います。

ブログ集客の仕組みはどうなっているのか?

ブログに記事を掲載します。インターネット上には、その情報を欲している無数の人々が存在し、検索エンジン(主にGoogle、Yahoo!JAPAN)やSNS(ツイッターやはてなブックマーク)を通してその情報を収集します。

そこで、情報を収集する側が求めるものと情報を発信する側が提供するものがマッチしていれば、メルマガへの登録/資料の請求/お問い合わせなどを行います。

安定した集客は、検索エンジン経由になることが多く、ブログ集客には少なくともSEO(検索エンジン対策)の知識が最低限必要になります。

メールセミナーなどのコンテンツをブログに併用するのは、1度訪問した見込み客が再度ブログに来訪するとは限らないためです。また、これらに登録する人々は潜在的にはニーズを抱えている可能性が高く、教育することで顧客化することが見込めるためです。

ブログ集客は、トライアンドエラーの繰り返しですので、そう簡単には成果は出ません。そのため、今すぐ顧客が欲しいという事業者の集客方法ではなく、長期的に安定して顧客を獲得していきたいと思っている事業者の集客方法です。

検索エンジン経由 SNS経由
成果 キーワードに対する目的の順位にするのには時間がかかる。そのため、成果が発生するまで時間がかかるし、上位表示されるとは限らないし、上位表示しても集客につながらないリスクもある。その代わり、成果が発生すればある程度の期間は安定する。 即時情報が拡散されるため、すぐに訪問者が増加する。しかし、訪問者=見込み客とも限らず、訪問が増加するのはせいぜい1日程度。
見込み客 自分からキーワードを入力しているため、見込み客である可能性が高い。 SNSを見たときに、偶然みかけたため、潜在的にはニーズを抱えているけれども、今すぐに解決したいとは思っていない傾向にある。

ブログ集客が向いている業種とは?

ブログ集客は、基本的にどの業種にもマッチしますが、集客に強いブログを作成するのには、時間と知識が必要になります。そのため、日頃から忙しい飲食店の場合は、LINE@やSNSを使った集客を優先した方が結果が出やすいです。

ビジュアルで価値を表現できない無形財の商品を扱う企業、なかなか価値が理解されづらい商品を扱う企業には、特にブログ集客はおすすめです。

美容室 整体院 雑貨屋 士業 コンサルタント 医院 歯科医院 設備 など

ブログ集客に必要なマインドは?

献身的であること

SEOで言えることなのですが、結局上位に表示されるのは、そのキーワードを検索する人が抱える問題を一番の解決策になる得るコンテンツです。そのため、自分の商品をPRするためだけにブログ集客をはじめると検索エンジンからの流入がなかなか伸びません。

見込客から問題解決に役に立った評価がされるような記事作りを行いましょう。

諦めないこと

現在弊社に依頼しているクライアントもそうなのですが、同業他社と熾烈な検索順位競争を行なっております。もうちょっと頑張れば、多くの見込み客が流入するキーワードの1位を獲得できる可能性がある場合は、諦めずに対策します。

成果作りを楽しむこと

ブログ集客は早々簡単には成果が出ません。これだけプロのライターが参入し、求められる技術も増えているわけですから当然といえば当然です。「あー、成果が出ない。」のではなく、「俺のこのブログを見れば、誰もが満足するものを作ってやる!」のようにブログを育成すること自体を楽しみにしていくと継続しやすいと思います。ある意味、ブログ集客は、プラモデル作りと共通するところがあります。

早期の成果を求めるのであれば、広告を活用するべきです。

ブログ集客に必要な力とは?

キーワードの意図を読む力

ブログ集客の主な流入源は、検索エンジンであり、SEOを行うことがブログ集客の近道であることは間違いありません。近年のSEOでは良質なコンテンツを作ることが重要であることが述べられています。

この良質なコンテンツとは、誰にとっての良質なコンテンツであるのかを考えれば作れるはずです。Googleにとっての良質なコンテンツではなく、そのキーワードを検索した人にとって、求める答えであることが良質の尺度になります。そのため、キーワードに込められている意図(なぜ、そのキーワードで検索したのか?)を読む力がブログ集客では求められます。

ライティング技術

伝えたいことを自分の言葉で文章化する技術がなければ、ブログの記事を書くことができません。

よく勘違いをされることなのだが、長く文章を書く技術ではありません。物事を解説するのに、必要のない文章を差し込んでは、訪問者のためではなくなってしまいます。

論理的思考

論理的とは、段階的に筋道を立てて考える様のことを言います。有名な話で言えば、「風吹けば桶屋が儲かる」ということがあります。なぜ儲かるのかをいうことの筋道がなければ、何の話なのかがわかりません。キーワードを検索した人の意図に沿う答えを提供し、それがなぜなのかを論理的に解説することがブログ集客で優良な見込み客を集めるコツになります。

