QRコードは無料で作れる。作り方の紹介と装飾の方法

QRコードとは、二次元バーコードのことです。横方向で情報を読み込むバーコードに比べると情報密度が高いことが特徴です。そして、QRコードは一部が欠損していても読み込むことができることが特徴で、文字などを入れてデザインをすることもできます。

QRコードは、インターネット上で無料で作成することができ、情報を受け取りたい人はスマホなどを使って情報を読み取ることができます。

目次

QRコードの利用用途とは?

QRコードを使うことで、スマホなどの端末で情報を取り出すことができます。これを利用した活用用途があります。

主な使い方としては、紙媒体で手渡しし、ウェブページなど膨大な情報を掲載できるページを表示して、詳細を伝えることです。基本的に、Webサイトには使いません。なぜならば、リンクをすれば良いだけであり、通常はバナーを使うからです。たまに、Webサイトに表示しているQRコードを見かけますが、意味がありません。

チラシに添付する

チラシなどの紙媒体は受取が簡単ですが、チラシのサイズを超える情報を掲載することができません。また、あまり細かな情報を最初から掲載するのは、本当に伝えたい情報が目立たなくなり、集客率の低下にもつながります。

QRコードを添付して、ウェブページの閲覧やLINE公式アカウントの登録を促し、紙の誌面よりも多くの情報や機会の創出を実行します。

ステッカーに添付する

商品の品質を表示する必要性があるものもあります。例えば、農産物のパッケージにステッカーを貼ります。ステッカーにQRコードを添付してウェブページを表示します。トレーサビリティ(農産物の生産について追跡できる情報)を閲覧できるようにします。

QRコードの作成方法とは?

QRコードの作成方法は、CMANのQRコード作成サービスを使います。QRコードの作成は無料です。

QRコードの作り方

QRコードの作成は簡単です。QRコードを作成する文字を指定しましょうの欄に、出力したい情報を掲載します。入力した文字数が多ければ多いほど密集したQRコードになりますので、必要最低限の情報のみを入力することがポイントになります。入力できるのは、テキストとURLです。

オプションはありますが、基本的にデフォルトのままで良いです。デザイン性を考慮する時のみ、セル色と背景色を変更するのが良いでしょう。

「QRコードを作成する」をクリックすると、QRコードが生成されます。

装飾されたQRコードを生成する方法とは?

こちらは、QRコードのススメのページを使ってQRコードを作ります。

QRコードのススメ

使い方も簡単です。

STEP
データ入力

データ入力にURLかメールアドレスのどちらかを選びます。該当のURLかメールアドレスを入力します。

STEP
QRコードのデザイン

表示するアイコンや画像データを選びます。選択できるのは、イラスト、アイコン、自由に指定、文字入れの4種類です。

TwitterやAmazonなどの特定のページに誘導する時は、アイコンを指定します。ハートマークなどはアイコンで挿入します。また、WEBサイトへの誘導の場合は、自由に指定を選択し、ファビコンを読み込めば自動で画像が挿入されます。

STEP
QRコードの確認と保存

QRコードの確認と保存で完成品を確認します。その後、ダウンロードします。

まとめ

QRコードは印刷物を作る時に使うものでもあります。そのため、チラシを作る時の一つの材料としてQRコードの作成方法を覚えておくと便利です。チラシの作成方法については、以下の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
チラシの作り方とは?ラクスルを使っておしゃれなチラシのデザインを無料で作成する 店舗ビジネスでは、チラシの作成は、集客するために比較的頻繁に行うマーケティングの一種です。 チラシを作る時は、基本的には、Illustratorを使えるデザイナーにチラ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる