イベント集客を成功させるための方法やノウハウとは?

どうすればイベントにうまく集客できるのか、疑問に思っていませんか?もし答えがイエスなら、この記事はあなたのために作られたものです。

ここでは、イベントを宣伝するために考慮すべき本質的な側面についてお話します。さらに、私はあなたのイベントの広告をより効果的にする方法についてのいくつかのヒントが含まれます。イベント集客を成功させるためのノウハウが満載です。

目次

イベント集客のコツとは?

イベントには様々な種類があります。大きく分けると、興行収入を目的にしたイベント・特定の業種に特化して参加者やスポンサーのPRを目的にしたイベント・店舗で開催し集客を目的にしたイベントの3つに分類することができ、どれも動員数を増やすために集客しないと成立がしません。

イベントを開催するにあたって、動員を満員にするためにどうすれば良いのかの戦略も併せて考えます。

  • ターゲットを誰に設定するのか?
  • 感染症対策を徹底しているのか?
  • ターゲットにとってイベントに参加するメリットを具体化する。
  • アクセスしやすい工夫はできているのか?
  • イベント集客には期間を用意する。
  • 過去に開催した同じターゲット向けのイベントに参加した人にメッセージを送れるようにする。

ターゲットを誰に設定するのか?

集客の成功は、ターゲットの設定と言っても過言ではありません。例えば、有名バンドの興行と店舗の販促を目的にしたイベントでは、広告の出し方がまるで違うからです。

来場が必要なイベントであれば、実質足を運んでもらいやすいイベントの開催地の商圏に絞り込んで広告を出す必要性があります。そのため、地域性を分析し、最も効率の良い広告を選択的に活用します。

また、高級自動車の試乗会や住宅販売会のイベントの集客では、来場してほしいターゲットが年収や家族構成で決まっています。そのため、ターゲットの絞り込みが可能なWeb集客や過去のデータを活用した集客法を選択するケースが多くなります。

感染症対策を徹底しているのか?

新型コロナ禍に対する規制が小さくなっているとは言え、コロナに感染した時の日常生活への影響はいまだに大きいです。

そのため、企業単位の宴会や会食は控えられている中で、「イベントに参加したからコロナに感染した」では不謹慎であることには変わりません。

感染症対策がどの程度行われているのかは、イベントに来場する人にとって安心してもらうための最低の条件と言っても良いでしょう。

  • 入り口での検温・消毒の徹底
  • 風邪の症状がある人の参加自粛の呼びかけ
  • イベント会場内での不織布マスクをつけることを徹底。会場でも不織布マスクを用意する。

ターゲットにとってイベントに参加するメリットを具体化する。

商業用のイベントでは、来場者に参加する価値を明確に伝えることが、売上につながる来場者を増やす鉄則となります。

例えば、中古車販売のイベントであれば、実際に見ることができる中古車の数やメーカーを横断して自分に合う車が見つかるのかがとても重要になります。そのため、「各種メーカーより取り。取り扱い中古車数900台」のようなキャッチコピーを使うことになります。

アクセスは最大限考慮できているのか?

イベントの参加は、最大限ターゲットが集まりやすいことを考慮しなければ集まりやすい立地で行うことが必要です。アクセスすることにハードルの高さがあると、イベントの魅力的な価値がよほど強くないとうまくいきません。

例えば、近隣や主要駅から徒歩圏内であればアクセスがよく、イベントの集客も楽になります。それに対して、遠方かつ駅から遠いとアクセスが悪く、よほど行きたくなくなければイベントに集客がするのが難しくなります。

イベント集客に十分な認知期間を用意する。

直前に伝えられても都合がつきません。そのため、「こんなイベントがある!」ことを事前に伝える十分な周知機関が必要です。

適正な認知期間を用意した上で、それ以前に集客用のポスター、チラシ、イベントの告知ページを用意しなければなりません。イベント集客をする時は、可能な限り販促物作成の時間を短縮し、適切な周知方法を実施して、短期間で情報を広めるのが良いでしょう。

過去に開催した同じターゲット向けのイベントに参加した人にメッセージを送れるようにする。

一度イベントに参加してくれた顧客は、そのイベントの価値について理解をしています。そのため、同じ趣向のターゲットを新たに探すよりも、参加経験のある既存客とコミュニケーションをすることで、再来場してもらった方が集客の効率が良いです。

手段としては、9割以上が利用しているLINEを導入することが手っ取り早いです。

イベント集客で告知に活用する方法

イベント集客によく活用される集客方法を紹介します。イベントの規模や条件に合わせて活用する集客・宣伝方法が異なりますので、適切な方法の選択を行いましょう。

テレビCMおよび情報番組でのPRする。

地域に住む人々を集めたい地域のイベントや店舗の販売促進を目的にしたイベントでは、テレビでの宣伝が効果を発揮します。テレビは、若年者層ではもう見ないイメージがありますが、リーチの広さは健在で、集めたいターゲット層が多くみている時間帯にテレビCMを出すと、認知度は高まります。

