店舗売上アップの極意!効率的な売上向上戦略を成功させる方法

日々厳しい競争にさらされる店舗運営。飲食店、美容室、小売店などを開業しても、「どうしたら売上を上げることができるのか?」という悩みに直面してしまいます。

この記事では、売上に直接的な影響を与える大きな要素の「店舗の立地」、「集客方法」、「価格決定」について解説し、さらに、ネット通販やモバイルオーダーを活用した利便性向上の重要性についてお伝えします。また、飲食店、小売店、美容室、エステサロンの具体的な売上アップ方法も解説します。

目次

店舗の売上を効率的に上げるためには?

店舗の売上を上げるためには、次の4つの要素を重要視します。

  • 店舗の立地
  • 店舗への集客方法
  • 商品やサービスの価格設定
  • 利便性の向上

店舗の立地

店舗の立地は、集客力や売上に大きな影響を与える重要な要素です。適切な立地を選ぶことで、多くの顧客に利用されやすくなり、ビジネスの成功に繋がります。立地選びで、特に注意しなければならないポイントについて紹介します。

人通りの多い場所を選ぶ

人通りが多い場所に店舗を構えることで、通行人が自然と目にする機会が増え、集客力が高まります。商店街や駅周辺、大型商業施設の近くなど、人の流れが集まるエリアを選ぶことが重要です。

また、入店のしやすさは、路面に面している路面店舗と、面していない空中店舗や地下店舗では大きく違います。テナント料にも大きな差がありますので、路面店舗以外では、入店経路と看板規制を必ず確認しましょう。

アクセスの良さを重視する

店舗へのアクセスが良い場所を選ぶことで、遠方からの顧客も利用しやすくなります。公共交通機関が利用しやすい場所や、駐車場が近くにある場所など、顧客が来店しやすい環境を整えましょう。

駐車場を使う時は、駐車場の広さのほかに、車を入れやすいと新規顧客の集客の効率がよくなります。開業前に車の入れやすさは必ず確認したいところです。

周辺の競合状況を分析する

同業種の競合店舗が集まるエリアは、集客力が高まる一方で、競争が激しくなります。その一方で、アクセスが良いにも関わらず、周辺に競合店舗がいないエリアでは、しばらくは集客を独占することができます。

周辺の競合状況を十分に分析し、適切な立地を選ぶことが重要です。また、異業種との競合も考慮し、相互に集客力を高め合える立地を選びましょう。

ターゲット顧客層とのマッチング

店舗のターゲット顧客層が多く住む、または訪れるエリアに立地することで、効果的な集客が期待できます。ターゲット顧客のライフスタイルや趣味嗜好を理解し、それに見合ったエリアを選ぶことが大切です。

また、立地には特徴があり、繁華街では、全ての曜日で集客をコンスタントに狙うことができますが、ビジネス街では、週末の集客が弱く、住宅街では平日の集客が弱いです。これらの特徴を踏まえつつ、立地にあった業態で店舗の開業を考える必要性があります。

賃料や物件条件を検討する

立地選びでは、賃料や物件条件も重要な要素です。賃料が高い場所では、固定費率が高くなりますので、目標の売上をその分高くしなければなりません。また、物件の広さや設備、契約条件なども考慮し、経営に適した物件を選ぶことが重要です。

集客方法に着目して売上を上げる。

売上は、客数と顧客単価を向上させると上げることができます。客数を増やすための対策が集客です。店舗に集客をするための具体的な方法を紹介します。

集客方法① 限定商品やイベントを開催

お客様が来店する理由を作るため、期間限定の商品やイベントを開催しましょう。これにより、新規顧客の来店を促すとともに、リピーター客にも期待感を持たせることができます。小売店や飲食店で来店動機を作る時に最も使われる手法です。

集客方法② SNSでの情報発信

ターゲット顧客が利用するSNSを活用して、商品やサービスの魅力を発信しましょう。定期的な投稿や、ユーザーとのコミュニケーションを大切にし、インプレッション数を増やしていくことが重要です。

