集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
仕事に関するお電話はお気軽にお問い合わせください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

マーケティング辞典

パレートの法則(2:8の法則)とは?1分で分かるパレートの法則を使った売上アップ

更新日:

パレートの法則とは、イタリアの経済学者であるヴィルフレト・パレートが発見した統計に関する法則です。ただし、この法則は、経済活動だけではなく自然現象や社会現象、ほぼほぼ全ての事例に該当することがあり法則というよりは経験則として扱われることが多いです。

パレートの法則は、上位2割が全体の8割を生み出しているといったものです。

例えば、経済活動では以下の例はあまりにも有名です。

  • 2割の売れ筋は、全体の売上の8割を占めている。
  • 2割の上位顧客は、全体の売上の8割を占めている。
  • 2割のエース社員は、全体の売上の8割をもたらしている。

この法則では、2:8の法則やばらつきの法則と呼ばれています。実際には、2:8に集約するケースが多いというだけで、ケースによっては3:7になることもあります。

最新のお知らせ

サービスに関するお問い合わせはこちら

サクセスパートナーでは、売上UPや集客の対策をクライアントと一緒になって実施するディレクション型のコンサルティング事業を行なっております。

月額10万円〜で集客のプロが改善及び対策を実施していきます。無料お問い合わせはこちらから。

2:8の法則(パレートの法則)視点の集客で売上アップをする。

パレートの法則で言及されていることは、この数値の割合が重要なわけではありません。上位の固定顧客だけで、全体のほとんどの売上を占めているという事実が重要です。

つまり、効率良く売上アップを実施したいと思った時には、以下の項目に注目するべきになります。

上位顧客とのコミュニケーション強化

上位顧客の貢献度が高いことから、上位顧客に対するコミュニケーションを強化し、購入意欲の動機付けを行い、購入頻度を高めることが重要になってきます。

例えば、メールマガジンや専用アプリを導入し、限定的な情報を知らせることが非常に効果的です。

固定客が属するセグメントから顧客を獲得する

上位顧客が、売上を大きく伸ばすことから、上位顧客の人数を増やし、割合を高めることが重要になってきます。

その一つの方法としては、獲得する新規顧客は、上位顧客と似通った人を選ぶという方法です。これは、上位顧客の数名をピックアップし、ペルソナを設定することで、どのセグメントを狙えば良いのかを具体化することができます。

新規顧客を固定客化する。

ほったらかしで、新規顧客が固定客化してくれれば良いのですが、何もしなければ顧客離反をしてしまいます。店舗では、3回来店の法則というものがあります。これは、初回の顧客が3回来店するのは、2割以下という法則があります。

顧客離反率の高い2回目、3回目利用の集客対策をすることによって、固定客の割合を高めることができます。

スポンサー

パレートの法則から売れ筋に注力するメリット

パレートの法則では、2割の上位の売れ筋商品が全体の売上の8割を作っていることも説明しています。

地域密着型の定食屋では、顧客に合わせてメニューを増やしがちです。そのため、家族経営にも関わらず、メニューブックがとても分厚いこともあります。

これは、顧客からすれば嬉しいこともあるかもしれませんが、注文の前後関係次第では調理器具が使えずメニューの提供に時間がかかるかもしれません。そして、多くのお店では、調理の下準備に朝早くから取り掛かっています。

「お客様に喜ばれたいから」と思ってやったことも、集計をしてみると、日替わりランチを中心とする売れ筋商品が売上の大半を占めており、それ以外を取り扱っているせいで、食品ロスも出ていることに気がつきます。

商品を多く取り扱うことは、在庫をそれだけ持たなければならないリスクと労力と売り場の問題に直面します。そのため、パレートの法則により、売れ筋に注力することがリスク回避に繋がることにもなります。

パレートの法則の逆のロングテールの法則

上位顧客が売上の大半を作るパレートの法則ですが、原価や在庫などの様々なリスクがない条件では、たくさんの下位の顧客から少ない売上を大量にあげた方が成長する見込みがある場合があります。

例えば、Amazonプライムやネットフリックスのようなデジタルコンテンツを扱っている場合は、マイナーな作品を多数品揃えすることで、それらが少量ずつ購入や閲覧に繋がる場合があります。

ロングテールとは、主に売れ筋とそれ以外の商品を比較した時に起こる現象ですが、売上の大半を作る売れ筋に対して、ニッチなニーズの商品が少量ずつ売れることで、売れ筋の売上を超えるような現象を指します。

ロングテールはあくまでリスクが少ない条件下で成り立つものですので、全てにおいて当てはまるわけではないことに注意が必要です。

上記の定食屋さんのように、実店舗でロングテールを行うと、下準備に時間がかかり、提供速度や料理人一人一人への負担が大きくなります。その結果、料理人が体を壊すということは珍しくありません。

参考:ロングテールとは?

パレートの法則と関連する重要な法則とは?

パレートの法則は大きな成果を上げるためには、一部の売れ筋や優良顧客に着目することが繋がることを言及しています。この法則に関連する法則を紹介したいと思います。

1:5の法則

集客の費用は新規顧客よりも既存顧客の方がかからないという法則。新規顧客は既存顧客よりも集客コストが5倍かかるとされていますが、既存顧客のロイヤリティの高さやIT化が進んでいればこの差はさらに大きくなります。

つまり、1:5の法則は、利益率も新規顧客よりも既存顧客の方が高いということを意味しており、固定客化する施策を実施することで利益率を高めることができることも意味しています。

5:25の法則

5%の顧客離反を防ぐことによって、利益が25%改善するという法則です。

3回購入に至った割合が1回購入に至った人の割合の2割であれば、残りの8割は顧客離反をしたことを意味します。実際店舗の場合は、このくらいの顧客離反は普通に存在します。

そのため、この顧客離反を対策することで獲得できる利益は大きくなります。

 



コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。サクセスパートナー代表。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗マーケティングツールの供給会社に就職し、顧客フォロー及び導入の支援業務に従事。その後、2009年にサクセスパートナーを設立し、数学的や生物学的なアプローチとマーケティングの知識を組み合わせたコンサルティングを提供開始。最近はコアな部分の評価や改善業務も実施することもあり、集客コンサルという言葉で言い表せないほど多岐に精通している。

-マーケティング辞典

集客力アップで、強靭化をはかりませんか?

今すぐはじめる集客力向上

集客などのキーワードで上位表示をしている集客コンサルの小形が提供するわかりやすいメールと動画コンテンツ
close-link

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2019 All Rights Reserved.