記事作成代行とは?SEOで成功するためのおすすめの発注方法

SEOを行う上で、重要になるのは、記事(コンテンツ)を蓄積し、良質な記事に仕上げていくことで、労力と時間が一番かかります。

自分で記事を書くと、時間を自分から捻出する必要があります。

そこで、検討項目に挙がってくるのが、記事作成代行サービスの活用です。今回は記事作成代行サービスについて解説をします。

目次

記事作成代行サービスとは?

記事作成代行サービスとは、特定のキーワードの内容で、主にSEOを目的にした記事の作成を代行するものです。

提供業者にもよりますが、SEOコンサルティングの一環として提供されているサービスでは、競合調査をした上で、コンテンツの内容を提案してくれるサービスであったり、ただそのテーマで記事を執筆するだけのサービスであったりします。

記事作成代行サービスとは、記事の作成を外注することであり、特に自社に記事を書くだけの人的資源が不足している時に使われるケースが多いです。

記事作成代行はどのように発注されているのか?

現在のSEOは、検索ユーザーにとって良質なコンテンツを提供していることが重要です。

これをSEOコンサルタントが全て執筆していれば、時間がいくらあっても足りないため、コンテンツを制作する専門のスタッフが存在するか、外部のライターに外注することがほとんどです。

SEOで重要なのは、必要な情報量の記事を、できる限り時間をかけずに構築することです。これによって、早期にウェブサイトやメディアの専門性がGoogle側に認識されて、SEOで結果を出すまでの時間を短縮化することができます。

そのため、通常、自社のメディア運営でも記事作成代行を活用して、記事構築までの時間を短縮するのが一般的です。

また、以下のプロセスで記事作成代行を活用します。

① ブログやメディアの目的、ターゲットの設定

ブログやメディアで何をしたいのかをまずは設定します。そして、マーケティングの一環ですので、ターゲティングも行います。

単純に考えると、「誰に何を売りたいのか?」を設定します。これが、自社商品なのかアフィリエイトなのかは関係ありません。最初に販売する商品を決めて、ブログやメディアでどこまでやるのかを決定します。そして、その商品は誰に売れるのかを考えた上で、ブログやメディアのテーマやコンセプトを決定します。

② キーワードの選定

SEOは上位表示をすることが目的なのではなく、ターゲティングした人が検索を通して訪問することを増やすことが目的です。

そのため、ブログやメディアのテーマやターゲティングを意識してキーワードを選定していきます。この時、お金や労力をかけても無駄にならないようにするために、月間検索ボリュームも調査します。

月間検索ボリュームが大きいと、上位表示ができた時の訪問者数は大きく増えますが、購入意欲は高くはありませんし、上位表示も大変です。そのため、基本的には、1,000件程度のキーワードが中心になりやすいです。

③ 競合調査

Googleでキーワードで検索してみたり、SEOツールなどで、上位表示がされているコンテンツの見出しを抽出します。

現在の上位表示されているコンテンツは、Googleが良質であるとしているため、書いてある内容を参考にしてコンテンツを設計することが必要です。

この時、情報量、わかりやすくは文字数も調べます。上位表示されているコンテンツの平均的な情報量を下回っていると、Googleからは情報量が足りない判定がなされている可能性が高くなるからです。最低でもその情報量は上回った方が良いと考えます。

④ 記事作成の外注

記事作成サービスやライターに外注します。

記事作成サービスを利用するにあたっても、「ブログやメディアの目的」、「ターゲット設定」、「キーワードの選定」は必要で、必ず伝えてください。

記事作成をお願いするためのライターは、CrowdWorksを使うと見つけることができます。この時、以下のことを伝えます。

  • キーワード
  • 全体の文字数
  • 見出し(h2〜h3)、その見出しの概要、文字数
  • 使用する共起語
  • 文体の指定

納品前には、必ず他のブログやメディアの文章の盗用になっていないのか調べます。任意の箇所をコピーし、検索すれば調べることができます。

内容の重複は仕方がないですが、まるまるコピーになると、記事にオリジナリティがなく、上位表示されづらくなりますし、コピー元の運営者と後々トラブルになることもあります。

