プロダクトアウトとは?概要とプロダクトアウト型の製品例の解説

プロダクトアウトとは生産志向のアプローチのことです。市場のニーズや顧客の声から製品を開発するマーケットインとは異なり、自社の技術やライセンスを使った製品の生産ありきの戦略を実行します。

プロダクトアウトには、独自の強みもない製品を大量に生産するアプローチが古くからありました。しかし、競合他社の製品が多数ある中で、より顧客ニーズに合致させることに成功した企業が生き残っており、プロダクトアウトはリスキーなマーケティングのアプローチとされています。

しかし、独自の技術やライセンスを活かした独自の製品は、イノベーションを引き起こす可能性があります。そのため、プロダクトアウトは、新たな価値を市場に創造し、顧客に新しい体験を提供することができます。

目次

プロダクトアウトの歴史

20世紀中盤、大量生産体制と市場飽和に直面した企業が、自社の技術やイノベーションを前面に押し出し、市場に新しい価値を提案することでプロダクトアウトは形を変えました。例えば、AppleのiPhoneの登場は、外出中でも情報を引き出すことができたり、アプリにより新しいことができるようになりました。

プロダクトアウトは、独自性と革新性を武器に市場に新風を吹き込む戦略として、特に技術駆動型の企業において重要な役割を担ってきました​​​​​​。

プロダクトアウトのメリット

プロダクトアウトは、どの企業も採用できるわけではありません。なぜなら、独自の技術や特許などに保護された製品でなければ、新しい価値を生み出したところですぐに模倣されてしまうからです。独自の技術や特許には莫大な費用がかかりますが、それでも以下のようなメリットを享受することができます。

革新性が得られる

プロダクトアウト戦略の最大のメリットは、革新的な製品やサービスを通じて市場に新たな価値を提供する能力にあります。このアプローチは、従来の市場の枠を超え、消費者の未知のニーズに応える可能性を秘めています。

革新性は、企業が競争優位性を確立し、市場リーダーとしての地位を築くための鍵となります。AppleやSonyなどの企業が示したように、プロダクトアウト戦略を採用することで、全く新しい市場セグメントを創出しました。

独自性を高めることができる

プロダクトアウトにより、企業は独自の強みがある製品を前面に押し出すことができ、他社との差別化を図ることが可能です。これにより、ブランド価値は大きく向上し、独自のブランドとして認識されます。

技術は特許で保護されることで、模倣が困難になりますので、シェアを高めるのに有利になります。

長期的な市場支配

プロダクトアウトによって生み出された製品は、新しい市場を作り出します。また、特許による保護により、簡単には競合他社は模倣による追従ができなくなりますので、長期の市場支配を行うことができます。

プロダクトアウトのデメリット

プロダクトアウトにはデメリットも多いです。マーケットインが推奨される理由にも直結することですが、そもそも独自の技術や特許を保有している企業でなければ成立しづらいアプローチです。人材や設備への投資はもちろん、市場開拓のためのマーケティング力も求められます。また、市場ニーズと技術により生産された価値が合致するとは限りません。

優れた製品であったとしても、売れるとは限らないことがプロダクトアウトのアプローチが取りづらい理由といえます。

関連記事:マーケットインとは?プロダクトアウトとの違いからメリットまで

市場ニーズとのミスマッチリスク

プロダクトアウト戦略の最大のデメリットは、開発された製品が市場のニーズと合わないリスクがあることです。

企業が技術や製品の開発に注力するあまり、消費者の実際の要望や市場の動向を見落とし、市場に受け入れられない製品を生み出す可能性があります。

高いリスクと投資

プロダクトアウトでは、画期的な製品やサービスを市場に提供するために、大規模な研究開発と投資が必要となることが多いです。これにより、製品が市場で成功しなかった場合、企業は大きな損失を被るリスクがあります。

柔軟性の欠如

市場の急速な変化に対して、プロダクトアウト戦略を採用している企業は柔軟に対応することが難しい場合があります。技術や製品開発に多大な時間とリソースを費やしているため、市場の変化に迅速に適応し、製品を調整することが困難になることがあります。

まとめ

プロダクトアウトは、市場に新しい価値を提供することにより、新たな顧客層を開拓し、長期的なビジネスの成長を実現する可能性を秘めています。市場のニーズとの適合性を見極め、戦略を慎重に計画することが成功の鍵となります。

プロダクトアウトを採用する企業は、革新的な製品開発を通じて市場に新たな価値を創造し、顧客に新しい体験を提供することが求められます。自社の技術力とイノベーション能力を最大限に活用することで、競合他社とは違った独自路線を作ることができ、市場でのリーダーシップを確立することを目指します。

最終更新日 : 2024年2月18日

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次