集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

集客

集めない集客、集客しない集客とはなんなのか?そもそも集客って、客を集めること?

投稿日:

小形
集客しない集客や集めない集客など、集客のゴロ遊びがありますが、そもそも集客って、客を集めることだったんでしょうか?

集客とは?

日本語で書けば、「顧客を集める」の意味で受け取ってしまいます。しかし、実はこれは誤訳なのではないかと思ってます。

集客をグーグルの和英機能で調べると、「Attracting Customers」と英訳されます。「Collecting Customers」ではありません。つまり、何が言いたいかと言いますと、集客の本来の意味は、顧客を魅了することにあり、顧客を集めることではありません。

集客には、3つの要素があります。

集客の3要素

1-1.ブランドを構築する。

魅力的に感じるということは、現在抱えている悩みを解決したり、現在の欲求を満たしてくれる予感がしたり、顧客があなたのビジネスから感じることができるという状態をさします。

選ばれるポイント、独自のカラーがなければ、顧客はどこにいっても同じと感じ、あなたのビジネスを選択するハードルを上げることになります。

1-2.安定化させる。

ビジネスの存続には、安定化が重要です。常に新規の顧客を追い続けなければならない状態は、高い販売促進費とストレスを消費し続けることになります。

リピーターになってもらうための対策、口コミが起こりやすい状態作り、より売れやすいコンテンツの導入による顧客単価の向上などがこれに該当します。

1-3.顧客を集める。

「ザ・集客」の意味合いで捉えられる要素ですが、上記の2つの要素がなければ、反響率が低く、販売促進費用も高くかかってしまうため、費用対効果が低くなります。

ほとんどの意味合いの疲弊する集客は、この状態をさします。

待ちに待ってました!と思われる情報を含んだビジネスは、広告を出稿しただけで高い反響が期待できます。また、新規顧客がいないと商売になりませんし、既存顧客はなんらかの理由で減っていきますので、「顧客を集めること」もやらないといけません。

2.集めない集客、集客しない集客とは?

結局どれも集客なのですが、つまり下記のどれかになります。

2-1.独自ブランドを構築する集客

できることで起業をしてしまった結果、差別化できていないビジネスが多いです。モノが足りない時代ならば、モノを作れば売れる状態でしたが、今現在はモノが溢れており、インターネットで検索すれば、業者価格で欲しかった商品が手に入る時代です。

独自ブランドを構築し、対象顧客の共感を買うことができれば、選択されやすい状態を作ることができます。

2-2.安定化させる集客

コンサルタントやコーチ向けのセミナーではこれをメインに取り上げるケースがどうも多いようです。

コンサルタントやコーチの場合、一般の店舗などに比べれば、たくさんの客数を相手にできませんし、顧客獲得のハードルも高いです。そのため、顧客単価の向上および高いリピートが必要になります。契約回数が定められているのはそのためです。

また、客数を相手にできるように、DVDの販売、講座形式にします。(これはこれで、受講する側に問題が発生しやすいのですが。)

まとめ

「ホームページの反響率を向上させる方法」や「SNSを使って顧客を集める方法」などのセミナーには参加するけれど、「独自の強みを出す」「差別化する」などのセミナーには参加しない人が多いんじゃないでしょうか?

相談されてみると、一生懸命説明しないとわからないポイントを強みというケースや他社の調査不足でそもそも強みが存在していないケースが多いことに気がつきます。問題を認識していない状態です。

この状態では、どんな施策を行っても高い効果を得ることができません。

集客のスタートは、自分のビジネスを見直すことにあります。ビジネスのブランド構築、安定化させる施策、顧客を集める施策の3本を一度深く考えてみましょう。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.