⑤ 校正およびリライト

記事が納品されたら、誤字脱字の確認や文章の手直しを行います。また、情報が不足している時は、追加して書き換えを行います。

文章の校正数が多くなると、文章作成アドバイスツール【文賢】のような校正ツールを活用することが多くなります。

⑥ 記事の公開

記事をWordPressなどのCMSに入力します。この時、エディタの機能を使って見やすいように装飾をしたり、画像を追加することで見やすくします。

その後、パーマリンクの設定、カテゴリーの設定、アイキャッチの設定を行い、公開します。その後、サーチコンソールにて記事の登録をリクエストします。

⑦ 順位計測ツールへの入力および計測

順位計測ツールに、追加した記事やコメントを入力します。(事前にキーワードの登録ができていない時は、キーワードの入力も行います。)

順位の計測は、早くて1日後には計測され始めますが、作成したばかりのブログやメディアだと記事数がある程度揃わないと、思ったようなSEOでの結果は得ることができません。そのため、新規の記事を追加することに注力します。

順位計測ツールに関しては、以下の関連記事も参考にしてください。

⑧ 加筆を含むリライト

特に、中古ドメインやサブディレクトリを借りているわけでもない新規ドメインのブログやメディアでは、すぐに結果が出ることはありません。Google検索の結果で、2ページ目などに表示されているコンテンツを中心に、情報の加筆やリライトを行います。

編集後のサーチコンソールへのリクエストや数日後の順位計測ツールの計測データを参考にして、調整を行い、ある程度満足できる順位に調整します。

記事作成費用の相場とは?

記事作成代行の相場は、どれだけの作業を任せるのかで大きく変わりますが、ライターに外注するのであれば、1文字3円〜6円であり、3,000文字程度の記事であれば、9,000円〜18,000円になります。専門性の高いライターに外注するほどコストが高くなります。

クラウドソーシングでは、1文字1円に満たない募集もありますが、2,000文字書いても2,000円にもならず、受注をするライターは、コピーコンテンツを作るしかありません。そのため、安い案件があるし、受注するライターもいるけれど、良い仕事をしてもらえないと考えた方が良いでしょう。

記事作成代行サービスでおすすめのサービスとは?

記事作成代行サービスでは格安に提供されているサービスも多く存在しますが、そのまま使っても、特にSEOで結果を出す時には、そのまま使えないことが多いです。納品された記事の内容を読み、同じキーワードに含まれる時はまとめるなどの対応が必須です。

WITH TEAM記事作成

1文字1円で発注が可能で、オリジナル記事の校正とコピペチェックもしてくれるサービスです。格安のサービスであるため、最初にメディアを作る時に、キーワードリストの記事数を用意するのに向いているサービスです。

中古ドメインを購入し、早くメディアとして機能させることを考えた時には、非常に便利な記事作成代行サービスです。

ただし、書いてある内容はインターネットからの収集であるため、ファクトチェックが必要です。また、そのままにしても上位表示自体が難しいですので、主な作業としてリライトは必要となります。

クラウドワークス

クラウドワークス は、最大級のお仕事お探しサイトで、ライティングだけにとどまらず、あらゆるクリエイターが登録しております。

ユーザー数が443万人いるため、副業からプロクラスのライターを探すことができます。

ただし、見出しや文字数の指定などしっかり作り込まないと、悪い言い方では適当なコピーが多い記事を執筆するライターも中にはいます。

そのため、初回はテスト料金で発注し、信頼性がおけるようになってからは、高い単価で発注するようにします。

そうすることで、安定して記事の供給ができるようになります。

まとめ

ブログやメディアで、最も時間と手間がかかる作業が、記事の執筆です。

そのため、ブログやメディアを構築する際は、記事を外注してしまい、その後にリライトすることが一般的になっています。

ただし、SEOで結果を出すためには、自分が結果を出せるような記事の作成ができないとダメですので、外注するだけではなく、自分でも記事を書くことが重要であることは間違いないと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次