ブログ集客の流れ

基本的にどのCMSでも良いと思っているのですが、対応しているデザイン会社が多い点で今回はWordPressを採用します。

計画を作る。

ブログ集客は、やっている最中に考えるものだと思われがちですが、方向性を見失うためこれでは失敗します。集めたい見込み客(群)、ブログのテーマ、具体的な目的設定、目標設定、採用する仕組み、狙うキーワード、記事タイトル、コンテンツ(内容)の概要を決めてからスタートします。

ブログ集客を始める前に必ず計画しておきたい11項目

ブログの開設/設定を行う。

ブログ集客に使うブログの開設を行います。ブログ集客に現在のところもっとも向いているのが、WordPressです。

レンタルサーバーにWordPressを設定し、セキュリティー/SEO設定/表示速度/操作性改善/画像軽量化のプラグインをインストールして設定します。

スマートフォンの表示対策を行う。

スマートフォンで表示されるケースが増加したのですから、スマートフォンでの表示もブログ集客の改善には重要な要素です。通称ハンバーガーメニューと言われる右上の三本線のアコーディオンメニューは、開かれる割合がとても少なく、誘導になりません。

そのため、フッター部分にメニューを表示するなどの対策が最低限必要です。

テンプレートは表示速度が速いものを使う。

全員ではありませんが、もう6割以上がスマホから閲覧しています。スマホもwifiを使って閲覧していればよいのですが、外出中の閲覧は携帯電話の電波を利用します。そのため、回線速度が若干遅く、表示速度に関係してきます。表示速度が遅れると、ページビューと成約率が低下します。

PageSpeedInsightsを活用し、自分のブログがどの程度の表示速度なのかをチェックしましょう。また、実際にスマホの電波を利用して、ブログをチェックする方法をグーグルはオンラインスクールで推奨しています。

記事の執筆を行う。

記事の執筆で重要なことを説明します。
なお、記事はグーグルが定める良質なコンテンツでなければならないとされていますが、結局のところ、検索においての良質さは、見込み客の抱える問題を十分に解決しているかであり、当たり前のことしか指摘されていません。→良質なサイトとは?/Googleの見解から考える10個の条件

検索意図を読む。

検索の意図とは、狙うキーワードが検索される理由や背景を指します。例えば、「根の治療」と検索された場合、訪問者は、歯の治療を行っており、その治療について深く知ろうと考えていると考えます。更に読み込めば、現在その治療を行っているけれども、検索してしまうほど、うまくいっていないのではないかと仮定することができます。

検索意図を読む方法として、実際に検索してみるという方法があります。そのキーワードで上位に表示されているコンテンツが求められているコンテンツと判断されていることになります。どのような内容で、どのような論理で説明しているのかを解析し、自身のコンテンツに活かします。

記事タイトルをつける。

ブログ集客で重要な項目の一つが記事タイトルです。

Google側に書き換えられることもありますが、ブログの記事タイトルは、検索に表示されるタイトルになります。このタイトルで、求める情報が期待できそうなものをクリックして閲覧を始めます。何について書いているのかを明確にしたタイトル付けを行うことが重要です。検索エンジンを意識してコンテンツを作成した場合は、キーワードについて書いていることを明確にしたタイトルをつけてあげることがタイトル付けのコツになります。

コンテンツを作る。

ブログ集客では、いかに良質な見込み客を集めることができるかが重要になります。そのためには、見込み客が集まる見込みのキーワード選びから始まり、それらのキーワードで検索順位が優位にならなければなりません。

タイトルもさることながら、コンテンツも重要であることは皆さんもよく理解できていると思います。タイトルで煽るいわゆる釣り記事が上位表示されていれば、Googleの検索結果に不信感がわくはずです。まだまだ完全ではありませんが、そのような検索結果にならないように日々進化をしています。

コンテンツは、タイトルと整合性が取れる内容であること、その内容が論理的であること、読みやすいことが重要であり、見出しタグ(h2,h3,h4など)を効果的に使ったり、画像を差し込んだりしてあげると良いでしょう。

利用するビジュアルの確保。

文字だらけのブログは読みづらいですので、ビジュアル(画像)は用意しましょう。ぱくたそや写真ACを使えば、手に入ります。また、パワーポイントで作図して、それをスクリーンショットすれば、グラフなどの作図も簡単に行えます。

的確なカテゴリーを選ぶ。

特にWordPressなのですが、カテゴリーを未分類のままにしているようなことをしていませんか?カテゴリーは、明確に何に使われているのかは不明ですが、Google側に読み込まれている項目です。おそらく、記事の属性(どの分野の内容の記事なのか?)を判断する材料に使われていると思われ、的確なカテゴリー1〜2個を選択することが重要だと考えられます。

AMPで記事を配信するのか?

