集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
仕事に関するお電話はお気軽にお問い合わせください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

パソコンを見る猫

ブログ集客

アメブロ集客は、なぜ集客方法としては駄目なのか?また、活用できる場合は?

更新日:

アメブロ集客など、アメブロと集客を関連づけるキーワードでの検索がだいぶ減りました。

昔は、ブログ集客と言えば、アメブロを活用するということが一般的でした。

しかし、その傾向もアフィリエイトブログが大量削除され、商用利用禁止から運営の意図からはみ出た著者系アメブロ集客コンサルタントのブログ削除に至ったことで、「ブログは自社のもので運用する必要があること」を認識しだした人が増えてきた印象があります。

ちなみに、アメブロを運営しているサイバーエージェントのブログ運営は、非常に優れていると思います。

だからこそ、アメブロで集客することはオススメしておらず、一定の利用用途に限られていると思います。

最新のお知らせ

20分の無料相談受付中!

サクセスパートナーでは、売上UPや集客の対策をクライアントと一緒になって実施するディレクション型のコンサルティング事業を行なっております。

月額10万円〜で集客のプロが改善及び対策を実施していきます。無料お問い合わせはこちらから。

「アメブロ集客」を検索すると驚きの結果になっている。

ブログ集客で見込み客を集める方法には、SNSもありますが、主軸はあくまでGoogleのような検索エンジンです。

グーグルでアメブロ集客を検索します。(正確な順位を見るために、シークレットモードで検索します。)

2017年までは、このキーワードでアメブロドメインでも上位に表示されることが多かったのですが、1ページ目に表示されているアメブロ集客系のブログは、1つのみで、4位に表示されています。

また、最新の「アメブロ集客」の検索結果を無料で使えるSEOツール「Ubersuggest」で検索した結果です。アメブロドメインのブログは入れ替わりましたが、6位に表示されています。

これをどう見るかですが、アメブロと関連性が強いドメインで特段上位に表示されているわけでもありません。

アメブロドメインは、非常に強いキーワードも存在することは確かですが、全てのブログがameblo.jpで統一されていますので、検索エンジンに記事が表示される機会までアメブロ内で競争する必要性があります。

アメブロの会員数は非常に多く、中には器用な人もいらっしゃいます。文章が得意な人にブログ初心者が露出面で勝てるブログを書けるはずがありません。

つまり、ブログに苦手意識があるからアメブロを選ぶこと自体が間違っていて、ブログ集客を考えるのであれば、今後は独自ドメインのブログを選択するというのが本来であれば正しい選択になります。

事実、アメブロ集客について言及しているブログの中で露出しているものはアメブロを活用しておりません。

アメブロ集客コンサルタントには注意も必要

正直、他所のコンサルタントのことはどうでもいいですし、顧客も、自分が描いた結果を導いているのであれば、不安視することなく、その人を関係を結んでいくのが良いと思います。

例えば、営利企業の場合、ほとんどの場合は、ロゴを商用利用で使わせないことが原則になっています。

これは、当然で著作権で保護されていますし、自分のビジネスで二次ビジネスを好き勝手に許可するはずがないからです。この点をサイバーエージェントのカスタマーサポートに確認したところ、アメーバも例外ではないと返信をいただいております。

しかし、検索して見るとたまに見かけますし、広告のバナーにそのまま貼り付けているコンサルタントもいます。

アメブロは集客ツールではありません。アメブロを使って、どうすれば削除にならずに集客することができるのかを考えるのではなく、意図を曲げない活用の仕方が必要だと思います。

スポンサー

そもそも、アメブロは集客ツールではない。

アメブロはブログサービスです。集客ツールとして売り出したことは今まで一度もないと思います。

そのため、何かある度に、「運営が悪い」、アメブロは記事が削除されやすいと判断するのは、前提としておかしい話になります。

また、運営のサイバーエージェントからすれば、アメブロは広告媒体の一つです。過激に表示されている傾向のバナー広告ですが、これは運営として広告収入を増加させるための施策です。

アメブロは、他のブログに比べても、グーグルに対する対処が早くなっています。これもPV数を増加させることで、広告収入を増加させるための施策です。

ブロガーが自分の収益を増やすために、自分のブログをカスタマイズするのと変わりません。ビジネスとして運用しているため、意に返さない内容を削除したり、非公開にしたりする設定を導入しても、それはアメブロの当然の権利です。

ちなみに、アメブロにブログを書くと、その記事の著作権はアメブロにあるという説明をしている方もいらっしゃいましたが、著作権とは、作成者が著作権者になりますので、著作権自体はブロガー側にあります。

ただし、ブログはアメブロの運営の元にありますので、ブログの記事をWordPressなどに移動する場合は、「他所のブログから記事をコピーした」という見方になります。

残念ながら、アメブロにはブログを移動した時に使う301リダイレクトなどの機能がありませんので、ブログをWordPressなどで作り直す場合は、記事を書き直すことをおすすめしております。

アメブロを集客に活用するためには?