また、夕方に多く放送されている情報番組では、バライティ番組と違って、好きな芸能人を目当てにするわけでもなく、情報を目当てにします。そのため、その番組に取り上げられることで、圧倒的な動員を狙うことができます。番組に取り上げてもらうためには、番組にお金を払うペイドパブリシティと無料で取り上げてもらうノンペイドパブリシティのどちらかで交渉をします。

SNS広告を使う。

SNSは現在では、コミュニケーションだけではなく、情報の収集方法として確立しています。Twitter・Instagram・Facebook・TikTokには、日本国内でも数千万規模のアクティブユーザーがいます。それぞれのSNSでは特徴とユーザー層が異なります。その違いからターゲット層に一致する広告を選択することが、イベントの申し込みを効率良く集めることができます。

SNS広告は、セミナーの集客にも活用されます。登壇者のプロフや顔写真を使ったセミナーの概略を記したサムネイルを用意して、Peatixのような申込みを受け付けることができるサービスで申込みを受け付けます。

チラシをポスティングする。

地域の来場型のイベントでは、その地域で行動している人が見込客です。その地域の人に認知してもらうためには、住居や事業所のポストにチラシを投函します。チラシのポスティングのコツは、来場しやすい地域に絞り込んで投函することです。

チラシのポスティングでイベント集客をする時の問題点になりやすいのは、配布スピードです。例えば、自分でポスティングをすると、1時間あたり200〜300枚の配布が限界です。そのため、1,000枚配布するためには、3~5時間かかってしまいます。この問題の解決方法は、ポスティングを外注することです。印刷会社がチラシの印刷と投函の両方を行なっているため、依頼することで期日までに配布が終了します。

過去の参加者にはDMを送る。

すでにそのイベントに参加経験のある既存客には、お手紙やDMを送り、再来を呼びかけます。

体験価値ができている人とそうではない人では、そのイベントに対する見方がそもそも違います。もちろん、関係性が切れてしまっている相手にイベントの時だけ告知するのではよくはありません。よく展示会を開催する人気の家具店では、定期的に簡単なお手紙が送られていきます。そうやって、忘却による体験価値の消失を防ぎ、次回のイベントへの参加を呼びかけています。

イベントの集客を成功させるためのノウハウとは?

イベントの集客では、可能な限り効率的にイベントの参加につながるように工夫することが必要です。また、単発のイベント開催ばかりを念頭におくのではなく、今後のイベント開催につながるようにイベントの参加者とは、コミュニケーションの手段を確立することが必要です。

イベント集客では、サイトを用意する。

イベントは、雨天などが理由で開催条件が急に変更になることもあります。その時の告知をする手段には、ウェブサイトが必要です。

大規模なお祭りのようなイベントでは、専用のウェブサイトが用意されていますが、規模が小〜中規模の新しいイベントでは、ウェブサイトの構築に投資することが難しいです。そのため、ペライチのようなランディングページを簡単に作成できるサービス を使い、1ページのランディングページを用意するのがとてもおすすめです。

イベント集客用のランディングページでは、以下の情報が必要です。この時、ターゲット層にわかりやすくイベントに参加することで得られる価値が伝わるようにしなければなりません。

  • 昨年のイベントの様子の画像を豊富に使う。
  • イベントに参加することで得られる価値を3つにまとめて紹介する。
  • (セミナーなどでは)イベントに参加した人の意見やコメントを掲載する。
  • イベントの詳細を掲載する。
  • イベント会場へのアクセス方法を詳しく記す。
  • 予約が必要な場合は、予約申込みまで完結できるようにする。

また、ここで作成したウェブサイトは、チラシではQRコードを設置して閲覧できるようにし、SNS広告では直接広告します。

イベント来場者に特典をつける。

イベントに来場してもらった人には、そこでしか購入できないグッズを販売したり、特別なオファーを先着来場者限定でプレゼントをするなどを行うことで、イベントに参加する意欲が増します。

イベントの来場者特典を渡す時には、必ずその後のマーケティングを考えて、いつでもコミュニケーションができるようにすることが必要になります。そのため、特典と引き換えにLINE公式アカウントメールマガジンに登録してもらうなどを条件にします。

まとめ

正しいノウハウと献身的な努力で、より多くの人をイベントに呼び込むことに成功することは可能です。

イベントの魅力的な価値を伝えるウェブサイトの作成から、ターゲット層の理解、強力なマーケティングプランの用意まで、これらのステップをすべて組み合わせることで、より多くの来場者を惹きつけるための適切な環境を作り出すことができます。

【集客をもっと伸ばしたい方へ】

予算に合わせた低リスクで集客の効果を生むには、戦略が必要。
集客のサクセスパートナーでは、様々な視点で、
クライアントの顧客増加の土台になる戦略立案〜施策の実行をサポートいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次