田舎でも集客に成功のポイントと事例まとめ

田舎でも集客する

田舎と呼ばれる地方の集客方法なのですが、成功させるためには考え方のありようだと思っています。私も大学まで山形県で育ち、コンサルティングの仕事も山形県でご縁があったため、地方の案件をそれなりにこなしています。そして、集客で成果を上げています。

田舎に住んでいて集客に悩んでいる店舗や地場の産業を行っている経営者に今回の内容を送ります。

集客のサクセスパートナーでは、集客のコンサルティング・ディレクション業務を行っています。
客数・売上増加を効率的にしたい事業者は、お気軽にご相談ください。

目次

田舎の集客が難しい背景とは?

人口減少と高齢化の影響が大きい

田舎での集客が難しい原因として、人口減少や高齢化が挙げられます。

人口減少は、その言葉通り、商圏性のある店舗ビジネスでは、商圏内の市場(見込み客の規模)が縮小し続けるため、ビジネスの拡大が難しく、外部から顧客を呼び込まない限り、客数が減り続けます。また、高齢化は、移動手段である自動車の運転がある程度の年齢で制限されること、病気や死亡などの顧客離反が増えるため、リピーター対策を取ることが難しいことが挙げられます。

収入格差が大きい

集客の難易度を決める人口以外の要素として、世帯年収があります。お金がなければ、高い商品やサービスを購入することができないからです。関東地区の平均年収は423万円なのに対して、九州・沖縄地区の平均年収は366万円です。(平均年収ランキング(47都道府県・地方別の年収情報)【最新版】

つまり、何の特徴もないものでは、高価格にすることが地方では難しく、広告費やブランド力、そして価格で勝負できる大手コンビニなどに競争力で負けてしまいます。

田舎の集客の基本的な戦略とは?

地域密着型ビジネスである

地方の集客では、人口が都市部に比べて少ないことや、人口も増加していなければ新規顧客の獲得の難易度も高いことから、1人1人の顧客との関係性を重視する地域密着型のビジネスを行うことが基本です。地元の顧客属性に合わせたサービスを提供することで、地域住民からの信頼を勝ち取ることができます。

例えば、家電に疎い高齢者向けに出向いて販売員が説明したり、生活に必要な家電を供給する訪問型の販売も地域密着型の営業の一つです。

ビジネスの独自性が高い

地方で成功するためには、他の競合店舗と差別化する独自性が必要です。特に田舎では、同じ業種の店舗が少ない場合が多いため、独自のサービスや商品を提供することで、顧客に強い印象を与えることができます。独自性が高いと、口コミやSNSでの拡散も期待できます。例えば、伝統的な地域のラーメンが醤油の地域では、辛味噌や塩ラーメンで評判になることで、地元の人から高い支持を集め、ラーメンフリークを他県から集めています。

店舗情報や口コミの情報が簡単に検索できる

地域に関係なく、地方でも新しいお店の検索にはスマホを用いられています。そのため、店舗情報や口コミが簡単に検索できるように、ウェブサイトやSNSを活用することが重要です。特に、Googleビジネスプロフィールを有効活用し、Googleマップでの検索順位を上げるMEO対策や良質な口コミを集める対策が集客に効果があります。ここで、情報が全く検索されないと、お店が存在していないのと同じになり、新規顧客の集客が難しくなります。

迅速に集客ができるような手段を持っている

地方での集客は、季節やイベントによって大きく変動することがあります。そのため、準備期間が短い方法で集客ができるような手段を持っていることが有利です。例えば、限定商品・メニューを販売した時に、その情報をSNSやLINE公式アカウントで迅速に顧客に届く仕組みを構築します。また、地方では、情報番組が情報拡散力が強いため、情報番組を作っているテレビ局や制作会社との関係性を構築するのも、地方の集客では有効な手段と言えます。

商圏を拡大する手段を持っている

地方の店舗ビジネスでは、出店した地域の商圏の変化が激しく、継続したビジネスが難しくなることはよくあります。そのため、オンライン販売や提携、コラボレーションを通じて商圏を拡大する手段を持っていることが重要です。具体的には、オンラインショップで販売する、または近隣の地域と連携してイベントに出店することがあります。

田舎の飲食店の基本的な集客方法とは?

