集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

GooglePC環境「集客」1位獲得記念

sns集客

Twitter集客の今昔。Twitter集客には高いセンスが必要

更新日:

SNS集客のことを問われて、一番首を傾げることになったのが、Twitterの集客ツールとしての有効性です。

もちろん、コミュニケーションツールですし、使い方次第だと思いますし、うまく使って集客に成功している店舗も今でもあるようです。ただし、集客を実感できるだけの顧客を呼び込むSNSとしてはパワーが足りなくなっているのも事実だと思います。

ついでに、SNSで人気に火をつけた地方の人気店のオーナー数人にチャットでインタビューをしましたが、やはり予想通り、「Twitterは、昔からの人とやりとりをするツール」にとどまっているとのことです。

Twitterって、集客ツールとしてもて流行らせてなかった?

はい、流行ってましたね。私もその頃、Twitterに将来性を感じ、集客への活用をセミナーで普及していた中の一人です。ちょうど、今のInstagramのように注目されている時代が2009年頃にありました。2009年は、マーケティング的には、日本のソーシャルメディア元年と言われており、SNSが爆発的に普及し始めた時代です。(※)

※ただし、SNSとは、双方のコミュニケーションのやりとりができる媒体のことをさします。
チャットやブログのコメントなどは、とっくの昔からありますから、ここをスタートにする説とそうではない説もあります。
この際、特に意味はありませんので、どっちでもいいですね。

Twitterが普及し始めてから、約10年は経っています。これを考えると、今も話題を生み続けるTwitterの強さと使い勝手の良さがよくわかります。こんなに長く愛用されていることは、すごいことです。

Twitterが集客ツールとして力が足りなくなった理由

そして、Twitterは、日本のアクティブユーザーは、4,500万人です。

「え、そんなに多いのに?なんで、集客に効果がないって言えるの?」

その理由は、明確です。

1.媒体としては、成熟期。そのため、ユーザーは目新しい情報よりも知り合いや有名人の情報を求める。

今のInstagramも似たところがありますが、勢いがある時は、新規のユーザーが離脱ユーザーを大きく上回っている時期です。そのため、SNSに参加すること自体が、新しいチャレンジであり、情報を受け取ろうとする傾向にあります。

4,500万人もいるのに?と思っている方も多いと思いますが、Twitterと他のSNSでは、マルチアカウント保有と一つしかアカウントを持たないことが普通であるなど、差があります。

例えば、お店をやっている人であれば、個人のアカウントと店舗のアカウントをそれぞれ一つずつ、計2つアカウントを取得します。それに対して、フェイスブックなどは、個人アカウントを一つ取得し、店舗のアカウントはフェイスブックページを活用します。つまり、Twitterはビジネス活用した段階でアカウントが2つなのに対して、Facebookなどの他のSNSは1つなのです。

そのため、実際の中の人の数は、他のSNSとそれまで変わらないのではないかという見方もありますし、純粋な新規ユーザーはどの程度存在するのかは、正直疑問があります。

また、普及した年月にも問題があります。

目新しいものを求めて閲覧していたSNSも、いつのまにか同じ趣味の人や有名人のツイートのみを追いかけることが多くなっていたなんてことはありませんか?これがいわゆる無意識による情報の収集源の選別と言われる現象なのですが、Twitterは、何せ日本で普及して10年も経つSNSですので、無意識の選別を行なっているユーザーの数の割合は、他のSNSよりも高いと思います。

2.140文字に求められるセンス。面白くなければ見られない。

よく、互助会のようなコミュニティーが会員同士リツートやいいねを押し合っているところを見かけますが、これが集客を増やす活用なのかは疑問です。

魅力的かつそのツイートにセンスがあれば、自然にそのTwitterは注目されるはずですが、毎回同じリツート数といいね数。これは、全く広がっていないある意味証拠と言ってもいいと思います。

親しみやすい投稿を行い、距離を縮めるというのが、SNS集客の求めるところの一つの目的ですが、Twitterの場合は、とにかくフォロワーに着目されなければ始まりません。それに対して、Instagramの場合は、ハッシュタグによる検索が普及していることや画像を探すことを目的の一つとしている人も多いので、Twitterの投稿のセンスに比べるとハードルがグンと下がる印象があります。

Twitter集客とは?