人気の雑貨店の3coinsでは、社内インフルエンサー制度があります。スタッフが、商品の有効な使い方などを紹介することで、フォロワーの購買意欲が掻き立てられています。

集客方法③ 口コミを活用

お客様からの口コミを促すことで、新規客の来店に繋げることができます。良い口コミが広がることで、信頼性が高まり、集客力が向上します。また、口コミサイトへの登録や、お客様からの評価・感想を店舗内やウェブサイトで紹介することも効果的です。

口コミは分散していても、閲覧されない可能性があるため、以下のような口コミサイトに集めます。

GoogleビジネスプロフィールGoogleマップと検索に表示される。営業時間の確認をするため閲覧されるため、一番口コミが確認されやすい。
食べログ食べログは、最大のグルメサイト。評価が、3.5以上であると優良店舗とみなされる。
ホットペッパー美容室、サロン、飲食店など他業種にわたる予約サイト。10代〜20代のユーザーが最も多く、口コミも掲載されている。
じゃらん宿泊施設や観光地に関する口コミサイトです。ホテルや旅館の宿泊プランや評価、おすすめの観光スポットなど、旅行に関する情報が充実している。
トリップアドバイザートリップアドバイザーは、世界中の旅行者からの口コミや評価が集まるサイトで、日本国内の観光地や宿泊施設に関する情報も充実している。
一休.com主に高級ホテルや旅館の宿泊予約ができるサイトで、宿泊施設に関する口コミも掲載されている。

集客方法④ チラシや広告を活用

ターゲット顧客にアピールするために、チラシや地元の広告媒体を活用しましょう。デザインやメッセージに工夫を凝らし、顧客の関心を引く内容を盛り込むことが重要です。

集客方法⑤ コラボやアライアンス(提携)

他の企業や店舗とのコラボや提携により、提携先のファンを取り込むことができ、新たな顧客層を開拓することができます。共同企画やサービスの提供、相互の紹介など、相乗効果を生み出す取り組みを行いましょう。

コラボの例としては、飲食店の空きスペースを利用して近隣のダンススクールのショーを開催したり、美容室で出張ネイルサロンや占いを行うことがあります。

集客方法⑥ ポイントカードや会員制度

リピート率を高めるために、ポイントカードや会員制度を導入します。顧客に特典やサービスを提供することで、リピーターを増やすことができます。LINEミニアプリを使うと、会員制を導入することができ、あわせてLINE公式アカウントのおともだちを増やすことができます。

集客方法⑦ セミナーやワークショップの開催

無料や有料のセミナーやワークショップを開催することで、顧客に役立つ情報や技術を提供し、購入動機を作ります。スターバックスでは、スタッフによるコーヒーセミナーを開催していることがあります。また、コスメブランドのラッシュでは、工場見学とワークショップを兼ね備えたラッシュキッチンツアーが人気です。

集客方法⑧ 地域イベントへの参加

地域のイベントやフェアに積極的に参加し、地域住民とのつながりを深めましょう。地域密着型のサービスや商品を提供することで、地元の顧客からの支持を得ることができます。地元のお祭りへの協賛や出店をすることで、認知度が高まることも期待できます。

集客方法⑨ 店内ディスプレイや外観の工夫

魅力的な店内ディスプレイや外観は、通行人の目を引き、集客力を高めます。季節ごとのディスプレイや、目立つ看板・ポスターを活用しましょう。視認性を高めることが重要で、通行人や通行車両を対象にする時は、道路に対して、直角にするなどの工夫をします

集客方法⑩ クーポンや割引サービスの提供

期間限定のクーポンや割引サービスを提供することで、新規客の来店やリピーターの再来店を促すことができます。また、友達紹介制度や誕生日特典など、顧客に喜ばれるサービスを考えましょう。

これらの集客方法を適切に組み合わせることで、売上を効果的に上げることができます。また、取り組みの効果を定期的に分析し、改善点や新たな試みを見つけ出すことが大切です。顧客のニーズに寄り添いながら、効果的な集客方法を継続的に実施しましょう。