人口の少ない地方の飲食店で行う主な集客方法を解説します。飲食店を探す検索対策のほかに、わかりやすい箇所に口コミを集めたり、こちらから情報を拡散し、来店を促します。

Googleビジネスプロフィールに口コミを収集、最新情報を掲載

地方の飲食店でも、Googleビジネスプロフィールは非常に有用な集客ツールです。最新の営業情報やイベントを随時更新することで、Googleマップ検索や屋号で検索した時に興味を惹きつけます。特に、口コミが集客に大きな影響を与えるため、良い評価を多く集めることが重要です。

こだわり、メニュー、地図がわかりやすいホームページを作成する

飲食店のホームページは、集客においてもブランディングにおいても重要な要素です。店のこだわりやメニュー、地図などが一目でわかるようなデザインと構成にすることで、訪れる客にとって使いやすいホームページになります。ホームページの作成にはコストがかかるため、小規模店舗であれば、自作のホームページで良いことも多いです。

グーぺ

ホームページ作成サービスグーペ

評価:

簡単にホームページを作成できます。時間や知識がなくても突貫でホームページを持つことができます。店舗の情報やメニューを掲載するだけであれば、グーぺで十分なことが多いです。

チラシを簡単に作成してポスティングをいつでもできる仕組みを構築

地方の飲食店にとって、地域住民への情報発信は欠かせません。チラシを簡単に作成できるテンプレートを用意し、必要な時にすぐにポスティングできるような仕組みを構築すると効率的です。

チラシのテンプレートは、AdobeExpressを使うと良いでしょう。チラシのテンプレートだけでも約7000種類存在し、Adobe膨大な画像、動画、音声、フォントデータを活用して簡単に編集することができます。

AdobeExpress

評価:

AdobeExpressは豊富なテンプレート、画像、動画、そして生成AIであるAdobeFireflyが使用可能です。高品質なチラシや画像を専門知識なしで編集することができます。

LINE公式アカウントを運用し、会員が登録しやすい仕組みを構築

LINEは日本で最も利用されているコミュニケーションアプリです。LINE公式アカウントとは、ビジネス用のアカウントのことで、メッセージ配信以外にも、クーポンやショップカード機能があります。LINE公式アカウントを作成し、会員が簡単に登録できるような仕組み(QRコードの掲示など)を構築することで、直接メッセージを配信して集客をすることができます。

Instagramを運用して、シズル感のある画像やストーリーを投稿

食に関するビジュアルは非常に影響力があります。Instagramを活用して、美味しそうな料理の写真や店内の雰囲気を伝えるストーリーを投稿することで、新たな顧客を引きつけることができます。また、Instagram広告も地方の飲食店にとって有効な集客手段の一つです。エリアを絞り込んでショート動画を広告することができます。

通信販売ができる商品を開発する

田舎のお店では、市場が小さいため、売上を上げるためには、商圏を広げることも定石の1つです。通信販売をする時には、通販でも売れる商品を開発する必要があります。食品の場合は、賞味期限が長い商品や崩れにくい商品を開発します。

現在は、通販サイトを作成しなくても、Amazon、楽天市場、BASE、メルカリなどのプラットフォームを利用することですぐに通信販売を始めることができます。また、Shopifyを使うことで本格的なECサイトを作成することができます。

地域の冠婚葬祭に対応する

田舎の飲食店では、仕出しや地域の会合に力を入れている店舗は多いです。例えば、法要や葬儀を農協などが取り仕切っている時があります。また、話し合いができる個室が十分な広さがあれば、地域の会合に使ってもらいやすくなります。

そのため、その地域で影響力のある組織の福利厚生として営業をかけることで、まとまった金額の予約が入ってきやすくなります。

田舎の美容室やエステサロンの基本的な集客方法とは?

美容室やエステサロンでも基本的な集客方法は飲食店と変わらないです。

地方での美容室やエステサロン集客において、ネット予約の導入は顧客獲得に効果的です。専用の予約サイトを作るか、既存の予約プラットフォームに参加することで、顧客は手軽に予約が可能になります。この手軽さが新規顧客を引きつけ、リピート率を高める要素となります。

田舎だから、ネット予約なんてなくても大丈夫と思っているからこそ、見込み客が全員スマホを保有している時代に、不便だという理由で、行きたい美容室やエステサロンから外れてしまいます。

田舎ほど独自性の高いビジネスでの集客を意識する

田舎だから何もできないと判断するのではなく、その立地を生かした独自性の高いビジネスを展開すると、商圏の外から集客することもできます。

A級グルメ事例:邑南町(島根県)

邑南町は島根県に位置する田舎町で、地域の食材と食文化を活かした「A級グルメ構想」を成功させています。この構想は観光客や新住民、起業家を増やす効果があり、特に「水」、「米」、「酒」が地域の特色です。地域おこし協力隊が「食の学校」や「農の学校」などで活動し、多くの若者が研修を受けて起業しています。邑南町の取り組みは地域活性化に貢献しており、他の地域にも参考になる成功事例と言えます。

アルケッチャーノ(鶴岡市)

「アル・ケッチァーノ」は山形県鶴岡市のイタリア料理店で、地元の豊富な食材を活用しています。オーナーシェフの奥田政行氏は地産地消にこだわり、地元生産者と密接に連携しています。この取り組みが高品質な料理につながっており、観光客誘致や地方創生にも貢献しています。特に、ガストロノミーツーリズム(食をテーマにした観光)に注力している点が多くの人々に支持されています。

最終更新日 : 2023年11月18日

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次