集客とマーケティングの関係性とは?集客とマーケティングの意味と使い方の違い

Webマーケティング はWeb集客という時もあります。マーケティング と集客は同じような意味として用いられていますが、意味は異なります。

ここでは、マーケティング と集客の違いについて紹介します。

目次

マーケティングと集客の明確な違いとは?

結論を言うと、集客とは、販売促進(Promotion)のことであり、マーケティングの一部を指します。

マーケティング には、マーケティングミックスという考え方があり、商品開発、価格、流通、販売促進(集客)に分類されます。

つまり、マーケティングは、事業を成功させるための戦略であり、集客は、顧客の獲得するための戦略です。つまり、Webマーケティングは、リスティング広告の運用やSEOなどの集客の施策がクローズアップされがちですが、Web上で事業を成功させるための戦略立案から施策の実行、改善までの対策であり、Web集客は、Web上で顧客を獲得するための一連の行動を指します。

マーケティングとは?

マーケティングとは、経営学では、財務や運用と並ぶ重要なポジションを占めています。つまり、世界的な認識として、経営を実施するのであれば、マーケティングは必要と言われていることに等しいです。

アメリカのマーケティング協会の最新の定義ではマーケティングは以下に表現されています。

Marketing is the activity, set of institutions, and processes for creating, communicating, delivering, and exchanging offerings that have value for customers, clients, partners, and society at large.

マーケティングとは、顧客、依頼人、パートナー、社会全体にとって価値のある提供物を創造・伝達・配達・交換するための活動であり、一連の制度、そしてプロセスである。(2013年は2007年の定義を引き継いでいる。)引用:AMA[Definition of Marketing]

つまり、マーケティングとは、ニーズのリサーチから始まり、商品開発、プロモーションによる周知活動、流通網の構築、購入してもらうための仕組みの構築など、サービスを提供するための一連の流れであるということです。

様々なデータの分析や顧客管理をデジタルを使って円滑化することで、マーケティング活動の効率化を求める流れになっています。

集客とは?

集客とは、顧客の獲得をするための行動です。従来は、客集めというような売り手の視点で考えられていましたが、同じ目的の商品やサービスでも競争が起こっていることから買い手の視点で考えることが一般的になりました。

そのため、買い手が求める魅力を訴求することで、顧客を魅了し、実際の購入に結びつけるのが集客です。

集客では、媒体の特徴と広告の仕組みを生かして、見込み客に魅力になる情報を伝えることで、購買行動を起こすことを目的にしています。そのためのチラシ、Webサイト、SNS、動画、看板などの集客ツールに掲載する情報を選定して作成も行います。

集客はマーケティング化している傾向がある。

集客は、情報を発信するのではなく、顧客との双方的なコミュニケーションを行う傾向になっています。

そこで、以下のような施策を行う企業も増加しています。

  • 製造業者が、直接エンドユーザーと接点を持ち、エンドユーザーが求める商品を開発して販売するDtoC(ダイレクト トゥー カスタマー)
  • エンドユーザーとコミュニケーションをとった結果を商品の改善や新規事業の立案に役立てるグロースハック

そのため、集客には、既存の商品やサービスの販売量をいかに伸ばすのかだけではなく、市場からの情報を収集し、価値創造を行う(つまり、ビジネスのチャンスを作り出す)ことが求められています。

では、具体的な対策例について紹介したいと思います。

飲食店の集客とマーケティングの違い

飲食店での集客では、効果の高い媒体を選択し、既存のメニューやサービスをフレームに合わせて発信します。例えば、居酒屋であれば、ホットペッパーやぐるなびなどのグルメサイトを導入するなどです。

しかし、検討しているユーザーの目線からすると、グルメサイトだけの情報で飲食店の利用を決めているわけでもありませんし、必要と思っている情報はメニューだけではありません。自分の考えている条件にいまいちマッチしていない広告を出している飲食店は選びづらくなります。

そこで飲食店でもマーケティングを実践します。

集客をしたいターゲットを明確にし、そのターゲットがどんなものに価値を感じるのかを洗い出します。そこで、女性顧客であればOZmall、デート需要であれば一休.comレストランを導入し、それぞれの用途にあった情報を選定して掲載し、オリジナルのコースメニューや付加価値を追加して情報掲載します。

また、顧客それぞれに最適なサービスを提供するため、顧客管理のシステムを導入します。これを行うことで、前回来店した時のコースメニューや提供したサービスを知ることができますし、顧客の名前を覚えていることができます。

