Twitter集客とは?集客ツールや成功事例を解説

Twitterを集客や採用に役立てたいと思っている企業は増加しています。大手企業はブランド単位で積極的なSNS活用を実践しており、知名度の拡大や消費に結びつけています。しかし、Twitterのアカウントを開設したものの、一体どのように運用すれば良いのかわからないことを悩んでいる担当者も多いと思います。

そのため、お知らせに留めた運用を行なった結果、全くフォロワーがつかず、更新をやめてしまったという企業も多いのではないでしょうか?クライアントの飲食店では、Twitterを集客に活用した結果、1,000名程度のアカウントで、1ヶ月の間に94万のインプレッションを獲得しました。その結果、Twitterを経由した予約が増加しました。

本記事では、TwitterがどのようなSNSであり、Twitterの仕組みも紹介します。そこからどのような運用をすれば集客ができるのかを紹介します。

▼Instagramでの集客はこちらで紹介しています。

あわせて読みたい
インスタグラムで集客したい!そんな時に押さえるべきポイントとは? インスタグラムは、フェイスブックが運営するSNSの一つで、今やTwitter、フェイスブック、LINE公式アカウントと並ぶ4本の指に数えられる規模にまで大きくなりました。...
目次

TwitterとはどのようなSNSなのか?

Twitterとは、最大140文字の短文で情報のやり取りを行うSNSです。ツイートはアカウントの非公開設定をしない限りは、アカウントをフォローしていない人も閲覧が可能ですし、検索も可能です。

また、ニュース配信が行われているSNSで、話題になったワードやハッシュタグを知らせるトレンド機能もあります。そのため、Twitterのユーザーは、その日の出来事をTwitterで収集することができます。

日本では、4,500万のアクティブユーザーの指標が月々使っていることになっています。国内のTwitterの使われ方は、ニュース検索や自分の興味のある情報を持っているアカウントをフォローすることでの情報収集であるため、求める情報がマッチングしているユーザーにフォローしてもらったり、広告を見せることで、効率的に集客をすることができます。

  • 2017年10月の国内MAUの指標から来ているため、現在の国内MAUは不明です。

なお、年代別の利用率は、【令和2年度】主なソーシャルメディア系サービス/アプリ等の利用率をみると、20代の利用率が高く約8割がTwitterを利用しており、5人に1人の割合で全ての年代でTwitterを活用していることがわかります。50代でも、約30%がTwitterを活用していることから、ほぼ全ての年代で普及していると考えます。

Twitterを活用した宣伝方法とは?

Twitterを活用した宣伝方法としては、Twitterの投稿で宣伝することと、Twitter広告を使って新規ユーザーに宣伝する方法があります。

Twitterの投稿は、独自のアルゴリズムで表示のされやすさが変わります。そのアルゴリズムを無視してタイムラインの目立つ位置に投稿を表示できるのがTwitter広告です。そのため、仕組みを理解しておくと、宣伝の効果を高めることができます。

アルゴリズムを理解して、効果的なTwitterの投稿を行う。

Twitterの投稿はフォロワーのタイムラインにまず表示されます。現在は独自のアルゴリズムがあり、以下の項目が重視されているとされます。以下の5つの主要なアルゴリズムに対策をしたTwitterの運用をすれば、効果的な宣伝を行うことができます。

  • タイムリーさ
  • 関連性
  • エンゲージメント
  • リッチメディア
  • アクティビティ

タイムリーさ

今現在、注目されているトピックの方が注目されやすいし、需要があります。ニュース性の高いツイートは、ニュース性の低いコンテンツよりもインプレッションが増加します。

関連性

Twitterのタイムラインは、自分が興味のあるトピックへの関連性の高いアカウントのツイートを優先して表示する傾向があります。自分のツイートに対して興味を持ってもらいフォローしてもらう仕組みから、ツイートするトピックは、一貫して専門性が高い方が望ましいことになります。