価格決定を最適化して売上を上げる。

価格決定は、店舗の売上や利益に大きな影響を与える要素です。適切な価格設定によっては、顧客単価を上げるだけではなく、長期的な売上を伸ばすことができます。以下に、価格決定において重要なポイントをいくつか解説します。

コストプラスプライシング

まずは、商品やサービスの原価を把握しましょう。原価に利益や人件費を積み上げることで価格を決定するコストプラスプライシングがあります。

競争ベースプライシング

競合店舗や同業界の価格帯を調査し、市場の傾向を把握しましょう。これにより、自店舗の価格設定が適切であるかどうかを判断できます。競合に競争力のあるプレミアム価格を設定する競争ベースプライシングがあります。

ターゲット顧客の価格感覚

ターゲット顧客の価格感覚を理解することは、商品やサービスの価格設定において非常に重要です。顧客の価格感覚は、その人が商品やサービスに対してどれだけの価値を感じているかを表しており、その価値に見合った金額を支払う意欲があるかを示しています。

ターゲット顧客の年齢層や収入、ライフスタイル、趣味や関心事などの要素を把握することで、その人たちがどのような価格帯の商品やサービスに魅力を感じるのかを理解することができます。例えば、若い世代は安価な商品やサービスに魅力を感じることが多いのに対し、高収入な世帯向けには品質や信頼性を重視し、それに見合った価格を支払うことを求めることが多いです。そのため、基本的にハイブランドでは安売りをするアウトレット専門店とそれ以外の店舗を分けます。

時期や季節によっても顧客の価格感覚は変わることがあります。例えば、年末年始やギフトシーズンなどは、消費意欲が高まり、より高価な商品やサービスに対する価値感が高まることがあります。このような時期を見極めて、適切な価格設定を行うことが、売上向上につながります。

価格の明瞭性

価格がわかりやすく表示されていることは、顧客の購買意欲を高めるポイントです。メニューや商品棚など、顧客が簡単に価格を確認できるようにしましょう。また、追加料金やサービス料などがある場合は、事前に明確に伝えることで、クレームを回避することができるようになります。

売上と利益のバランス

価格設定は、売上と利益のバランスを考慮することが重要です。高い利益率を目指しすぎると、顧客が敬遠してしまう恐れがあります。一方で、低すぎる価格設定では利益が上がらず、経営が成り立たなくなることもあります。適切な価格設定によって、売上と利益のバランスを保ちます。

価格帯のバリエーション

顧客のニーズに幅広く対応するために、異なる価格帯の商品やサービスを提供しましょう。これにより、さまざまな顧客層にアピールでき、集客力を高めることができます。

心理学に極端回避性があります。これは、人間の心理として悩んでいる時に、一番安いものと一番高いものを回避するという傾向のことを指しており、松竹梅もしくは松竹梅・特上の選択肢を3〜4つ提案することで、顧客単価を維持することができます。

バリューイノベーション

価格だけでなく、商品やサービスの価値も同時に高めることで、顧客満足度を向上させることができます。独自の特徴や魅力を持った商品を提供することで、価格競争からの差別化を図りましょう。

ネット通販やモバイルオーダーで利便性を上げる重要性

最後に、ネット通販やモバイルオーダーを活用して利便性を高めることも売上アップにつながります。オンラインでの販売を行うことで、店舗に来られない顧客や遠方の顧客にも商品を届けることができます。また、モバイルオーダーを導入することで、顧客の待ち時間を短縮し、効率的な店舗運営が可能になります。

さらに、オンライン予約やクーポン配信を活用することで、来店を促す効果も期待できます。

ネット通販では、ホームページやSNSを活用して商品の魅力を伝えることが重要です。また、配送や返品対応、カスタマーサポートの充実も、オンライン販売での顧客満足度を高める要因となります。

モバイルオーダーにおいては、アプリやウェブサイトの使いやすさやデザインにも注意を払いましょう。また、オンライン決済方法の多様化や、ポイントやクーポンの活用が顧客満足度に繋がります。

注意点としては、在庫を管理しているPOSレジアプリは、モバイルオーダー、オンライン予約、オンライン通販の連携サービスを選びます。そのため、連携ができないシステムを導入すると、在庫管理が煩雑になります。

