美容室が20代の若者を集客する方法にはどのようなものがあるか?

美容室では、20代の女性向けのマーケティングを行うと高齢者の顧客もついてくることから、若年者を狙った集客を行うことがあります。若者に絞り込む集客方法について紹介します。

目次

集客の基本とは?

集客方法の選択では、若者にリーチするものを選ぶことが重要ですが、内容に魅力がなければ購入したり、行ってみようと思う気持ちにはなれないものです。そのため、興味を示すような内容が伴っていなければなりません。

トレンドを積極的に取り入れる。

店舗や観光のトレンドの情報は、メディアのWEB媒体やSNSが増えた影響で無料で調べることができるようになりました。人気の企画を取り入れることで、集客をすることができます。

人気の企画やスポットの調査は、WEB媒体で調査し、TwitterやInstagramで検索してみると実際の人気度がわかります。人気のあるスポットは、投稿件数が多いからです。特に都市部で行われている企画は、地方では行われていないことも多いですので、地方での集客のトリガーになりやすいです。

目的を絞り込む。

用途を絞り込むことで、魅力を尖らせることもできます。例えば、飲食店がデート目的に絞り込む場合は、ロケーションと内装に投資をするべきですし、いわゆるインスタ映えのような演出要素の強いメニューも用意するのが良いでしょう。

価格はリーズナブルな金額で用意する。

年代平均年収
20代341万円
30代437万円
40代502万円
50代613万円
平均年収(dodaエージェントサービス)

若年者の平均年収は、40代と比べると160万円ほど少ないです。つまり、使えるお金もそれだけ少ないことになりますので、高い価格帯の商品を用意しても売れる可能性は低いです。

ホットペッパービューティーは学生に人気の媒体であるのは、価格がリーズナブルな金額の店舗が豊富で学割もあるからです。

若者を集客する方法とは?

若者を効率よく集める方法とは、若者がよく見ている媒体に着目するのが良いでしょう。傾向を理解すれば、何を行えば良いかがわかります。

若者向けのリスティング広告はGoogle広告を活用する。

年代男性女性合計
20代14.29.423.6
30代14.08.822.8
40代15.28.623.8
50代9.6
60代10.7
Googleの年代別利用割合-ブランクはわからない数値
年代男性女性合計
20代5.5
30代6.65.812.4
40代12.913.226.1
50代12.210.522.7
60代21.112.333.4
Yahoo!Japanの年代別利用割合-ブランクはわからない数値

株式会社バリューズの調査によると、Googleは、20代が全体の23.6%を占めています。それに対して、Yahoo!は、5.5%です。Googleの国内のシェアは、約75%ほどであることから、若者を集客するのであれば、Googleの方がたくさんの若者を対象にすることができます。

ただし、リスティング広告は、広告がクリックされることで課金されることから、出稿すること自体はノーリスクです。そのため、リスティング広告で集客をすることを決めているのであれば、Googleに予算配分を大きくし、Yahoo!にも分散した方が良いでしょう。

SNSは10代〜20代の利用率が高いものを選択する。

令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

総務省のSNSの普及率の調査結果をみると、20代では、LINE、Twitter、Instagram、YouTubeの利用率が高いです。つまり、LINE広告、Twitter広告、Instagram広告、Youtube広告が若者にリーチします。

10代のTikTokの普及率が、57.7%であり、20代も28.6%を占めています。バズの中心になっていることもあり、今後はユーザー数も増える見込みです。

SNSの運用では、興味を惹かなければ集客にはなりません。そのため、プレゼントを配布したフォロー&リツイートキャンペーンなどの企画も効果的だと言えます。

ポスティング広告を活用する。

ポスティング広告は若者にはリーチしないと思われがちですが、経験上年齢に関係せずに集客することができます。

仕組みでは、指定した町丁目の住居に投函するため、関係なしに投函はされます。また、その情報を見るかは、年代によってというよりも、単身者かそうでないかで差があることは知られています。若者は、単身者の割合が高いため、ポスティング広告は若者に効果がないと飛躍した解釈がされています。

面白い企画でパブリシティを行う。

若者はテレビを見なくなったと言われています。2020年の国民生活調査では、20代以下は、約50%がテレビを見ないとされています。ただし、これはテレビ番組に取り上げられても意味がないことを意味しているわけではありません現状でも50%程度には影響力があり、テレビ番組からSNSに波及することで、テレビ番組を見ていない人にも情報自体は伝わります。

Twitterのトレンドでは、そのほとんどがテレビ中継やテレビ番組で話題になったことであることは知られています。また、テレビとTwitterを両方見た人の広告の想起に効果があることもわかっています。

テレビ番組に取り上げられるためには、番組のネタになるような企画商品やサービスを用意し、広報活動であるパブリシティーを実行します。その方法については、飲食店の集客につながる面白い企画やサービスとは?実施する目的と意味でも紹介しています。

若者向けのコンテンツのインフルエンサーを活用する。

専門性の高いインフルエンサーを活用することで、情報拡散の火種をばら撒くことができます。

例えば、若者向けのファッションを扱っているインフルエンサーなどを活用することで、インフルエンサーのファンは情報を受け取ることができます。

しかし、人気と販売力は一致しないことも多く、視聴者数の多いインフルエンサーのチャンネルで宣伝をしても売れないという話題はよく耳にします。その人自体がコンテンツなのか、情報がコンテンツなのかは見極める必要があります。セールスを重視するのであれば、情報が中心のコンテンツのインフルエンサーを選ばなければなりません。

美容室が若者向けの集客をする理由とは

定着率を考えると、結婚をして住宅を購入する可能性の高い30代を狙うのが良いと考えられます。これは、その地域にその後定着するため、LTVが高い顧客を獲得することができるからです。

しかし、単価の高いいわゆるおしゃれな人は、若年者層で流行している店舗で検索をかける傾向があり、美容室では、一概に単価が低いからと言って若者をターゲティングするのは非効率とは言えないです。

まとめ

「若者に来てもらいたい」という経営者は、歴史のあるお店ほど口にする経営者が多いです。若者を顧客にする目的やメリットは事前に明確にしておくべきでしょう。

流行を重視するもの、非現実な空間を求められるわりには、単価が見合わないこともあり、流行を重視しているテイクアウト店や美容室でもなければ、中小企業のマーケティングの実務上は若者世代は旨味がそこまで多くないことがあるからです。

集客の方法は、あくまで若者に情報をリーチさせる方法です。興味を惹くためにはトレンドの調査を怠らないようにしましょう。

▶︎集客の方法を考える時にはこちらのコンテンツを参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次