エンゲージメント

エンゲージメントとは、ツイートへのクリック・いいね・リツイート・リプライ・フォローのことです。エンゲージメントが高いユーザー同士のツイートは、タイムラインに表示されやすくなります。つまり、いいね・リツイート・リプライが多数つくような運用をすると、露出が多くなります。

リッチメディア

メディアの種類(画像・動画・GIF・投票)を含むツイートがプッシュされやすいです。関連性の高い情報を掲載しているインフォグラフィックスを用意すると、エンゲージメントを高めることができます。

アクティビティ

定期的な投稿をしていて、コンスタントにエンゲージメントの高いフォロワーを持っている方がツイートが表示されやすくなります。

つまり、Twitterの投稿は、一貫性のあるツイートを意識し、エンゲージメントが高くなるように、リッチメディアをつけたり、投稿するタイミングで旬な話題を取り入れるなどの工夫が重要になります。

また、投稿頻度は、飽きられない範囲内で高めの方が良いことになります。

エンゲージメントの高い投稿を繰り返すと新規のフォロワーの獲得にもつながる。

いいねやリツイートが多数ついたツイートは、関連性の高いトピックの投稿として、フォロワー関係にないアカウントのタイムラインに表示されます。つまり、Twitterは単純なフォロワー数が重要なのではなく、アクティブかつエンゲージメントが重要です。

フォローバックを期待したフォローでフォロワー数を増やす方法はある程度は有効ですが、エンゲージメントを管理することが難しい欠点があります。効果的なTwitter運用を通して宣伝の効果を高めるためには、アクティブなユーザーが自分からアカウントをフォローしてもらうことでフォロワーを増加させ、興味を持ってもらえるような投稿を作り込むことが重要です。

Twitterのフォロワーの獲得はキャンペーンを効果的に活用する。

Twitterはフォロワーに投稿が表示されることが基本的な仕組みであるため、アクティブなフォロワーを獲得することがTwitterで集客をする上では重要な戦略の施策になります。

Twitterのフォロワーの獲得に時間をかけることはできないため、フォロワー獲得の工夫を行います。

例えば、大手コンビニのローソンでは、定期的にフォローキャンペーンを行っています。フォローに加えて、リツイートもしくはリプライをつけてもらうことで、エンゲージメントが高まりますので、フォロー以降の表示のされやすさが上がります。その結果、宣伝効果も高くなり、情報が拡散されていきます。

ただし、フォロワーがいないのに、フォローキャンペーンをしても誰にも表示されないため意味がありません。そこで、Twitter広告で露出を増やすことで、ターゲットにリーチし、顧客化できる見込みのあるフォロワーの獲得にも繋がりやすくなります。

Twitterの集客で活用できるツールとは?

Twitter集客の運用ツールとして活用できるものを紹介します。Twitterでは効果的な投稿とアカウントの管理が重要になります。また、フォロワー増加のかなめになるTwitterキャンペーンは、ツールなしには、反応したアカウントの全てを確認することができないので、必ずツールを導入する必要があります。

① Catchy

Cachyは、AIが用途に合致した文章を生成してくれる提案ツールです。SNSの活用では、内容が決まっていても、魅力的で興味を惹くような文章の生成ができない時があります。そんな時に、Catchyを使うと、AIが学習の結果から導いたコピーを提案してくれるので、それをたたき台にして投稿を作り上げることができます。

Twitter集客だけではなく、SEOの記事コンテンツ制作にも使える汎用性が高い提案ツールです。

② Social dog

Twitterの管理ツールでは、Twitter上で必要な分析、フォローの管理、調査、Twitterキャンペーンを行うことができます。Twitterでは、フォロワーが解除したアカウントとタイミングを知ることができず、また、特定のツイートに対してのエンゲージを全て計測することができません。そのため、アカウントの管理をするためには、Social dogのような分析・運用ツールを導入します。

③ キャンつく

Twitterキャンペーンを自動で抽選し、結果を通知する仕組みをインスタントウィンと呼びます。インスタントウィンは、socialdogでは実施することができないため、キャンつくのようなキャンペーン専用ツールの導入が必要です。

インスタントウィンの注意点では、ツイートの上限が2400件/日と決まっているため、それ以上上回る反応があった時は、それ以降の自動通知ができません。Twitterキャンペーンの参加者は抽選を目的にしてアカウントのフォローをしているため、クレームにつながる恐れがあります。

Twitter集客で注意すべき点とは?

