080-3148-0461

営業時間 10:00~18:00 (日・祝定休)

お電話は取引先専用です。

マーケティング 店舗

近隣の地域の人に素早く宣伝するための方法とは?

店舗ビジネスでは、商圏(エリア)内の人に情報を素早く伝えることが新規顧客の集客で重要です。

宣伝の時間が短ければ短いほど、集客できるまでの時間が短縮化され、期間あたりの集客の総数を増やせるメリットがあります。

そこで、近隣の地域の人々に素早く情報を届ける方法について紹介します。

近隣の地域の人に素早く宣伝する代表的な方法とは?

SNSやメールマガジンでは即座に既存顧客を対象に宣伝することが可能です。既存顧客は、購入体験済みの人々であるため、いつでも宣伝できるように何らかの手段ですぐに連絡を取れるようにすることが必要になってきます。

これらがない場合は、広告を活用します。チラシ、ウェブサイト、動画を素早く用意することができれば、滞在時間の長いSNSに広告を出稿することが宣伝としては効果的です。

リスティング広告などは、キーワードを検索している人を対象にするため、エリアを指定して情報を浸透させるのにはあまり向いていません。

Twitterは、現在のところジオグラフィック(地域指定)が都道府県単位までしか行うことができません。県内各地に店舗展開していれば有効ですが、指定範囲が大きすぎるデメリットがあります。

ポスティング広告

ポスティング広告はチラシの作成期間と印刷および配布期間が必要になりますが、一番地域に情報を浸透させやすい方法です。

チラシを住居や事務所に直接投函しますので、インターネットを活用していることが前提のWebマーケティングに比べると、情報を届ける母数が大きくなります。

素早く宣伝するためには、ポスティング広告までの時間を短縮化する必要があります。配布するチラシのテンプレートを用意し、ソフトウェアで自分で編集できるようにしたり、ラクスルなどのポスティング広告を直接入稿できるサービスを活用することでそれも可能です。

Facebook広告

Facebook広告は、Facebookだけではなく、Instagramも対象にして広告を出稿することができます。

それぞれのMAU(月間アクティブアカウント数)は、Facebookは2,600万件があり、Instagramは、3,300万件ほどあります。そのため、重複ありで約5,900万件の最大リーチ数があります。

その地域ごとのリーチ数は異なります。調べる方法としては、オーディエンス設定で出稿したい地域を選択してください。単純に人口が大きいとSNSのアクティブユーザー数は多いことになります。

Facebook広告の利点は、Webサイトがあれば望ましい程度で、重要なのは惹きの強い画像を用意できるかです。

Youtube広告

YoutubeのMAUは、6,500万人を超えており、新型コロナウィルス禍以降74%の人々が利用が増えたと答えている媒体です。

Youtubeの特徴は、視聴時間の長さにあります。動画に差し込まれるTrueViewでは、無料会員は一定時間広告を視聴しなければならず流し見をすることができません。

Youtube広告を活用する前提は、広告用の動画が手元にあることです。観光や店舗用の動画は制作期間が必要になりますので、必ず事前に業者などと打ち合わせをしておき、短編のCMサイズの動画を作っておきましょう。

LINE広告

LINE広告は、8,400万人を超えているLINEを対象にした広告です。また、LINEは滞在時間がFacebookやInstagramに比べるとかなり長いことで知られています。つまり、広告を目にしている時間も長いということなので、宣伝効果が高いと言えます。

主要SNS・コミュニケーションアプリの一人当たり月間平均滞在時間(2019年8月)を見ると、LINEが14時間23分、Twitterが13時間59分、と毎日20分以上滞在しているのに対し、Instagramは6時間40分と相対的に短時間である傾向がわかった。Facebookはさらに滞在時間が短く、2時間51分とInstagramの半分以下だった。(アプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」)

仕組みを理解して宣伝方法を選ぼう。

魅力的な商品やサービスを作り、キャンペーンを実施しても素早く情報が浸透しなければ気づかれません。また、広告と一色たんに言っても、仕組みの違いで対象や情報の広まり方も異なってきます。

  • この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー。大学卒業後、店舗マーケティングツールのASPにて、500店の顧客フォロー及び導入の支援業務に従事。その後、2009年にサクセスパートナーを設立し、集客のコンシェルジュとして、コンサルティングを提供開始。 ▶︎過去に協力したメディア 第一興商発行のDAM CHANNEL for Bizにて、ソーシャルメディアを使った集客方法の特集を8ページ監修(2018/4号) 株式会社リクルートの経営者応援マガジンパートナーズプレスにて、ホームページ作成やSNS活用のポイントのインタビュー記事が公開される。

-マーケティング, 店舗

error: このページはテキストをコピーすることができません。