080-3148-0461

営業時間 10:00~18:00 (電話受付は平日のみ)

営業電話は有料です。

新規を集客する方法とは?業界別におすすめの方法を紹介

新規顧客の集客が足りないことで悩みを抱えている経営者も多いと思います。新規顧客の集客は、売上の要素の中の客数にかかっており、これからのビジネスの成長で非常に重要な要素ではあります。

リピーターが効率良く売上アップするためには重要です。しかし、リピーターはなんらかの理由で顧客離反をします。そのために、新しいリピーターの獲得を行う必要があり、新規顧客は獲得しなければならないものです。

それでは、新規顧客を集客する方法として、どのような方法があるのでしょうか?

新規顧客を集客する方法は山ほど存在する。

悩み

集客の方法に関しては、「集客を成功させるための集客方法とは?集客のポイントを徹底解説」で紹介しておりますが、実は無数に存在します。

営業電話などでも、聞いたこともない用語を耳にすることが多いと思います。それだけ、新しい集客の手法がどんどん増えているということです。

経営者や事業責任者にとっては、新しい新規顧客を集客する手法をすべて把握することが重要ではありません。自社商品やサービスの販売数や契約数を効率良く増やしていくことが重要なのであり、主軸で新規の顧客を獲得できるチャネルを構築していく必要があります。

集客の無料相談受付中

無料相談はこちら

新規の集客で方法を選択するポイントとは?

しかし、予算の限られている中で新規顧客を効率良く獲得していかなければなりません。

全ての手法を試用して、自社のビジネスにマッチングした集客方法を試す時間もないでしょう。

そこで、新規の集客で考えるべきポイントを2つ紹介します。

1.何を訴求すれば新規の集客に繋がるのか?

飲食店の集客

新規顧客とは、そもそも購入体験がはじめての顧客を指します。つまり、商品もサービスも知らなかったところからスタートし、購入に至っている人なので、なんらかの購入のきっかけがあったはずです。そのきっかけが新規顧客の集客に繋がります。

そして、この新規顧客の集客に繋がっているきっかけの根にあるのは、魅力です。

例えば、飲食店であれば、シズル感のある名物メニューや映えるビジュアルの画像をある程度な頻度で見ると、提供している店舗について興味を持ちます。また、仲の良い人からの評判も「あの店はステーキが美味しい」などのもっとも力を入れている名物がきっかけになっています。

そのため、顧客にとっての魅力とは何かをまず考え、それを言語化します。提供商品やサービスがすでに決まっているのであれば、提供動機から魅力を抽出し、言語化します。

よく新規顧客の集客について失敗する例としては、メニュー表をポスティングする飲食店があります。シズル感が伝わらず、魅力がわからないため、購入動機を引き起こすことができず、結果として新規顧客の集客には繋がりません。

2.手間がかからず露出ができる方法に優先順位を与える。

新規の集客は、認知されなければ始まりません。つまり、集客の対象になる人々に情報が到達しない方法を選択しても効果が薄いと見ます。

また、手間がかかり、高度なテクニックが必要になるほど着手しづらくなります。

そのため、着手する集客方法を決める優先順位は以下のようになります。

  1. 手間がかからず、露出を稼ぐことができる。
  2. 手間がかかるが、露出を稼ぐことができる。
  3. 手間がかからず、露出は稼ぎづらい。
  4. 手間がかかるが、露出を稼ぎづらい。

なお、集客がうまくいきだすと、その方法に集中することをやってしまう経営者の方も多いです。一つの手法に依存しすぎると、その方法が崩れた時に、大きく客数を減らす可能性が出ますので、この基準に該当する方法で複数に分散させます。

業種別におすすめの新規の集客方法

優先順位が高い方法を業種別に紹介します。ゼロから自分で地道にSNSなどで認知を拡大しようとしても、時間がかかってしまいますし、成功するかもわかりません。そのため、効率良く認知を拡大できる広告を選択するのが基本になります。

飲食店の新規の集客方法

飲食店の集客

  1. 大手媒体
  2. SNS広告
  3. ポスティング広告

飲食店の場合は、すでにお店を探している人は、ある程度有名媒体が囲い込んでいます。そのため、目先の新規が欲しいのであれば、媒体を活用するのは必須条件とも言えます。

また、SNSも育成すれば、有名媒体と同じくらいか、それ以上の集客力を発揮します。飲食店などの場合、広告を活用する習慣がない店舗が多いのですが、広告を使って、認知を広めつつ、育成の時間を短縮化します。

ポスティング広告も商圏内の人々にITリテラシー関係なしに認知を拡大する意味では効果が高く、山形県や茨城県で実施した際には非常に高い効果を得ました。ただし、母数は配布枚数になりますので、相応のチラシのポスティングが必要であるため、コストも準備期間に時間もかかります。

