080-3148-0461

営業時間 10:00~18:00 (日・祝定休)

お電話は既存のクライアント様用です。
集客、マーケティング支援、開発をご希望の方は、
フォームからお問い合わせください。

マーケティング

飲食店のホームページ制作の注意点とおすすめのサービスとは?

PDCA

飲食店の方のご相談者の中には、ホームページの扱い方やホームページを作成するベストなサービスについて知りたいと思っている方が多いように思えます。

飲食店がホームページを作成する上で重要なポイントについて紹介します。

ホームページの目的はなんなのか?

飲食店がホームページを作成する理由としては、客数を増やして売上アップをしたいというものが主でしたが、現在は人材採用難であり、人材採用を目的としたホームページを制作することも珍しくはありません。

どのホームページ作成のサービスを活用するかは、目的によって異なります。

例えば、お店を検索する人にお店の情報を伝えるだけであれば、SEOなどは全く必要ありません。必要な情報を伝えるだけで良いので、グーペのような簡単にホームページを作成できるものでも良いです。

認知度を高める目的であれば、積極的な情報発信や検索エンジンからの流入が必要になります。この場合は、WordPressのようなCMSをカスタマイズしたホームページを活用します。

飲食店はホームページが必要か?

悩み

結論からいうと、Web集客コンサルタントの視点では必要ないと答える人が多いですが、繁盛店ほどホームページの保有率が高く、しかもコストをかけています。高級店や積極的な店舗の展開を考えているのであれば、ブランド価値を高めるホームページは必要です。逆に、客数をとにかく獲得することを目的にした居酒屋の場合は、グルメサイトを分散させることで集客を狙った方が良いと考えます。

例えば、飲食店で思いつくようなキーワードの場合は、「食べログ」「Retty」「ぐるなび」などのいわゆるグルメサイトが上位を占めています。そして、飲食店の集客はこれだけではなく、ホットペッパーグルメのようなアプリに力を入れているものもあります。

通常の飲食店の運用では、これらのアプリやグルメサイトよりも大きな集客力を作ることは難しく、メニュー開発や内装への投資ができるような高価格帯のレストランでない限り、指名買いを促すことができません。

そのため、グルメサイトに力がある地域であれば、素直にグルメサイトを活用するのが良いでしょう。

逆に人口が減少しているような地域ではグルメサイトを活用している店舗数が少ないため、住んでいる人々がグルメサイトをチェックする習慣がありません。そして、観光地などの場合は、現在地点から近くて美味しいものを探す傾向にあるため、アプリよりも検索を閲覧される傾向にあります。

ここから言えることは、グルメサイトに出稿している飲食店が少ないような地域や観光地では、ホームページを作成するメリットがあります。

飲食店のホームページ作成で注意する点とは?

飲食店がホームページを作成する際の注意点をまとめました。

飲食店がホームページを作成する際は、以下のポイントを踏まえると良いでしょう。

目的は何か?

そのホームページを作成する目的はなんなのかを具体化します。

ここでは、集客するという目的では不十分です。なぜなら、集客するには具体的な行動プランがないため、目的として具体性が欠けるからです。

1.行動をしてもらいたい対象は具体的に誰なのか?
2.その対象がとる行動が何ならば良いのか?

この2つを具体化しましょう。ここでの"誰"とは、売上に貢献する可能性の高い人物を指し、一番イメージしやすいのは、常連客群に分類される人々です。また、行動は、予約するなどが該当します。

テーブルチェック

https://www.tablecheck.com/ja/

予約システムの中では、オープンテーブルのシェアが高いですが、日本国内では、テーブルチェックがシェアを高めています。テーブルチェックは多言語に対応している上、急な予約キャンセルへの対策を十分に取っている唯一の予約システムです。

顧客台帳サービスであるテーブルソリューションと連携でき、予約手数料がかからないため、高価格帯のレストランの予約システムとして定着しております。

例えば、ホームページの目的は、テーブルチェックからWeb予約を獲得するなどの目的で運用します。

デザイン性が優れたホームページが良いのか?