そもそもTwitter集客の意味合いもだいぶ変わった印象があります。ただ情報を垂れ流すだけの活用は、どの時代でも効果はないのですが、効果的な手法には変化があります。

[昔]話題にのった売名するための手段

ちょうど、ヒウイッヒーと広瀬香美さんが言っていた時代は、Twitterを使った販促バブルと言ってもいい時期でした。TORETAの社長の中村さんがオーナーの豚組がTwitter集客で注目された時期もこの時期です。

なにかと、新しい取り組みをすれば、活用事例としてネットニュースやテレビで紹介される時代でした。

そのため、Twitter集客は、コミュニケーションによって、来客数を増やす手段というよりは、面白い取り組みを行なって売名をするための手段だったと言えます。

[今]コミュニケーションによる近距離戦を展開する手段

そこまで話題になることがなくなり、広告系のオウンドメディアで紹介されている事例もブランド力のある大手に差し代わっています。Twitter集客は、大手、人気ゲームや人気者のキャンペーンの側面と、小規模店舗の地道なコミュニケーションによる接近戦の側面に分化した印象が強いですね。

例えば、ツイートを不特定多数のために行うのではなく、常連客のために行なったり、自社商品を購入し、ツイートしている人に対して、感謝のコメントをつけたりするのが、これにあたります。

効果は地味で、フォロワーが爆発的に増えることはありませんが、既存客の印象改善に貢献しますので、来店回数の増加や口コミの助勢効果は期待できます。

それでも効果はあるTwitter活用事例

先日、日曜ビッグ「客がいない店…なのに大繁盛って!いったいナゼ」という番組がテレ東で放送されており、(テレビでは池袋とか言われてましたが)大山の味ん輝さんが紹介されていました。ちなみに、大山には板橋区役所があり、住んでいた時は、よくその周辺を散策していた覚えがあります。

https://twitter.com/1316Kbk/status/975289083948748800

https://twitter.com/1316Kbk/status/972047171099873280

なかなかのセンスを感じるツイートで、純粋に面白いと感じました。Twitterで話題になったのも、このセンスと顧客が来ない悲痛な叫びがTwitter民の目に止まり拡散に至ったそうです。現在までに至る経緯がネットニュースなどでも紹介されていますので、検索してみるといいと思います。

最近では、亀戸にある弁当店キッチンDIVEが、獲得できたフォロワー数に応じて、店内商品を無料提供する取り組みを実施。煽り文句で1万人のフォロワーを獲得しています。肝心の収益の方は、フォロワー経由で月50人ほどの来客があり、パーティー用に100個単位で購入する顧客もいるそうで、Twitterを活用する前よりも2割の売上向上に繋がっているそうです。(withnewsより要約)

まとめ

集客効率を考えると、いつ来店するかわからない遠くのSNSユーザーよりも近くの既存顧客を相手にした方がよく、それを考えるとコミュニケーション機能が豊富なLINE@ですし、新規の顧客獲得には、話題を探しているユーザーが多いInstagramを選択した方がいいでしょう。

また、Twitterは、Instagramの画像に共感を呼ぶセンス力があれば強い集客ツールになると思います。

店舗のSNS集客をFacebook、LINE@、Instagram、Twitterで考える。

SNSを使って店舗にお客様を集客したいと思っている店舗のオーナーや店長は多いでしょうが、現実はうまくいかないことの方が多いようです。 SNSで集客を行う上で、把握しておくべきこととはどのようなことでし ...

続きを見る

GooglePC環境「集客」1位獲得記念

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

サービス一覧

1

月々課金はなし。セミナー3回分の料金で、移動なしで学ぶことができます。内容もより実践的なものになっており、自力で集客を行いたい人にはこのプランをおすすめ。今だけ16,200円(税込)

ワードプレス 2

こちらのサービスは、《会員制サービス》2割の売上アップの基盤を作る会に統合し、オプションサービスとします。 集客力には、魅力、情報発信力、集客の仕組みの3つの観点の改善が重要です。 情報発信力のかなめ ...

3

ホームページの重要性がどんどん高まっています。 お金があればいくらでも綺麗なホームページを作成することができますし、簡単にホームページを開設できるサービスもあります。 しかしながら、ホームページを作っ ...

4

スマホで情報を簡単に 調べることができる時代です! お店のWEB対策は完璧ですか?   スマホで簡単に情報を手に入れることができる現在。 便利な世の中になっている反面、それをうまく使いこなせ ...

-sns集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.