検索順位チェックツールのおすすめは?コスパ最高のクラウド型・DL型3選

検索順位チェックツール

ブログやメディア運営の重要な集客源は、SEOです。SEOでは、コンテンツが検索キーワードでGoogleやYahoo!検索で上位表示されることで露出を高め、自然流入を増やすことができます。

検索順位チェックツールはSEOにはなくてはならないものです。

公開したコンテンツの順位が何位なのかも気になることもありますが、作成したコンテンツが最初から良い順位になること自体が非常に珍しいことです。そのため、順位がついたら改善を繰り返し、検索順位を上げるのがSEOの施策であるからです。

この記事は、なぜ検索順位チェックツールが必要なのかを説明すると共に、検索順位をチェックするのに便利なSEOツールの紹介をしています。

目次

SEOでブログやメディアにアクセス数が増える仕組みとは?

まずは、SEOで集客をする仕組みについて紹介します。

検索エンジンでは、検索クエリ(キーワードのこと)ごとに、月ごとに何回検索されたのかがわかる検索ボリュームと呼ばれる指標があります。検索ボリュームが0の検索クエリでは、全く検索されていないため、上位表示したところで集客は全く見込めません。そのため、検索ボリュームの数値がついている検索クエリで上位表示しないと意味がありません。

また、検索順位は5位以内でなければ、CTR(クリック率)は、1%未満になってしまいます。そのため、作成したコンテンツの順位を計測し、最終的には、5位以内の順位まで上げることを意識しないと、十分なアクセス数の流入の期待ができません。

seoClarity
2021 CTR Research Study: The Largest Ever for SEO Using a vast dataset of 750+ billion impressions across 17+ billion unique keywords, we analyzed mobile CTR vs. desktop CTR, and CTR by industry, country, and s...

検索順位をチェックすることが重要な理由とは?

PDCA

コンテンツSEOでは、狙った検索クエリの検索意図を読み取ったコンテンツを作成します。そして、最初から良い順位が付くわけではありません。競合しているコンテンツの強さ、ドメインパワー、ブログやメディアのE-A-T(専門性、権威性、信頼性)の高さなどが影響して、順位が決定しています。

順位を上げていく上で、現状を把握することはとても重要です。そのため、現在の順位を知る必要性があり、検索順位チェックツールで何位であるのかを計測します。上位コンテンツ、検索クエリと関連性の高いワードの調査、そして必要な情報量など改善点の仮説を出し、コンテンツの改善を繰り返して行きます。

その結果、順位が上昇し、目的のその検索クエリからの訪問者を獲得することができるようになります。

もし、検索順位を計測できるツールを持っていなければ、検索順位の推移を知ることができませんので、コンテンツに改善の必要性があることが分かりません。つまり、PDCAサイクルを回すことができず、結果的にブログやメディアの伸び悩みを引き起こすことになります。

検索順位チェックツールの使い方とは?

ブログやメディアのテーマを決めたら、書く内容も決まってきます。基本的に1つのキーワードに対して、1つのコンテンツで執筆します。そのため、最初に検索ボリュームがあるキーワードを調査してしまい、検索順位チェックツールに全て登録してしまいます。

その後に、キーワードごとにコンテンツを作成し、検索順位の推移を計測していきます。ただし、制作したコンテンツ次第では、狙ったキーワードのサジェストに登録されているキーワードで上位表示することもあります。そのため、検索順位チェックツールには、コンテンツの内容にあった関連語も後々追加していきます。

検索順位チェックツールの中でおすすめのものは?

検索順位チェックツールをある程度網羅的に紹介します。中には、SEOに必要なデータを網羅的に獲得するためのSEOツールもあり、一つの機能として検索順位チェック機能が備わっています。

【おすすめ】SE Ranking

クラウド型のSEOツールの中でも、コスパが高いで評判のSE Rankingがやはりおすすめの筆頭になります。

いつでもどの端末でもデータを読み込めることがメリットであり、SEOツールであるため、競合サイトのキーワード分析や被リンク解析にも活用できます。もちろん、キーワードの検索ボリュームの調査も実施可能です。

