080-3148-0461

営業時間 10:00~18:00 (日・祝定休)

お電話は既存のクライアント様用です。
集客、マーケティング支援、開発をご希望の方は、
フォームからお問い合わせください。

集客

集客できない美容室の何が問題なのか?

美容室は税理士や会計士と同じように手に職をつけたら定年がありません。また、独立することが一般的であるため、事業所数増える一方です。当然、事業所数が増加すれば、競争も激化します。

そこで問題になってくるのが、開業しても集客ができないことです。美容室の場合、一度気に入った美容師を見つけると、他の美容師に変更は起こりづらく、いかに転入してくる人々や質に不満がある人に訴求し、通ってもらえるかが重要になります。

集客ができない美容室の共通点

飲食店との違いは、外観から期待ができないこと、カラーやカットには周期があり利用頻度が決まっていること、潜在的ニーズでの訴求は難しい点があります。これは、Instagramで友人が髪を切ったことを報告した投稿を見ても、髪を切りたいと思わないことを考えればお分かりでしょう。

人口も人口の流入も少ない地域では、料金の値下げが横行し、安いことが一般的になっています。そこに釣られて料金を低く設定してしまい、販促費が全く捻出できないケースがもっともあります。

販促費が使えないため、ホットペッパービューティー以外に広告費を捻出できない、そのため認知を稼ぐことができず、お店に集客ができないことが原因となっております。集客の仕組みは、別の記事で紹介しております。

ホットペッパービューティーに依存してしまう理由とは?

髪を切りたい、髪の色を変えたいというのは、自身が思った時に発生する顕在的ニーズです。そのため、検索したり、専門の予約サイトを活用するのが一般的です。

ホットペッパービューティーは、テレビCMを積極的に使い、会員数を増やしていきました。スマホに対応したアプリもあり、手軽に予約ができますし、その地域の美容室を探すのが便利であるため、わざわざ他の方法で探す必要がありません。

ホットペッパーグルメの方は、カカクコムの食べログ、ぐるなびのぐるなびと初期から競合しており、一休レストランなどの新規参入もあったことから顧客が分散しました。しかし、ホットペッパービューティーの場合は、競合が育っておらず、一人勝ちの状態です。

では、集客できるようにするためにはどうするべきか?

美容室の場合は、顕在的ニーズを持った人に情報を提供するだけでは不十分です。結局、広告で露出しても行く気になってもらえなければ、集客はできないままだからです。

基本的に外観では判断できないのが美容室であるため、Webを使って内部の情報を発信していきます。

集客ができない美容室からの脱却

  • 露出を増やし、認知を稼ぐこと
  • 選ばれるようにコンセプトを明確にすること

そのため、以下の要点を踏まえます。

誰のための美容室なのか?内装も思いっきり変えてみる。

メンズ専門、レディース専門などの美容室がありますが、これでは絞り込みが不十分です。

「男性であればお任せください!」と言っても、モデルのようなかっこよさを求める人もいれば、薄毛をいかにカッコ良くデザインできるかは全く別のニーズだからです。

秋葉原には、オタク向けの美容室があります。また、千葉県柏市には薄毛専門の美容室があります。特定の趣味趣向や悩みにスポットを当てることで、求められるニーズを均一化することができます。

この際、それらの顧客から好まれる内装にリフォームするのも必要です。その空間で滞在するため、落ち着かない空間にするべきではありません。

リスティング広告を出稿する。

顕在的ニーズを囲い込むために、リスティング広告を使います。

リスティング広告とは、Google検索した時に、上部の広告欄に表示される広告のことです。検索を使って美容室を探している人にリーチすることができます。

検索エンジンのアルゴリズムに影響されないため、入札価格と品質スコア次第で任意の箇所に広告を出稿できます。キーワードに連動した広告ページを表示させることで、露出を増やします。

WordPressでブログを書く。

noteやアメブロのブログは、構築せずにブログをスタートできるメリットがありますが、共有ドメインであるため、検索エンジンに記事を露出させることが難しいです。また、コミュニティー機能では商圏を限定することが難しいです。

WordPressでヘアカラーの事例を紹介するような記事を作ります。ただし、検索に「ヘアカラー」などのキーワードで露出させるのはホットペッパービューティーやeparkなどがあるため難しいので、Facebook広告を使い、商圏を設定して表示させるのが良いでしょう。

近くにヘアカラーに強いお店があると認知してもらうことができ、いいねを押している人に対しては、Facebookページのフォローのリクエストが可能であるため、商圏内のカラーに興味がある人を集めることができるからです。

ポスティング広告を頻度高めで実施する。

一番の顧客は近隣である可能性が高いため、ポスティング広告を比較的高い頻度で実施していきます。

ポスティング広告は効率的ではないと言われていますが、美容室の場合は、周期的に通うものですので、一定の効果は望めます。短期間に3回実施することで、目に止まらなかったことを減らし、興味のある人に対しては屋号まで記憶に残すことが期待できます。

ホットペッパービューティーのために値下げしない。

ホットペッパービューティー内での低価格競争に巻き込まれると、薄利多売になります。

人を使うサービスである美容室の場合、人件費も下がってしまい、美容師のモチベーションを下げる結果になります。最終的に、他店に移動し、顧客も移動する可能性もあります。

そのため、低価格競争は行わないが美容室の場合の正解です。

まとめ

集客ができない美容室の特徴は、選ばれる理由がないことと露出が足りず結果的に知られていないことが挙げられます。

ホットペッパービューティー以外の顕在的ニーズのある顧客を獲得し、顧客離反を起こさないサービスを提供することを意識することが必要です。

なお、ホットペッパービューティーで稼働率が上がっており、損益分岐点をクリアできているのであれば、脱却する必要性はありません。結局、今回紹介した集客方法で顧客獲得単価が同程度である場合もあります。予約できない状態にし、徐々に販促費を削減していきます。

美容室の注目すべき集客方法とは?

-集客
-

© 2020 SuccessPartner