美容室 集客

美容室がホットペッパービューティー依存から脱却する集客方法とは?

美容系の店舗は、集客をホットペッパービュティーに依存している場合が非常に多いです。

ホットペッパービューティーは、美容系の集客媒体、予約サイトでは大規模な宣伝を行なっており、知名度も抜群の媒体です。そのため、うまく活用することで集客ができるようになりますが、高額な広告費の負担を毎月行わなければなりません。

知名度で言えば、飲食業界の予約サイトは、年々分割されているのに対して、美容業界はとにかく一人勝ちしています。そのため、ホットペッパービューティーを活用している店舗数も多く、登録店舗で顧客獲得を競争しているため、価格競争にどうしてもなりやすい面があります。

頻繁に価格改定もあるので、「採算性が合わなくなった。」などの言葉をよく耳にします。そのため、ホットペッパービューティーだけに依存しない集客経路が欲しいところではあります。

ホットペッパービューティーでなければ集客はできないのか?

ホットペッパービューティー(以後HPB)に限らず、リクルート系の媒体は広告費を膨大に使っていますので、なんと言っても知名度があります。

そのため、美容室やサロンを知る手段は、HPBしかないと錯覚してしまいます。そこで知りたくなるのは、HPBの利用者数です。

残念ながら、HPBを利用したユーザー数のデータはありませんでした。しかし、年間の予約数が、47,511,932回であるデータはあります。(2018/4 ホットペッパービューティー公式)また、2016年に調査された年間美容室の利用回数が5.8回であったことからHPBを使うユーザー数は、819万人前後であると推定できます。

日本の生産労働人口は、7,500万人程度存在しますので、最強の集客ツールであると認知されているHPBでも全体の10%弱程度です。

ホットペッパービューティーをやめてしまえば、莫大な広告費はかからないのですが、そこで賄っていた集客数はなくなってしまいます。
それがなくなると、経営が成り立たなくなる、だからやめられない、、、

美容室の集客では、依然とHPBに依存した集客が多く、実際にプランを下げることで顧客が減少します。

そこで考えるべきことは、以下の通りです。

  1. HPBの新規顧客獲得の依存度を下げる。
  2. 顧客囲い込みの戦略をとる。

この2つになります。

集客の無料相談受付中

無料相談はこちら

HPBの依存度を下げる。

経営において、特定の業務を特定の企業に依存してしまうことは大きなリスクになります。ここでは、新規顧客の獲得をHPBに依存することが該当します。

特に、集客は、収益性に関わることです。複数の集客源を作らないと、依存している企業の言いなりになるしかなくなります。

InstagramやTwitterなどのSNS

飲食店などでも共通することなのですが、グルメサイトやリスティング広告は、今お店を探している人には有効な集客方法だが、美味しいものを食べたいと思っているけれど今は考えていない人には無力な集客方法です。

様々な情報誌のアンケートを見る限り、20〜34歳女性(F1層)は、情報をSNSから入手しており、それがきっかけで新しい美容室を見つけるなどの消費行動を行なっています。

そこで、画像をメインに扱っていて、3,300万人の月間アクティブユーザー(MAU)のInstagramや情報を入手するために活用されている4,500万人のMAUのTwitterはぜひ積極的に活用し、集客源にしたいところです。

Googleマイビジネスを積極的に活用する。

ぐるなびの株主総会で、送客が低下したのは、グーグルが機能を拡充し、グーグルでお店選びが完結してしまうからだという発言があったそうです。

従来であれば、検索エンジンからも流入が望めたものが、ローカルパックと呼ばれる地図情報が検索の上部に表示されることで、検索エンジンに集客を依存していた予約サイトは、集客力を低下させていきました。

Googleマイビジネスの登録は無料でできます。オーナー登録を実施し、最新情報を積極的に掲載するなど活用していきましょう。

Googleマイビジネスの設定方法と運用方法とは?

