集客

美容室がホットペッパービューティー以外の方法でネットから集客するためには?

美容系の店舗は、集客をホットペッパービュティーに依存している場合が非常に多いです。

ホットペッパービューティーは、美容系の集客媒体、予約サイトでは大規模な宣伝を行なっており、知名度も抜群の媒体です。そのため、うまく活用することで集客ができるようになりますが、高額な広告費の負担を毎月行わなければなりません。

知名度で言えば、飲食業界の予約サイトは、年々分割されているのに対して、美容業界はとにかく一人勝ちしています。そのため、ホットペッパービューティーを活用している店舗数も多く、登録店舗で顧客獲得を競争しているため、価格競争にどうしてもなりやすい面があります。

頻繁に価格改定もあるので、「採算性が合わなくなった。」などの言葉をよく耳にします。

そのため、ホットペッパービューティー以外の活用や集客経路が欲しいところではあります。

ホットペッパービューティーでなければ集客はできないのか?

ホットペッパービューティーに限らず、リクルート系の媒体は広告費を膨大に使っていますので、なんと言っても知名度があります。

そのため、みんなホットペッパーを使っていると錯覚してしまいます。

ホットペッパービューティーの利用したユーザー数の情報は検索にヒットしませんでした。

しかし、年間の予約数が、47,511,932回であるデータはあります。(2018/4 ホットペッパービューティー公式)また、2016年に調査された年間美容室の利用回数が5.8回であったことからホットペッパービューティーを使うユーザー数は、819万人前後であると推定できます。

確かに、ホットペッパービューティーは使い勝手がいいので、美容系の最強の集客ツールであることは間違いはありません。ですが、何と言っても媒体運営に必要な圧倒的な人件費と広告費を賄うための広告費が高いことが特徴で、単価の低いF1層がメインターゲットですので、固定客を作りづらいデメリットがあります。

ホットペッパービューティーをやめてしまえば、莫大な広告費はかからないのですが、そこで賄っていた集客数はなくなってしまいます。
それがなくなると、経営が成り立たなくなる、だからやめられない、、、

こうなると、一体なんのためにお店を経営しているのかがわからなくなります。少なくとも、ホットペッパービューティーの担当営業マンの給与に貢献するためではありません。

ここでやるべきこととしては、

  1. ホットペッパービューティーの依存度を下げる。
  2. 顧客囲い込みの戦略をとる。

この2つになります。

スポンサー

ホットペッパービューティーの依存度を下げる。

経営において、特定の業務を特定の企業に依存してしまうことは大きなリスクになります。ここでは、集客をホットペッパービューティーに依存することが該当します。

特に、集客は、収益性に関わることですので、複数の集客源を作らないと、依存している企業の言いなりになるしかなくなります。

グーグルマイビジネスを積極的に活用する。

ぐるなびの株主総会で、送客が低下したのは、グーグルが機能を拡充し、グーグルでお店選びが完結してしまうからだという発言があったそうです。

ぐるなびの決算からみるグルメ媒体の未来(Food Marketing Academy)

これは、他のポータルサイトも例外ではありません。スマホアプリのダウンロードをテレビCMで積極的に勧めていますが、どのスマホにも必ず最初から入っている検索エンジンであるグーグルの強さは、業界ではモンスター級だということです。

グーグルマイビジネス経由の集客は、無料で集客できてしまうため、未着手ほど損をしていることはないということです。

SEOに力を入れる。

店舗の集客は、SEOと相性が悪いとされています。しかし、美容室の場合は、独自の技術やシステムが存在すれば、話は別です。

コンサルタントの場合は、商圏を全国まで拡大することができますが、美容室の場合は、競合は、商圏内の店舗に限られます。ですので、必ず、大手系列の店舗などに勝つ必要がなく、対策としては実は取りやすい業界に分類されます。

■SEOへの誤解

「SEOは詐欺!」と敬遠されがちですが、”SEOはなぜ行うのか?"を考えれば腑に落ちるところが多いと思います。

例えば、このサイトは、集客に関係するキーワードで検索すると1〜3位以内に表示されている場合が多いです。これは、対象にしている顧客が、"集客に悩みを抱える経営者"であり、その経営者達が、悩みを解決する方法として、"検索"を選択することを知っているからです。

悩みを解決する方法として、検索がある以上、SEO対策は、有効です。

SEO対策は自分でもできる対策ですので、まずは自分でやってみることです。

方法がわからない、しっかり対策をしていきたいと感じた場合は、私たちのようなコンサルタントに相談すればいいと思います。

顧客囲い込みの戦略をとる。

顧客リスト数は、企業の戦闘力と言ったことがあります。

これは、今でも変わらないと思います。

ポータルサイトに依存している店舗のほとんどが、リピーター対策を行っていないか、本腰を入れていません。

そのため、顧客が定着しないため、延々と新規顧客の獲得に力を入れなければならない状態になっているのです。

また、このリピーター対策は、登録のストレスがないものであることが前提です。自分たちも登録するのに四苦八苦するような方法が有効なわけがありません。

LINE公式アカウントを導入する。

LINE公式アカウントは、導入している店舗数が多いことから顧客側も登録に慣れている媒体です。メッセージを配信し、顧客とのコミュニケーション頻度を高めることが目的になりますので、ここで配信するメッセージはできるだけ双方のコミュニケーションが発生するようなメッセージが望ましいです。

LINE@はリピーター集客に最適。効果的な活用方法とは?

マーケティングプロデューサーの小形です。 LINEは、監視されているようで嫁以外とはやっていないのですが、そうもいかないのはやはり店舗経営者だと思います。 LINEの普及率はもう既に結構なもので、うち ...

クーポン戦略よりも感謝祭などの催しを優先する。

魅力とは、料金ではなく、"何を手に入れることか?"です。クーポンばかり発行しているようでは、他店に比べて優位性が全くないと自己申告をしているようなものです。

期間限定の感謝祭などのイベントをベースにして、コミュニケーションを行います。

そもそもな話、この段階では、ホットペッパービューティーを活用している状態ですので、安さを求める人は、ホットペッパービューティーのページを参考にします。わざわざ、別の方法で獲得した優良顧客の客質を下げる必要はありません。

まとめ

ホットペッパービューティーは、費用が高く、固定客が少ないし、価格改定も多いので、やめた方が良いというコンサルタントも実は多いのですが、では他に同じくらいの顧客を供給できる手間がかからない方法があるのかと言われると実質存在しないですよね。

飲食店の場合は、宴会に限ったキーワードでリスティング広告をかける場合もあるのですが、1回の予約で顧客獲得が1人の美容室の場合は、リスティング広告は費用対効果が高くはありません。

事実として、ホットペッパービューティーを活用して、採算性が十分に合うという店舗も存在します。これらの店舗の特徴は、安売りに加担しない、独自のコンセプトを持っていて、顧客側からすると料金以外の部分でしっかり選択できます。

そもそも、他の店舗ビジネスでもそうですが、他所と代わり映えしなければ、価格が安い方を選ぶのが常識です。

費用対効果の低さで悩んでいる場合は、競合店舗と明確な色の違いを広告で打ち出すことができているのかを見るべきでしょう。



コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

-集客

深刻なコンテンツコピー被害が確認できましたので、コピーできません。

© 2020 SuccessPartner