080-3148-0461

営業時間 10:00~18:00 (日・祝定休)
お電話は既存のクライアント様用です。

集客、マーケティング支援、開発をご希望の方は、
フォームからお問い合わせください。

マーケティング

マーケティングとプロモーションの違いとは?

Twitterでマーケティングという言葉をアカウント名にしているビジネスアカウントが急増しています。

最近発売されているビジネス書籍でも、マーケティングは認知を拡大する活動として紹介されていますが、これは明らかな間違いです。何故ならば、認知を拡大する活動とは、プロモーション活動を指し、マーケティングとは明確に区別されているからです。

そもそもマーケティングとは?

そもそもマーケティングとは何なのかについて理解しなければなりません。日本マーケティング協会では、1990年に以下のような定義をしております。

マーケティングとは、企業および他の組織1)がグローバルな視野2)に立ち、顧客3)との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動4)である。

1)教育・医療・行政などの機関、団体などを含む。
2)国内外の社会、文化、自然環境の重視。
3)一般消費者、取引先、関係する機関・個人、および地域住民を含む。
4)組織の内外に向けて統合・調整されたリサーチ・製品・価格・プロモーション・流通、および顧客・環境関係などに係わる諸活動をいう。

日本マーケティング協会(JMA)

しかし、これは情報通信技術が発展する前の定義であるため、その後の定義を参考にするのであれば、アメリカマーケティング協会の方で考えます。

マーケティングとは、顧客、依頼人、パートナー、社会全体にとって価値のある提供物を創造・伝達・流通・交換するための活動、一連の制度、過程である。

つまり、マーケティングとは、認知拡大だけを取り扱うわけではなく、社会全体を考慮し、そこに価値あるものを製品やサービスの形で商品開発し、流通、認知拡大、販売、そして、フィードバックし新たな商品開発や新規事業の開発を行うための上流から下流に至るまでのビジネス全体の最適化を意味します。

プロモーションとマーケティングの違いとは?

これに関しては、マーケティングの4Pで説明できます。

マーケティングの4Pとは、企業側の視点に立ち、製品開発、価格設定、流通、プロモーションの4つの要素でマーケティングを分析するものです。

参考

・製品(Product)
・価格設定(Price)
・流通(Place)
・プロモーション(Promotion)

参考→3分でわかるマーケティングミックスとその活用方法

つまり、関係で言えば、マーケティングは、認知拡大活動であるプロモーションを包括するものに該当します。そのため、最近の書籍などでオウンドメディアを使ったSEOやランディングページを使ったリスティング広告は、プロモーションに該当します。

ちなみに、マーケティングミックスには4Pとは別に、消費者側の視点にたった4Cの概念があります。

参考

・価値(Customer Value)
・コスト(Cost)
・利便性(Convenience)
・コミュニケーション(Communication)

プロモーションは、売り手から買い手への情報伝達ですが、コミュニケーションの情報伝達は双方的です。最近は、消費者が情報発信者化している傾向もあり、味方にすることができれば大きな認知度拡大に効果を発揮します。そのため、わざわざSNSなどの窓口を設けて、双方的なやりとりを実施します。

広報との違いとは?

同じような意味合いで認知されている言葉としては、広報があります。

販売目的で認知度を高めるプロモーションとの違いは、"企業と社会の関係性を構築すること"にあります。

例えば、企業としての環境への取り組み、社会への取り組みを紹介したり、メディアにプレスリリースを出し、新規事業の社会への貢献をアピールします。

消費者の企業へのイメージをより良くすることで、製品やサービスへの信頼性を高めることが主な目的となります。

まとめ

基本的に、Twitterで見かけるようなマーケティングは、プロモーションやソリューション(問題解決)の言葉から派生した意味合いで使われており、そのほとんどが、プロモーションの意味合いです。

マーケティングとは、社会に対するビジネスの最適化を目的にしており、分野で言えば全体に及びます。

マーケティングを成功させるためには、様々な角度からの有益な情報を獲得することが基本です。もし、マーケティング活動を積極的なものにしたいならば、メールマガジンへのご登録ください。

集客にお困りですか?

サクセスパートナーではクリエイティブの制作はもちろん、マーケティングの戦略策定、施策のバックアップまで行うプロデュース業務も行なっております。

-マーケティング

© 2020 SuccessPartner