ブロガー

それでは、アメブロをうまく活用して集客に結びつける方法はないのでしょうか?

アメブロは運営側の目線では広告媒体です。そのため、できる限りの記事を露出させ、PVを稼ごうとしています。

つまり、利用規約をよく読み、運用方法を工夫すれば集客に活用すること自体は可能です。

ただし、これは、「アメブロが集客に使えるか?」という質問の前提の話であり、アメブロが使用するブログの最適解であるとは限りません。

他のコンサルタントが書いている記事を読んでいただいても分かりますが、ほとんどの人がアメブロではなく独自ドメインブログを活用しております。

ブログ集客が向いている業種とは?

ブログ集客と相性が良いのは、問題解決をすることがメインコンテンツになる職業です。

例えば、コンサルタント、コーチ、士業、セラピストなどがこれに該当します。

さらに言えば、美容室は髪や頭皮の問題を解決する最も身近なプロですし、体調を整えるプロが整体師だったりします。アパレルは、かっこよく見せる、その人にあったファッションを提案するプロです。

逆に、飲食店の価値は、ビジュアルで説明することができることが多く、問題解決が業ではありませんので、ブログ集客よりもSNS、LINEやメルマガなどの再来店施策に力を入れた方がうまくいくケースが圧倒的に多いです。

その中でもアメブロを活用できる業種とは?

アメブロは、特にキラキラ系を対象にしたマーケティングに有効だと言われています。

これは、アメブロが芸能人ブログや化粧品や料理などの分野のブロガーを重宝している傾向があるため、主婦を中心としたユーザーが強いからです。実際にAmebaは、F1層の3分の2、主婦の2分の1をカバーしています。(Amebaユーザーの特性より)

そのため、美容、料理、育児、ファッション、OL生活などの分野が特に強い傾向があります。
これらとジャンルが一致しているのであれば、興味のあるAmebaユーザーが多いため集客が見込めます。

小形
例えば、占い、カウンセリングなどのスクール、ネイルやエステなどの美容系、おしゃれでママ友が集まりやすいカフェ、そして生き方系のコーチングなどがこれに当てはまります。

集客用のブログとしてアメブロを選ぶべきか?違うブログを選ぶべきか?

この答えも、単純です。「何を目的にしているのか?」次第です。

マーケティングは、対象にしている顧客次第で媒体を選択します。アメブロは、SNSのようなコミュニケーション機能が豊富な反面、検索エンジンからの集客では、他のアメブロユーザーと競合してしまうデメリットがあります。

そのため、アメブロに向いている業種では活用の意味がある反面、SEOでがっつり集客する必要性がある社労士や行政書士などの士業の場合はアメブロでは難しいことになります。

既存顧客とのコミュニケーションのみが目的であれば、ブログは正直なんでもいいです。これを削除するブログサービスはおそらくありません。ただし、アフターフォローのコンテンツをしっかり作り込み、WordPressを使うことで、SEO対策にもなる場合が多いですので、アメブロでなければならない理由は非常に薄いです。

アメブロの記事はコンテンツと言えない場合が多い。

アメブロは、SNS的に編集された記事であり、その記事には集客力がそもそもない場合を多く見かけます。

アメブロの著名なコンサルタントのブログを見ていると「ブログ集客は、記事が短く、わかりやすい方が良い。どうせ見られないから。」とか、「記事の数をとにかく増やした方が良い」など説明されており、それを素直に実行しているアメブロが多いような気がします。これは、フェイスブックでいう投稿をできるだけ多く、定期的に行った方が良いと同じ論理で、ブログ集客の説明というよりは、SNSの運用論です。

また、本当に対策されているブログは、見込み客が集まる検索キーワードで上位表示されますので、どんなに長くても見られる傾向にあります。文章が長いと見られないは完全にデタラメです。

ちなみに、私のブログ記事の平均滞在時間を測定したものです。全体の平均滞在時間は3分40秒ですが、記事ごとにみると、5分以上見られている記事もたくさんあります。全体の10%がブックマークなどを経由していますので、アメブロの読者登録機能を使わずとも再訪が多いことになります。

また、数を増やした方がいいのは、事実です。批判されたWELQはそのコンテンツの内容には問題がありましたが、信じられない速度で記事を追加していった結果、上位に安定して表示されるコンテンツサイトになりました。

ただし、これは、見込み客に対して、有用と思われるコンテンツを増やした場合の結果であって、品質の低い記事を量産しても結果は残りません。

キーワードを盛り込んだだけの殴り書き記事を量産する施策、人呼んで数稽古は、低品質なコンテンツをとにかく増やしている結果に繋がってしまい、時代でいえば、2010年くらいに有効だった方法です。

アメブロ集客は旬が過ぎているのか?