月間検索数が14,800の検索キーワードで4位に表示

検索順位の計測には、地域に影響を受けるベニス・アップデートに対応しており、検索地点をプロジェクトごとに設定することができます。つまり、地方に在住の人物でも東京に在住する人を対象にしたマーケティングを行なっている時には、東京都の条件で検索順位の推移を計測することができます。そのため、実際の検索結果と計測された順位が違うことがあります。

SE Rankingには、エッセンシャル、プロ、ビジネスの3つのプランがあり、支払い期間の設定や順位計測のサイクルで料金が変わってきます。

専業でSEOでやっているのであれば、毎日自動集計をした方が良いでしょうし、自分のペースで媒体育成をしているのであれば、1週間ごとに自動集計されれば十分だという人もいると思います。

これだけの機能を月々2,400円程度から利用することができるのは、他では考えられません。

SE Rankingについては、導入すればコンテンツマーケティングへの利用頻度が高いツールになりますので、活用できる機能を紹介しています。

あわせて読みたい
SE Rankingとは?総合的SEOツールの客観的評価 コンテンツSEOやブログ運用を行う時には、キーワードの選定が非常に重要です。 キーワードの選定方法では、Googleキーワードプランナーで調査する方法もありますが、調...

検索順位チェックツールGRC

GRC

検索順位チェックツールと言えば、一番最初に名前が出てくるのがGRCです。多くの専業SEOコンサルタントやアフィリエイターが活用しています。

最高の無制限ライセンスであるアルティメットでも月額2,450円程度ですので、安価で導入することができる点がメリットです。導入する場合は、検索語数5,000と豊富で、順位計測が50以上であるスタンダード以上のライセンスを購入することをおすすめです。

インストール型であり、パソコンを立ち上げてGRCを起動しなければならない点、クラウドのようにどこでもどの端末でもデータを引き出せるわけではないことがデメリットです。

Nobilista

Nobilistaはクラウド型の専用の検索順位チェックツールです。SE Rankingとの違いは、こちらは順位の計測に特化しており、料金もパーソナル、ビジネス、エンタープライズの3つのプランがあり、150キーワード990円から毎日計測することができます。

また、キーワードごとにメモをとることができるなど施策管理がしやすいようになっています。日本のツールであるため、日本人に使いやすいようなUIになっています。

自社でSE RankingのようなSEOツールを導入している時は、クライアントにNobilistaを導入してもらい、コンテンツを管理するのでも良いかもしれません。

7日間の無料トライアルがあります。課金は、クレジットカード登録をしたタイミングらしいので、安心してUIをご確認ください。

まとめ

検索順位チェックツールは、単なる順位を知るための目的にあるのではなく、SEOを行う上でのコンテンツ管理やPDCAサイクルの指標として、その後の改善の足がかりを作るものです。

もし、検索エンジンからの流入を増やしたいと思っているのであれば、指標なき改善はありえませんので、ツールの導入が必須になります。

最近は、企業が自社のオウンドメディアを管理するために、順位計測ツールを導入しています。

クラウド型のコスパが非常に高いので、SEOツールを持っていないのであれば、SE Rankingを導入し、他で代用ができるのであれば、ノビリスタがおすすめです。

検索順位チェックツールと関連する記事

WordPressのSEOを強化する。

SEOでCMSがほぼ必須であり、最も導入しやすいのがWordPressです。WordPressは、SEOに強いとされていますが、それは汎用性の高さから来るものであり、設定次第では全くSEOに向かないWebサイトになってしまうことがあります。

参考:WordPressのSEOを強化するための12個の重要な設定方法

WordPressテーマを適切なものを選ぶ。

WordPressテーマは単なるデザインではなく、データの出力をコントロールしています。WordPressテーマの選び方を間違えると、低品質なコンテンツを無数に吐き出すWebサイトになります。

もし、WordPressを使って、検索エンジンから集客を行えるようにしたいのであれば、以下の記事で紹介しているWordPressテーマから選ぶと良いかもしれません。

参考:WordPressテーマのおすすめとは?用途別に最適なWordPressテーマを紹介

コンテンツSEOを行う。

いくらWordPressの設定を強化しても、肝心のコンテンツが悪いのであれば、見込み客を集めるWebサイトにはなりません。ここでは、SEOツールを使いつつ、適切なコンテンツを作成する方法とメンテナンスについて紹介しています。

参考:コンテンツSEOとは?メリットとデメリットと実践する為に必要なツールと手順を紹介

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次