特別感めっちゃ大事ですよね! 来店回数5回以上の会員様518名様に回答頂いたアンケートで 店内体験で印象的だった出来事を聞くと、 「自分の名前を覚えていてくれた」 という回答も非常に多かったです。

Twitter

メーカーによる直販の参入

玩具といえば、従来は、卸売業者が流通し、小売業者が販売するような区分けがされていました。そのため、集客では、アニメや特撮の番組を企画し、テレビCMを出すことに限定されます。この方法では、それぞれの番組の人気度に販売量が影響され、玩具屋に前作の玩具の在庫が残ります。

しかし、インターネットが普及した影響で、SNSでメーカーが情報を直接発信し、それに対するエンドユーザーの反応を直接獲得できるようになりました。

プレミアムバンダイでは、製造した玩具を販売するのではなく、玩具を受注販売しています。これもSNSの普及でできるようになったDtoCビジネスモデルであり、生産量を必要分だけに集約して流通させることができるようになりました。

集客やマーケティングと似た意味の用語と関係性

ブランディング

ブランディングとは、記憶に印象を焼き付ける施策のことです。ブランディングの語源は、自分の家畜を見分けるための焼印からで「焼き付ける」の意味があります。

ブランディングの役割としては、既存顧客のファン化により、顧客離反の発生率を下げる役割や評判口コミを広める役割が期待されます。

例えば、エルメスの新作を常にチェックしている人は、エルメスのブランド力を信頼していて、新作の製品に無条件で期待を抱いています。

aidma

消費者行動で説明をすると、新規顧客は、認知することから始まり、興味段階、欲求段階を通して商品の購入に至ります。ブランドに信頼性を抱くと、ブランド名から自分から商品を検索し、購入に至る行動をとります。

これにより、商品の認知に莫大な広告費を投下しなくても販売が見込まれることになります。

あわせて読みたい
ブランディングとは?集客や営業力をブーストする強いブランドの作り方【2018年最新版】 ブランディングを行うと言われても、イマイチぱっとしない人がほとんどだと思います。何故ならば、ブランディングの意味合いを知っているようで知らないからです。 ブラ...

純粋想起

純粋想起とは、特定のキーワードからブランド名が出るものです。例:「バックといえばエルメス」

純粋想起で自身のブランド名が出ることで、口コミでの集客力が高くなります。

助成想起

助成想起とは、ブランド名からキーワードを出力するものです。助成想起でより具体的なキーワードが出力されることで、ブランドの市場への浸透度合いを知ることができます。

集客力

集客力とは、顧客を惹きつける力を意味します。集客力が高くなると、広告費をそこまでかけなくても用意していた箱が満員になります。

関連記事 集客力向上に効果がある方法とは?集客力アップのためのプロセスと方法

集客力が高い状況は、認知度が浸透しており、購買活動も簡単になっている結果と言えます。そのため、マーケティングやブランディングがある程度完成した状況を作り出していることが重要になります。

なぜ営業のパソコンは、レッツノートが多く、クリエイターのパソコンは、MacBook Proが多いのか。この答えは、それぞれの市場のニーズに適用したプロダクトであると同時に、パナソニックやアップルという信頼できる企業ブランドが後押ししているからに違いありません。

まとめ

おそらくこの記事を読み始めた人は、マーケティングと集客の違いについて知りたいと思っている人が多いと思いますが、企業の実務レベルでは、あまり区別されていないケースの方が多いです。

よくみるケースでは、分析をマーケティング部門、集客を含む営業活動全般を営業部で分担していることはあります。

マーケティングを学ぶための要約本が販売されています。マーケティングは、財務などと並ぶ経営学では重点科目です。こういったまとめ本を読んで特に学びたい分野を絞り込むのは、マーケティングの知識を獲得する上では効率的です。

現在の集客は、Webが主体になっています。そのため、集客を学ぶのであれば、まずWebマーケティング を体系的に学びましょう。

Webマーケティング のスクールに通うと非常に高いですし、本で勉強することは実はUI(ユーザーインターフェス)が頻繁に変更になるWebツールも多いため、情報が追いつきません。そこで、Withマーケのような動画コンテンツを利用するのがコスパの良い学習方法だと思います。

入会金がかかりますが、月額が3万円でも珍しくない中4,980円で300本の動画コンテンツをみることが可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次