学習塾に集客する効果的な方法とは?

学習塾の集客は、最近ではオンライン配信をするようになった関係で、商圏を広げることができるようになりました。そのため、魅力的でわかりやすいコンセプトがあれば、地域にこだわらず集客することができます。オンライン化していない場合は、地域性を把握した上で、その地域特有のニーズを満たす学習塾を運営します。

これらの集客方法には違いもありますので、今回は、要点を紹介したいと思います。

目次

学習塾の集客のポイントとは?

集客力のある学習塾になるには、顧客にとって魅力的でわかりやすいコンセプトを提供するのがとても重要です。多くの場合、学習塾は入試対策に入塾するため、難易度が高かったり、有名である学校への入試に強いことが挙げられます。

オンライン・特定のジャンルの入試に強い。
・有名校への入試に強い。
オフライン・難易度の高い有名校への入試に強い。
オンライン化が必要な理由とは?

オフラインの授業では、特定の時間を強制的に学習に割り当てることができるメリットがありますが、現在は少子化が進んでいます。そのため、オフラインの学習塾のみだと、近隣の学生数が減り出し、打つ手がなくなります。オンライン学習にも対応できる環境を用意した方が商圏が広くなるため、生徒の集客がしやすくなります。

学習塾の集客のポイントとしては、以下のようなことが挙げられます。

教師の質経験豊富で教えるスキルに長けている講師がいることが重要。
カリキュラム学生の目的に合ったカリキュラムを提供することが重要。
学習環境学習に適した環境を整えることが重要。
個別指導学生に合った個別指導を行うことが重要。
信頼性学習塾の信頼性を高めることが重要。
学習成果試験合格実績などで学習成果をアピールすることが重要。

押さえておきたい学習塾の6つの集客方法とは?

学習塾の集客では、広告やPRなどを行うことで、塾の存在と顧客にとって魅力的な価値を提供ができることを知ってもらわなければなりません。学習塾の集客でよく使う広告やPR法について紹介します。

なお、学習塾のオンライン広告では、学習しているイメージやメッセージをそのまま訴求することができる動画を頻繁に使います。そのため、質の高い動画コンテンツを編集できるようにしておくことがとても重要です。

動画広告

塾のコンテンツは、授業であることから、テキストよりも動画の方がその価値が生徒側に伝わります。そのため、学習塾では、Youtube広告のような動画広告が効果的です。

Youtubeは世界最大の動画共有サイトです。そのため、Youtube広告は、ターゲットに合った動画広告を配信することができるため、効果的な広告手段の一つとなっています。

TrueViewインストーム広告は、動画の前後・動画中に表示される動画広告です。15秒以内の動画を用意することで、テレビCMのようなスキップなしの動画を配信することができます。

テレビCMでは地元テレビ局の枠を購入することになるのですが、見ている時間・番組がマッチしているとは限らないため、ターゲティング設定したターゲットのみに表示される動画広告の方がリーチします。

リスティング広告

リスティング広告とは、検索エンジンに表示されるテキストベースの広告のことです。検索クエリと関連性が高い広告が表示されます。検索エンジンでは、商品を探す時にキーワードを入力して検索します。

学習塾探しの場合は、検索されるワードも限られています。そのため、任意のランディングページに誘導できるリスティング広告は学習塾の生徒集客では効果的です。

リスティング広告のデメリットは、表示される広告数に限りがあるため、大手予備校や学習塾がリスティング広告を出している時は出稿費用が高くなりがちです。

ポスティング

ポスティングは、チラシをポストに投函することです。学習塾は商圏や通学圏が限定されているため、地域を絞り込んでチラシで認知してもらうことも効果的な集客方法です。

ポスティングのメリットは、視認性が高いため、地域を絞り込んだ時の情報のリーチが高いことです。デメリットとしては、興味関心には紐づかないため、対象になる年齢の学生数などを調べておかないと市場がない地域にポスティングしてしまいがちになります。

ポスティングは自分でも行うことができますが、自分の時間を使ってしまうため、印刷会社にポスティングまで依頼をかけるのが結果的に費用対効果が高くなります。

SNS広告

SNSには、Facebook、Instagram、Twitterなどがあります。これらのSNS上では、ユーザーが自分のアカウントを通じて他のユーザーとコミュニケーションを行い、情報を交換することができます。

SNS広告は、ターゲットとなるユーザーの情報を元に、画像、動画、リンクが差し込まれた投稿形式などのマーケティングメッセージをユーザーに配信することができます。また、SNS広告はデジタル広告の一種であり、リアルタイムでのレポーティングや、効果の把握ができるというメリットもあります。

SNS広告は、市町村単位まで出稿範囲を絞り込むことができます。例えば、エリア限定のフォロワーを集める目的やキャンペーンのお知らせをする目的に広告を少額投資しただけでも認知されます。1分程度でわかる簡単な授業を動画の形で配信するなどが集客のアイデアとして挙げられます。

Googleビジネスプロフィール

Googleビジネスプロフィールは、Googleのサービス(検索エンジンやGoogleMaps)などに、ビジネスの詳細情報を掲載することができるプロフィールのことです。Google ビジネスプロフィールには、ビジネス名、住所、電話番号、ウェブサイト、営業時間などの情報が含まれます。

Googleビジネスプロフィールを作成することで、検索エンジン上でのビジネスの認知度を向上させ、第三者からの客観的な評価であるクチコミを閲覧することができます。また、Google マップ上での検索結果にビジネスが表示されるため、顧客が簡単にビジネスを見つけることができます。

Googleビジネスプロフィールは無料で作成することができますが、有料オプションもあります。有料オプションには、広告の掲載やレポーティングなどの機能が含まれます。また、ビジネスプロフィールの管理者は、Googleビジネスアカウントを通じてプロフィールの情報や写真などを管理することができます。

Googleビジネスプロフィールを対象にした検索の対策をMEOと呼びます。MEOは、検索ワードに関連性のあるビジネスプロフィールのリスティング結果に対する対策であるため、サービスやキュレーションサイトのまとめ記事などは除外されて表示されます。

主な対策方法としては、クチコミを集めたり、特定性の高い住所や屋号などのワードであるサイテーションをウェブ上で頻出させることが挙げられます。

紹介制度

学習塾の集客は、塾の立地に影響を受けます。そのため、実際に通っている生徒の父兄から、同年代の子供を持つ父兄に紹介してもらうことが効率が良いです。

例えば、夏期講習や冬季講習などの比較的通いやすい時期に紹介割引を行い、生徒を連れてきてもらいます。そして、成績が上がる見込みがあれば、正式に入塾してもらうなどの段階を踏むことも集客の対策の1つです。

柔軟に環境に対応し、独自のポジションを確立しよう。

学校教育では、タブレット機器によるデジタル学習も進んでいます。そのため、オンライン学習には抵抗がないことも挙げられます。zoomなどのオンラインツールを活用することで、オンライン授業を実施すること自体は可能ですので、カリキュラムやコースに入れて環境に合わせる対応は必須です。

これによって、商圏自体を広めることも可能です。オフライン対応を貸し会議室などを使い、学区対応する対策もできます。

最終更新日 : 2023年10月31日

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次