SEOに力を入れる。(ホームページのコンテンツを強化する。)

店舗の集客は、SEOと相性が悪いとされています。しかし、美容室の場合は、独自の技術やシステムが存在すれば、話は別です。

コンサルタントの場合は、商圏を全国まで拡大することができますが、美容室の場合は、競合は、商圏内の店舗に限られます。ですので、必ず、大手系列の店舗などに勝つ必要がなく、対策としては実は取りやすい業界に分類されます。

■SEOへの誤解

「SEOは詐欺!」と敬遠されがちですが、”SEOはなぜ行うのか?"を考えれば腑に落ちるところが多いと思います。

例えば、このサイトは、集客に関係するキーワードで検索すると1〜3位以内に表示されている場合が多いです。これは、対象にしている顧客が、"集客に悩みを抱える経営者"であり、その経営者達が、悩みを解決する方法として、"検索"を選択することを知っているからです。

悩みを解決する方法として、検索がある以上、SEO対策は、有効です。

SEO対策は自分でもできる対策ですので、まずは自分でやってみることです。しっかり対策をしていきたいと感じた場合は、私たちのようなコンサルタントに相談すればいいと思います。

顧客囲い込みの戦略をとる。

顧客リスト数は、企業の戦闘力です。

ポータルサイトに依存している店舗のほとんどが、リピーター対策を行っていないか、本腰を入れていません。顧客が定着しないため、延々と新規顧客の獲得に力を入れなければならない状態になっているのです。

また、このリピーター対策は、登録のストレスがないものであることが前提です。自分たちも登録するのに四苦八苦するような方法が有効なわけがありません。

LINE公式アカウントを導入する。

LINE公式アカウントは、導入している店舗数が多いことから顧客側も登録に慣れている媒体です。メッセージを配信し、顧客とのコミュニケーション頻度を高めることが目的になりますので、ここで配信するメッセージはできるだけ双方のコミュニケーションが発生するようなメッセージが望ましいです。

LINE@はリピーター集客に最適。効果的な活用方法とは?

マーケティングプロデューサーの小形です。 LINEは、監視されているようで嫁以外とはやっていないのですが、そうもいかないのはやはり店舗経営者だと思います。 LINEの普及率はもう既に結構なもので、うち ...

クーポンは戦略的に発行する。

美容室を選択する項目に、6割の人が料金の安さを選択している傾向にあります。それらの人々をメインターゲットにしたのがHPBであり、値下げ競争が起こりやすい環境は、HPBのコンセプト通りです。

それ以外の集客源では、高価格で勝負することももちろん可能ではありますが、HPBをチェックされれば、そちらを利用するのは考えればわかります。

そのため、HPBユーザー以外には、戦略的にクーポンを発行するなどの対応を実施すれば良いでしょう。

集客の無料相談受付中

無料相談はこちら

まとめ

HPBは、費用が高く、固定客が少ないし、価格改定も多いので、やめた方が良いというコンサルタントも実は多いのですが、では他に同じくらいの顧客を供給できる手間がかからない集客方法は存在するのかと言われると難しいです。

飲食店の場合は、宴会に限ったキーワードでリスティング広告をかける場合もあるのですが、1回の予約で顧客獲得が1人の美容室の場合は、リスティング広告は高額になります。

事実として、HPBを活用して、採算性が十分に合うという店舗も存在します。これらの店舗の特徴は、安売りに加担しない、独自のコンセプトを持っていて、顧客側からすると料金以外の部分でしっかり選択できます。

他の店舗ビジネスでもそうですが、他所と代わり映えしなければ、価格が安い方を選ぶのが常識です。費用対効果の低さで悩んでいる場合は、競合店舗と明確な色の違いを広告で打ち出すことができているのかを見るべきでしょう。

  • この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー。大学卒業後、店舗マーケティングツールのASPにて、500店の顧客フォロー及び導入の支援業務に従事。その後、2009年にサクセスパートナーを設立し、集客のコンシェルジュとして、コンサルティングを提供開始。 ▶︎過去に協力したメディア 第一興商発行のDAM CHANNEL for Bizにて、ソーシャルメディアを使った集客方法の特集を8ページ監修(2018/4号) 株式会社リクルートの経営者応援マガジンパートナーズプレスにて、ホームページ作成やSNS活用のポイントのインタビュー記事が公開される。

-美容室, 集客