プロダクトアウトとマーケットインの違いとは?

起業は、大きく分けると2種類に分かれます。

  • プロダクトアウト:市場を無視して自分達ができる製品やサービスを供給する。
  • マーケットイン:市場を調査し、市場にニーズのある製品やサービスを開発して供給する。

今のマーケティングは、市場に合わせた製品やサービスを供給するマーケットインを基本として考えることが一般的ですが、劇的な環境変化を及ぼすイノベーションを起こす製品は開発することができないのが難点です。そのため、他社の技術も取り入れた革新的な製品やサービスを供給するイノベーション志向も重要視されています。

目次

プロダクトアウトとは?

プロダクトアウトとは、企業が開発した製品やサービスを売ることに重点を置く戦略であり、企業が自社の技術やリソースに基づいて商品を開発し、その後市場に投入する方法です。

プロダクトアウトでは、企業は自社の技術力や製品の特徴に自信を持っており、顧客がその製品やサービスを必要とすると信じています。しかし、このアプローチでは顧客のニーズや市場の変化に対応するのが難しい場合があります。

マーケットインとは?

マーケットインは、顧客のニーズや市場の動向に注目し、それに基づいて製品やサービスを開発・提供する戦略です。マーケットインでは、まず市場調査や競合分析を行い、顧客が求める価値やニーズを把握することが重要です。

その後、企業は顧客のニーズに合わせて製品やサービスを開発し、市場に投入します。マーケットインのアプローチは、市場の変化や顧客のニーズに柔軟に対応できるため、競争力のある製品やサービスを提供することが可能です。

プロダクトアウトとマーケットインの違いとは?

プロダクトアウトは、企業が自社の技術や製品の品質・性能に重点を置き、市場に提供する戦略です。

一方、マーケットインは、市場の動向や顧客のニーズに注目し、それに応じた製品やサービスを開発・提供する戦略です。

プロダクトアウトは自社中心のアプローチで、生産志向・製品志向・販売志向が関連します。マーケットインは顧客中心のアプローチで、マーケット志向・顧客志向が関連します。企業は状況に応じて適切な戦略を選択し、バランスを見極めることが重要です。

6つの志向(生産志向、製品志向、販売志向、マーケット志向、顧客志向、イノベーション志向)

プロダクトアウトとマーケットインの戦略は、4つのマーケティング・コンセプト(生産志向、製品志向、販売志向、マーケット志向、顧客志向)と関連しています。

生産志向とは?

生産志向では、企業は生産効率を最優先し、低コストで大量生産を目指します。この考え方は、プロダクトアウトの戦略と関連しており、市場に対する需要よりも、生産コストの削減が重視されます。企業は、効率的な生産プロセスを追求し、競争力を維持するために、価格競争力のある製品を提供することを目指します。しかし、市場のニーズに十分に対応できない場合があります。

製品志向とは?

製品志向では、企業は製品の品質や性能に重点を置き、優れた製品を開発することを目指します。これもプロダクトアウトの戦略に関連しており、技術革新や独自性を追求することで競争力を高めようとします。このアプローチは、消費者に高品質な製品を提供することで、市場での評価やブランドイメージを向上させることが狙いです。ただし、顧客のニーズに適切に対応することが難しくなる場合があります。

販売志向とは?

販売志向では、企業は販売力を重視し、いかに売るかを考えることが重要です。プロダクトアウトの戦略が販売志向に関連しており、企業は積極的な販売活動やプロモーションを通じて、製品の販売を促進します。販売力を強化することで、売上や市場シェアの拡大を目指しますが、顧客満足度や長期的な顧客関係の構築には繋がりにくい場合があります。

マーケット志向とは?

マーケット志向では、企業は市場の動向や顧客のニーズに注目し、それに基づいて製品やサービスを開発・提供することを目指します。マーケットインの戦略がマーケット志向に関連しており、企業は市場調査や顧客分析を通じて、市場の要求に適した製品開発やサービス改善を行います。このアプローチは、市場の変化に迅速に対応し、顧客満足度を高めることが可能ですが、市場の変化に対応するための迅速な意思決定が求められます。

顧客志向とは?

顧客志向では、企業は顧客の満足度やリピート購入を重視し、顧客との長期的な関係を構築することを目指します。マーケットインの戦略が顧客志向に関連しており、企業は顧客の声を真剣に受け止め、そのニーズや期待に応える製品やサービスの開発に努めます。また、アフターサービスやカスタマーサポートの強化により、顧客との信頼関係を築くことが重要となります。このアプローチは、顧客満足度を向上させ、顧客の継続的な支持を得ることができますが、顧客の多様な要求に対応するための柔軟性が求められます。

イノベーション志向とは?

イノベーション志向とは、企業が新しい技術やアイデアを積極的に取り入れ、既存の市場や業界の枠を超えた革新的な製品やサービスを開発・提供することを目指す考え方です。イノベーション志向の企業は、市場の変化や顧客ニーズに素早く対応し、競合他社との差別化や付加価値の創出を追求します。このような企業は、継続的なイノベーションによって競争優位を築き、市場での成功を目指します。

まとめ

プロダクトアウトとマーケットインは、企業が製品開発やマーケティング戦略を考える際の基本的なアプローチです。プロダクトアウトは、企業が自らの強みや製品の品質・性能を重視し、市場に提供する戦略で、生産志向や製品志向、販売志向が含まれます。一方、マーケットインは、企業が市場の動向や顧客のニーズに焦点を当て、それに応じた製品やサービスを提供する戦略で、マーケット志向や顧客志向が含まれます。

どちらのアプローチも一長一短があり、企業は自社の目標や市場状況に応じて、適切な戦略を選択することが重要です。成功するためには、プロダクトアウトとマーケットインのバランスを見極め、効果的なマーケティング戦略を構築することが求められます。

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次