  • 外部URL付きの投稿はインプレッション数が下がる。
  • 公式アカウントは、Twitter ProおよびTwitter Blueで運用する。
  • 第三者を煽り立てるようなツイートは控える。
  • ツイートの投稿時間を工夫する。
  • ツイートの頻度は高めに設定する。
  • ハッシュタグはつけなくても良い。

① 外部URL付きの投稿はインプレッション数が下がる。

外部URL付きのツイートは、Twitterではインプレッションが下がる仕様となっています。もし、インプレッションを下げずに外部リンクを表示したい時には、Twitter広告を使い、インプレッションをブーストするのが良いでしょう。

② 公式アカウントは、Twitter ProおよびTwitter Blueで運用する。

Twitter Proとは、ビジネスユーザー向けの機能を活用できるアカウントです。FacebookのFacebookページ、Instagramのビジネスプロフィールに該当し、業種設定ができたり、簡単にTwitter広告を出稿することができるなどのメリットがあります。

Twitter Blueは、Twitterのサブスクリプションです。Twitter Blueにすると、以下の機能を利用することができます。Twitter Blueにすることで、単純にリプライやいいねなどの通知が目立つようになるため、Blue化は必須です。

  • ブックマークフォルダ: ブックマークに追加したツイートを、後で簡単に見つけられるように、フォルダに分けて整理することができます。Twitter Blueでは、常に非公開となるブックマークやブックマークフォルダを無制限に作成できます。
  • カスタムアプリアイコン: スマートフォンでのTwitterアプリアイコンの表示のされ方を、カスタムアプリアイコンで変更できます。複数の色の中から好きな色を選べます。設定を定期的にチェックして、期間限定で提供される新しい機能を見つけましょう。
  • テーマ: Twitter Blueテーマを使うと、Twitterアプリの配色を選べます。
  • カスタムナビゲーション: この機能により、ナビゲーションバーに表示される項目を選択して、お気に入りのコンテンツやTwitter機能にすぐアクセスできるようにすることができます。アプリ画面下部のナビゲーションバーに表示される項目を、2つから6つの範囲で選択することができ、必要に応じて初期状態に戻せます。
  • 話題の記事: あなたがフォロー中のアカウントや、あなたのフォロワーの間で最も多く共有されている記事のショートカットとして機能します。この機能により、あなたがフォローしているアカウントや、そうしたアカウントがフォローしているアカウントによって最も多く共有された記事が自動的に一覧化されるため、あなたが読みたいと思うタイプのコンテンツを簡単に見つけられます。 
  • リーダー: 長いスレッドを読みやすい表示に変換できます。リーダーは、スレッドのコンテンツのみをわかりやすく表示することを目的としています。スレッドの最上部にあるリーダーアイコンをタップすると、リーダー機能がオンになります。リーダー機能の画面では、テキストサイズを変更することができます。
  • ツイートの取り消し: 送信後のツイートを、Twitterの他のアカウントに公開される前に取り消すことができます。この機能は、ツイートを編集*するためのものではなく、全世界に公開される前のツイートを、見直して修正するためのものです。取り消し可能な時間が経過すると、ツイートはフォロワーに表示されますが、このツイートはTwitter上の通常のツイートと同様に、公開したままにすることも、削除することもできます。
  • 会話での優先順位付け: この機能により、ツイートの会話においてTwitter Blueサブスクライバーの返信が優先的に表示されます。
  • 長尺の動画のアップロード: フォロワーとより多様なコンテンツを共有しましょう。Twitter Blueサブスクライバーは、最大で長さが60分まで、ファイルサイズが2GBまでの動画(1080p)をアップロードできます(ウェブのみ)。
Twitterヘルプセンターより引用

