初心者でもわかる集客の教科書配布中!入手する

近隣の地域の人に素早く宣伝するための方法とは?

当サイトのリンクには広告が含まれていることもあります。

店舗ビジネスでは、商圏内の人に情報を素早く宣伝することが新規顧客の集客で重要です。宣伝の時間が短ければ短いほど、集客できるまでの時間が短縮化され、期間あたりの集客の総数を増やせるメリットがあります。そこで、素早く近隣に宣伝する方法を解説します。

目次

近隣の地域で素早く宣伝する方法とは?

素早い宣伝は、新規顧客を対象にした時とリピーターを対象にした時で異なります。

新規顧客への宣伝は、近隣の地域をターゲットにできる広告を活用します。広告には、チラシやウェブサイト、画像や動画などの販促物が必要ですが、これらを素早く用意することができれば、短い時間で宣伝することができます。

ちなみにリスティング広告(検索連動型広告)は、キーワード検索の結果に広告を表示するため、近隣地域内の認知度を高めることには向いていません。SNS広告やコンテンツ広告のようにみているユーザーにあわせて表示されるような広告の方が、宣伝には向いています。

また、リピーター向けには、メール配信やLINE公式アカウントなどの即座にメッセージを配信することができる手法が良いです。オンラインの方法は、ほぼリアルタイムにメッセージを配信することができます。ただし、DMなどのアナログの方法が悪いというわけではなく、温かみのあるメッセージを配信したい時は、DMを選択します。

ポスティング広告

ポスティング広告はチラシの作成期間と印刷および配布期間が必要になりますが、一番地域に情報を浸透させやすいアナログの方法です。

チラシを住居や事務所に直接投函しますので、インターネットを活用していることが前提のWebマーケティングに比べると、情報を届ける母数が大きくなります。

素早く宣伝するためには、ポスティング広告までの時間を短縮化する必要があります。配布するチラシのテンプレートを用意し、ソフトウェアで自分で編集できるようにしたり、ラクスルなどのポスティング広告を直接入稿できるサービスを活用することで、準備期間を短くすることができます。

X広告

X(旧Twitter)広告は、Xに広告を出稿することができます。地域を指定した広告を以前は出せませんでしたが、現在は市町村を指定した広告を出すことができます。クリック広告でなければ、販促物を用意することはなく、投稿を広告することもできます。

例えば、食欲をそそるハンバーグのショート動画を用意して、店舗がある地域を指定して広告を1日出稿するなどの使い方もできます。

Xで広告を使う時は、Proプロフィールに変更します。

Meta広告

Meta広告は、Facebookだけではなく、Instagram、messenger、WhatsAppにも広告を出すことができます。

それぞれのMAU(月間アクティブアカウント数)は、Facebookは2,600万件があり、Instagramは、3,300万件ほどあります。そのため、重複ありで約5,900万件の最大リーチ数があります。

その地域ごとのリーチ数は異なります。調べる方法としては、オーディエンス設定で出稿したい地域を選択してください。潜在リーチ数を調べることができます。Meta広告の利点は、Webサイトがあれば望ましい程度で、画像や動画を用意すれば宣伝を素早く行うことができます。

Youtube広告

YoutubeのMAUは、6,500万人を超えており、新型コロナウィルス禍以降74%の人々が利用が増えたと答えている媒体です。

Youtubeの特徴は、視聴時間の長さにあります。動画に差し込まれるTrueViewでは、無料会員は一定時間広告を視聴しなければならず流し見をすることができません。

Youtube広告を活用する前提は、広告用の動画が手元にあることです。観光や店舗用の動画は制作期間が必要になりますので、必ず事前に業者などと打ち合わせをしておき、短編のCMサイズの動画を作っておきましょう。

LINE広告

LINE広告は、9,000万人を超えているLINEを対象にした広告です。また、LINEは滞在時間がFacebookやInstagramに比べるとかなり長いことで知られています。つまり、広告を目にしている時間も長いということなので、宣伝効果が高いと言えます。

主要SNS・コミュニケーションアプリの一人当たり月間平均滞在時間(2019年8月)を見ると、LINEが14時間23分、Twitterが13時間59分、と毎日20分以上滞在しているのに対し、Instagramは6時間40分と相対的に短時間である傾向がわかった。Facebookはさらに滞在時間が短く、2時間51分とInstagramの半分以下だった。(アプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」より)

LINE公式アカウント・メール配信

リピーター向けに情報を素早く発信するための方法です。LINE公式アカウントは企業向けのアカウントです。これらの方法を使うためには、登録してもらうことが必要です。

例えば、ほかの方法で新規顧客が来店した時に、LINE公式アカウントに登録することでプレゼントがもらえると説明し、登録を促します。ここでの登録率が高いほど、メッセージを配信することができる対象が増えるため、効果的な宣伝を行うことができます。

仕組みを理解して宣伝方法を選ぼう。

魅力的な商品やサービスを作り、キャンペーンを実施しても素早く情報が浸透しなければ気づかれません。また、広告と一色たんに言っても、仕組みの違いで対象や情報の広まり方も異なってきます。

流し読みできるメルマガを定期的に配信

集客・マーケティングに役立つわかりやすいPDFを定期的にメールで配信
無料で購読できて、読むだけで集客ができるようになります!

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次