多くの飲食店はデザイン性が優れたホームページであるべきだと思っています。

しかし、実際の予約は、食べログやホットペッパーグルメなどのグルメサイトで予約されていることから考えると、実は過剰にデザイン性にこだわるよりも、最新かつ詳細な情報が掲載されていることや予約ができることの方が圧倒的に重要です。

そのため、画像のベタ張りや情報を更新することでレイアウトが崩れるようなホームページであれば、いかにデザイン性が優れてもいらないと判断します。

TCD

https://design-plus1.com/tcd-w/

ちなみに、最低限のデザイン性を担保し、性能の良いホームページを作成しようと思っているのであれば、TCDのテンプレートなどを使えば、相応のデザイン性になります。重要なのは、そのページ自体の美しさよりも、しっかり店舗の魅力が伝わることで、料理や店内の写真をカメラマンに撮影してもらうことの方が効果的です。

業者を選択する上での注意点とは?

ホームページを作成することが目的ではなく、ホームページには作成する目的があります。その目的を達成するための業者選びをしなければなりません。

適正の予算とは?

例えば、年商100億あるのであれば、1,000万円の制作費用も重荷にはなりません。飲食店のホームページであれば、制作費のみで30万円〜50万円で考えるのが良いと思います。

ホームページの予算があまりにもオーバーしており、ローンを組まなければならなくなった時点で適正費用とは言えません。また、デザイン費用のみで高額となっているホームページは、別途そのホームページを広告する費用が必要になるため、費用対効果が悪化します。

おかしな提案とマンパワーで押す業者は地雷の可能性が高い。

ホームページは制作した時点で、対策の終了ではなくスタートです。飲食店の場合、旬な食材やイベントなど開催する店舗が多いわけで、その情報が追加されないホームページには存在意味がありません。

例えば、画像を豊富に使い、店舗では編集不可能なHTMLベースのホームページを作成する業者もありますが、この業者に依頼すれば、情報を更新する際に予算を再度捻出する必要性があります。

対策が困難になるような提案をした業者は採択するべきではないでしょう。

また、ありがちなこととして、営業マンの人の良さやホームページの格好良さで決めることです。営業マンの仕事は、ホームページ制作の契約を結ぶことですし、格好良さは、集客に影響しません。この基準で決定するのは完全なミスチョイスと言えます。

写真撮影込みで見積もりを立てる。

今時の飲食店は、Web集客のチャネルが多いため、保有している画像は良いものでなければなりません。

ホームページの構図上、出来合いの画像で作成するのではなく、新たに撮影してもらい、その撮影した画像を全て自由に使える条件を確認した上でのお見積もりが必要です。

サクセスパートナーでも、プロのカメラマンに画像撮影を依頼して作成を行います。

WordPressを組み込む場合の注意点とは?

WordPressを組み込む場合は、オリジナルテーマの開発は避けた方が良いでしょう。

というのも、グーグルもWordPressも頻繁にアップデートされています。オリジナルテーマは、システムのアップデートに労力がかかってしまうため、万全な状態にするためにはコストもかかってしまいます。

セキュリティーのことを考えれば、テンプレートを使った開発を行い、最新の環境に適用できるようにすることがおすすめです。

まとめ

ホームページ制作は目的ありきで開発することが大前提です。

飲食店のホームページ制作は、特に主力になるディナータイムの予約をとるために制作し、コンテンツもそれに合わせたものを掲載していきます。

ホームページは、一度作ってしまえば、新たに作成するまで期間があきます。無策で作ってしまい、ホームページの支払いのみにお金がかかってしまう状況を作ってしまうのは良い選択肢とは言えないことでしょう。予算がないのであれば、ホームページではなく、グルメサイトに分散投資をして顧客を獲得できる状況を作り出すべきです。

なお、ホームページの制作についてもご相談を受けております。高価格なホームページの作成の検討やとりあえずの感じでホームページを作成すると、過去の例では、完成したばかりのホームページを1ヶ月でクローズさせたこともありますので、事前にWeb戦略を考えることをおすすめします。

関連ページ:集客相談(個人事業主向け)

-マーケティング

© 2020 SuccessPartner