現在のところ集客ができているアメブロは、よく考えられた運用が前提になっています。

最近試しに匿名で、アメブロに登録し、読者登録をしまくってみたのですが、フォローバックはほとんどありませんでした。保守的になりすぎていることやログイン自体の機会が減っていることが原因だと思われます。

正直、コミュニケーションであれば、今現在は、フェイスブックやインスタグラムの方に慣れを感じている人が多いので、わざわざアメブロでコミュニティーを作って行こうと発想にはなりづらいです。

旬が過ぎたというよりも、同じ目的で運用が可能なSNSなどの選択肢が多いので、わざわざブログでアメブロを選択する必要性は無いです。

アメブロからWordPressにしたい。

アメブロからワードプレスに移管する際に、コンテンツの移管方法を聞かれるのですが、これはやめておいた方がいいです。

アメブロ内で書いた記事は、あなたのものではなく、アメブロのものです。著作権者は自分ですが、コンテンツをアメブロに投稿した時点で、Googleなどの各種サービスはそのように認識してしまいます。記事を移管するということは、実質このアメブロのコンテンツをコピーすることになります。

アメブロで書いた記事は、全体的に低品質な記事が多いため、そもそも書き直しをするのが基本になります。

小形
「一生懸命書いた記事を低品質なんて言うなんてとんでもない!」と思う方もいらっしゃると思いますが、アメブロのブロガーが書いているほとんどの記事は、自分の視点で書かれていることが多く、読まれる記事ではありません。実際、添削すると、原型を留めない記事になり、しかもその記事を使って見ると、あっという間に自分の書いた人気記事の訪問者数を抜き、落胆なさる方が多いです。

2016/12に主にブログの書き換えを行ったクライアントのウェブサイトの訪問者数を表しているグラフです。このブログは、月に2〜3記事程度しか新記事を書いていません。このグラフをみれば、記事がなんでもいい、数だけこなせばいいというのは完全に間違いだという結論になります。

そのアメブロに問題がなければ、そのままにするのが良いでしょう。クライアントにもそう指示していますので、更新されていないアメブロが残っている状態です。

アメブロ集客のまとめ

アメブロに限らずそうですが、「何を行いたいのか?」で集客ツールの選択を行います。

新規顧客の獲得を目的としている場合は、そもそも広告などの離脱箇所が多い点やSEOでアメブロのブロガーと検索エンジンに表示することで競争が発生してしまうため、通常のブログのような集客をする場合は不利な点が多いです。

アメブロの活用は、F1~F2層のユーザーが多いことやSNSのような機能が豊富に備わっていることから、美容、占い、育児、ファッション、OL生活に関連するジャンルであれば有効でしょう。

特に、アメブロ推しのコンサルタントの人々は、楽しさや生きがいなどをブログ活用の理由に挙げますが、集客方法は集客が目的です。成功する確率が大きな集客方法に勝率の高いコンテンツを配信することで、顧客を作り出すことがなければ、活用していることそのものに意味が無いことになります。

アメブロで集客できなかったから、ワードプレスで集客ができるかというと、そんなことはありません。
中身が一緒ならば、アメブロよりも訪問者数を集めることができないこともあります。

集客相談のご案内

実は、アメブロのセミナーなどに参加する個人事業主の大半は、集客方法を知らないため、とりあえず知っている単語が出ているセミナーに参加する傾向があります。

アメブロ、Twitter、Facebook、Instagram、Youtubeなどなど。
知っている単語であれば、理解もしやすいですが、解決策は、その外にある可能性もあります。

実際ご相談を受けてみると、ごくわずかな意識を変えただけで、全く集客ができないブログが、見込み客に露出し顧客獲得に繋がったケースは珍しくありません。

ブランディングが大事とか、マーケティングが大事とか、当たり前すぎていうまでもありませんが、一番重要なのは、現実味のあるセールスプロセスを設定できているかです。解決のいとぐちとして、ご利用ください。

集客相談への申し込みはこちら

今すぐ申し込む

遠方の方でも、Web会議や電話などで対応可能です。



コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。サクセスパートナー代表。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗マーケティングツールの供給会社に就職し、顧客フォロー及び導入の支援業務に従事。その後、2009年にサクセスパートナーを設立し、数学的や生物学的なアプローチとマーケティングの知識を組み合わせたコンサルティングを提供開始。最近はコアな部分の評価や改善業務も実施することもあり、集客コンサルという言葉で言い表せないほど多岐に精通している。

-ブログ集客

[集客]に興味がある人
必携のメルマガ

集客WIKI以上の情報をメルマガで。
登録したメールアドレス宛に最新情報をお届け
いつでも解除は可能です
close-link
Click Me

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2019 All Rights Reserved.