AMPとは、簡単に言えば表示速度を速めるための規格のことで、これを使うと表示速度が速くなり、スマホの検索上位のカルーセル枠に記事が出る場合があります。ただし、デザインなどで一部使えない表現があるため、サービスページへの誘導の方法を考え直す必要があります。

記事はパクっちゃダメ!

ブログを始めると、文章が書けないことを理由に記事のコピーをしたがるのですが、これは著作権違反の通報の対象になります。また、パクリ記事の集合体であるキュレーションサイトの問題で、今後は上位表示されない傾向になります。

SNSでシェアする。

被リンクの獲得にもつながる、はてなブックマークの活用は、ブログ集客では必須です。また、フェイスブックやツイッターでシェアを行います。ソーシャルシグナル獲得のために、記事をフェイスブック広告に出稿することは、SEOを主とするマーケティング会社では一般的に行われています。

アクセス解析/記事の順位を追う。

ブログ集客では、改善業務も重要です。書きっぱなしの状態にすると、うまくいかなかった時の原因が追求できません。そのため、データを収集できる状態にして、そのデータを活かして改善業務を行います。
WordPressを始めたら、同時に設定したい集客に必須な7つの無料サービス

グーグルアナリティクス

標準的なアクセス解析です。よく閲覧されているページや思うような結果に至っていないページをあぶり出すことで、どのページを改善するべきなのかを見つけることができます。

サーチコンソール

訪問を呼んでいるキーワード、グーグルの検索でのページごとの表示回数、そのうちのクリック回数、平均順位などのデータを知ることができます。例えば、表示回数が多いのに、平均順位が低いキーワードでは上位を目指すことでたくさんの訪問者が来てくれるはずです。

リライトを行う。

解析した結果、思うような結果に至っていないけれども、惜しいところにある記事もあることがわかります。その場合は、その記事を見直し、リライト(文章の書き直しおよび追記)を行うことで、コンテンツの品質を改善します。安定して1位に表示しているコンテンツも最低20回は書き直しています。

ブログ集客QandA

ブログ集客は、眉唾ものの間違った情報で溢れています。そのほとんどが現状とは乖離していますので、ここで解説します。

ブログは毎日書かなければならないのか?

ブログの更新を毎日行うことは、何度も顔をあわせることで親近感を得られるザイオンス効果からくることが理由でした。今の時代は、ツイッター、フェイスブック、LINE@、インスタグラム、メルマガとリアルタイムに気軽にコミュニケーションをとれる手段がたくさんあります。そのため、わざわざブログを毎日活用する必要性は薄れていると思われます。

また、記事の本数があった方が良いことは事実ではありますので、毎日更新するのではなく、最初は集中的に記事の追加を行い、後に無理のないペースで記事を追加およびリライト(以前書いた記事の書き直し)を行うことがベストになります。

ブログはアメブロなどの無料ブログからはじめるのが良いのか?

ブログ集客には無料のブログサービスを利用することは基本的にお勧めしません。

なぜならば、これらのブログサービスは、自社の広告宣伝のために無料で記事作成権限を貸し出しているだけであり、運営ポリシーにあわないブログ運営は許可していないからです。

数々のブログサービスのブログ集客術の書籍が販売されていますが、それらの書籍の著者のブログが削除されるというブラックジョークのような現実が多々起こっています。つまり、そのような活用方法は運営側は全否定はしないけれど良くは思っていないということになります。

ブログ集客を行いたいと思っているのでしたら、WordPressのようなCMSを活用することを助言します。
お店ブログにアメブロは選ぶな!独自ドメインブログが良い理由

情報発信はなんでも良い?

まだ取り上げていないアメブロを活用しない方が良い理由に、悪影響を受けるからというものがあります。アメブロを活用していると、どうしても他のアメブロの活用を気にします。

著名人と2ショットでピースを書いたり、自分の思想やどことなくキラキラしていることを書いてみたりと、他人のふんどしを借りたり、見込み客の集客を意識していない情報が目立つことに気がつきます。

みなさんが情報を検索する時に、どのような情報が欲しいのかを考えてみましょう。

影響力の向上とかブランディングはできますか?

影響力やブランディングといったものは簡単に使われる傾向がありますが、どちらもあやふやなものです。ましてや、ブログ集客という以上、成約数に目標を設定するべきですね。

ちょっと毒づいて見ますが、たまにカフェでブログの影響力について熱弁をしている集団を見かける時があります。自分で影響力を求める空気を出してしまっている人に影響力って備わるものなんでしょうか?

メルマガもやっています。よかったら、ご登録よろしくお願いします。

【無料】マーケティングメルマガ

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-ブログ集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.