Googleマイビジネスの設定および管理は新規顧客の集客方法として挙げられますが、マーケティング活動を行い、知名度が向上し、屋号による直接検索が増加するなどの結果によるところが大きいです。知名度がないのに、GoogleマップSEOで結果を出そうとするのは、歪な対策が必要になりますので、効果があまり期待できません。

参考:今すぐに飲食店の売上を上げ、集客を増やす実践的な方法とは?【2020年最新版】

美容室の新規の集客方法

  1. 大手媒体
  2. SNS広告
  3. ホームページ・Googleマイビジネスの改善

美容室の場合は、ホットペッパービューティーの支配力が強く、これに嫌悪感を抱くオーナーも多いようです。しかし、実際ホットペッパービューティーを使わないことは、そこにいる会員を集客しないということになります。飲食業に比べると、競合サイトが少ないため、出さない方法を探すより、出して客数を稼ぐ選択をするのが良いことが多いです。

もちろん、これだけの場合は、ホットペッパービューティーへの近隣の美容室の出稿ありきで客数が乱高下します。そのため、SNS広告を活用します。

美容室の場合は、美容師に顧客が付きます。そして、基本的に美容室を変更する時は、引っ越しや転勤・転職などによる生活の変化か不満のどちらかです。内部の人々がどのような人々で、どんな技術を持っているのかを伝えるコンテンツを主軸にすると良いでしょう。そのため、動画コンテンツも相性が良いです。

現在の美容室に不満を持った場合、なんらかの形でレビューなどの情報を閲覧しようとします。その時に、Googleマイビジネスが検索される可能性が高く、そこからWebサイトを閲覧されることになります。

つまり、WebサイトもGoogleマイビジネスも消費者行動の検討段階で閲覧される可能性が高いので、店内の雰囲気や在籍している美容師の人柄や力量がわかるコンテンツがないと新規顧客の獲得には繋がりません。

参考:美容室の注目すべき集客方法とは?

小売店の新規の集客方法

売上アップ

  1. SNS広告
  2. ホームページ・通販サイト(ブログでも可)
  3. リスティング広告

小売店の場合は、オリジナルの商品を開発している場合には、通販を併用することが当たり前のようになりました。この時、通販サイトを優先して準備しておく必要性があるだろうと思われがちですが、顧客を優先して集めてしまった方が実は売上を早く作ることができます。

これは実は飲食店などでも同じことが言えまして、お店を作るところからSNSで投稿を続け、初日に行列を作ったラーメン店やカレー店があります。

また、商品の魅力を伝えるホームページの存在は重要で、これに関してはWordPressテーマをそのまま反映させたブログでも有効です。

シャンプーなど消費サイクルが決まっているものは、サブスクリプションを採用し、LTVを最大化することで、Google広告などのリスティング広告が有効です。コストをかけて新規顧客の数を集客し、長期間契約で利益を回収するビジネスモデルです。

集客の無料相談受付中

無料相談はこちら

まとめ

新規の集客を行いたい場合は、出来るだけ手間をかけずに顧客の獲得ができることが大前提になります。SNS広告やGoogle広告は、膨大な閲覧者がいて、そこでターゲティングを行うタイプの広告ですので、閲覧されるかわからない紙面への掲載よりは安定性があります。

新規の集客は、対象にする顧客視点で考えた集客手法の選択が有効です。

また、新規の集客は、それだけでは売上は大きく上げられず、固定客化に育成して顧客生涯価値(LTV)の最大化を意識しなければなりません。固定客の人数が増えることが実質の集客力の増加、人気の獲得に繋がることになります。

次の読むコンテンツにおすすめ→ 最強の集客力の作り方とは?集客のプロが教える集客方法16選 【2020年最新版】

集客作戦本部では、「ウェブ集客に関する知識がない」「専門のスタッフがいないことで全く前に進むことができない」ことを悩みにしている成長したい企業向けの協働型のコンサルティングサービスを提供しています。

「ホームページの改善で売上25%アップ」
「売上が一気に2倍に成長!」
「客単価アップに成功し、売上アップ」

などさまざまな成果にご協力させていただいております。詳しくは、以下のページをご覧ください。

集客コンサルティングの詳細

※実績は、クライアントによって異なります。

気になるキーワードで検索する

  • この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー。大学卒業後、店舗マーケティングツールのASPにて、500店の顧客フォロー及び導入の支援業務に従事。その後、2009年にサクセスパートナーを設立し、集客のコンシェルジュとして、コンサルティングを提供開始。 ▶︎過去に協力したメディア 第一興商発行のDAM CHANNEL for Bizにて、ソーシャルメディアを使った集客方法の特集を8ページ監修(2018/4号) 株式会社リクルートの経営者応援マガジンパートナーズプレスにて、ホームページ作成やSNS活用のポイントのインタビュー記事が公開される。