店舗の業種別の売上アップの具体例

各業種には、特有の売上アップ方法が存在します。ここでは、飲食店、小売店、美容室、エステサロンの4つの業種における具体的な売上アップ方法を詳しく解説します。

飲食店の売上アップの具体的方法

飲食店の売上アップに効果的な方法の具体例を紹介します。

メニューの工夫

オリジナリティある代名詞とも呼べる名物メニューを開発しましょう。名物メニューの評判が口コミを広げます。また、名物メニューのトッピングを増やしたり、相性の良いメニューやドリンクを用意することで、顧客単価を上げることができます。

ランチタイムやハッピーアワーの活用

ランチタイムやハッピーアワーに特別なセットメニューや割引を提供することで、集客力を向上させることができます。

店内イベントの開催

食材に関するセミナー、テーマに合わせた食事会、ショーなど、店内でイベントを開催することで、顧客との関係を深め、リピーターを増やすことができます。

小売店の売上アップの具体的方法

飲食店の売上アップに効果的な方法の具体例を紹介します。

品揃えの充実

顧客のニーズに合わせた商品ラインナップを揃えることで、購買意欲を高めます。また、独自のセレクションやオリジナル商品を提供することで、差別化を図りましょう。

ディスプレイの工夫

店内のディスプレイを工夫し、商品の魅力を最大限に引き出すことで、購買意欲を高めます。季節ごとのディスプレイや、目立つ看板・ポスターを活用しましょう。

販売促進活動の実施

セールやキャンペーン、ポイントカードなどの販売促進活動を実施することで、顧客の購買意欲を高めることができます。また、スタッフによる商品の使い方をショート動画をSNSなどで発信することで、購買の喚起をすることができます。

美容室の売上アップの具体的方法

美容室の売上アップに効果的な方法の具体例を紹介します。

技術力の向上

美容師の技術力を向上させることで、顧客満足度を高め、リピーターを増やすことができます。定期的な研修やスキルアップの機会を提供しましょう。

カウンセリング力の強化

顧客のニーズやライフスタイルに合わせた提案ができる美容師は、顧客からの信頼を得られます。カウンセリング力を強化し、パーソナライズされたサービスを提供しましょう。

メニューの充実

カットやカラーだけでなく、ヘッドスパやトリートメントなど、幅広いメニューを提供することで、顧客のニーズに対応できます。また、定期的に新メニューを導入することで、リピーターを増やすことができます。

物販

美容室独自のシャンプーやトリートメントなどのオリジナル商品を販売することで、売上の向上が図れます。また、顧客が自宅でも美容室のサービスを体感できることで、リピート率が上がります。

エステサロンの売上アップの具体的方法

エステサロンの売上アップに効果的な方法の具体例を紹介します。

効果の高い施術

エステサロンでは、効果が実感できる施術が求められます。最新の技術や機器を導入し、顧客に満足のいく施術を提供しましょう。

カスタマイズされたプラン

顧客の肌質や悩みに応じた、パーソナライズされたプランを提案することで、顧客満足度が高まります。カウンセリングを通じて、顧客のニーズを把握しましょう。

定期的なフォローアップ

施術後のアフターケアや定期的なフォローアップを行うことで、顧客との関係を維持し、リピーターを増やすことができます。

キャンペーンや割引サービスの提供

新規顧客を集めるために、キャンペーンや割引サービスを提供しましょう。また、リピート顧客向けの特典や優待プランを用意することで、顧客満足度を向上させることができます。

まとめ

売上を効率的に上げるためには、店舗の立地や集客方法、価格決定に加え、業種別の売上アップ方法やネット通販・モバイルオーダーの活用が重要です。

これらの要素を総合的に検討し、お客様に魅力的なサービスを提供することで、売上アップを実現しましょう。成功する店舗運営の秘訣は、顧客目線でのサービスの提供と、時代の変化に合わせた適切な取り組みです。

積極的に新しい試みを行い、顧客満足度を最大限に高める努力を続けましょう。

最終更新日 : 2023年5月18日

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次