③ 第三者を煽り立てるようなツイートは控える。

Twitterは、匿名のSNSであるため、平気で批判的なツイートをする人がいます。ネガティブなツイートは、企業全体をネガティブな印象に変えてしまうだけでなく、同調するフォロワーを集めてしまう結果にもなります。

また、匿名のSNSであるTwitterは批判もしやすいSNSとして知られています。無作為に目立ちはじめると、誹謗中傷を受けることになります。ブロックしてしまえばそれまでですが、不買運動やクレームを作る原因にもなりますので、わざわざやることでもありません。

④ ツイートの投稿時間を工夫する。

Twitterの使用上、エンゲージメントが高い投稿にすることでインプレッションを上げることが可能です。タイムラインの性質上、少しでも多くのフォロワーにツイートが届く時間帯にツイートをすることが望ましいということになります。

引用:株式会社AutoScale調査

例えば、サラリーマンであれば、通勤時間やお昼の時間にTwitterをみる習慣がある人も多いでしょう。この時間帯の10分程度前に投稿するようにすると良いでしょう。

Socialdogを運営している株式会社AutoScaleの調査によると、リツイートされやすい時間は、5時・11時・15時です。この時間に合わせることで、拡散される確率が高くなることが期待できます。この時間帯に合わせて、social dogで投稿を予約しておくと良いでしょう。

⑤ ツイートの頻度は高めに設定する。

Twitterのアルゴリズムにアクティビティがあることから、高頻度でのツイートが望ましくなります。Twitterの宣伝効果を高めるためには、socialdogの調査からは、5時・11時・15時に合わせて予約投稿するのが良いとされています。ただし、これはターゲットによって大きく異なりますので、socialdogで計測しつつ、ベストな時間を見つけ出してその時間に予約投稿をするのが良いでしょう。

⑥ ハッシュタグはつけなくても良い。

Instagramでは、検索性を高めるためにハッシュタグをたくさんつけることが推奨されていますが、Twitterでは、テキスト全てが検索キーワードの対象になるために通常の投稿ではハッシュタグをつける意味がありません。

ただし、Twitterキャンペーンを実施する時は、ハッシュタグ検索をかけることもあります。ハッシュタグは自分で設定することができますが、キャンペーン用のハッシュタグは重複しないように、事前に検索をして使われていないことを確認しましょう。

Twitter集客を成功させるための運用のツボとは?

Twitterで集客をするためには、複数の課題があります。集客ですので、購買行動を引き起こすことを考えるのはいつもと変わりありません。

Twitter上での購買活動は、「Twitterのフォロワーをどのように集めるのか?」→「興味関心をどのように持ってもらうのか?」→「購入動機をどのように持ってもらうのか?」というような流れで考えていきます。

① Twitterのフォロワーを獲得する。

Twitterの仕組みでは、フォロワーがツイートを一番見てくれる人なので、フォロワーの獲得を優先して考えます。

情報発信の方法がない知名度のない企業では、フォロー&リツイートをしても気がついてもらえない可能性があります。そのため、Twitter広告を出稿することや、Twitter内の検索で見込み客のアカウントを特定し収集します。

Twitterの特徴は、非公開化されていないツイートは全て検索できることです。近隣のお店で検索してツイートをしている人は、近くに住んでいる可能性が高いです。つまり、店舗であれば、これらの人をフォローしてフォローバックを期待すればある程度のフォロワーを獲得することができます。

② 興味関心を持ってもらえるような投稿を行う。

Twitterは、共感のSNSでもあります。単純なお知らせだけであれば、あまり興味を持ってもらえない可能性もあります。また、ネガティブな投稿をすることで、そのビジネスにもネガティブな印象が付きますので、基本的にはポジティブな投稿を中心に、生活の中でよくあることや応援したいことについて投稿するのが良いでしょう。

また、店舗に興味を持ってもらうには、情報量の多い画像や動画がとても重要です。飲食店であれば、シズル感を煽る画像を貼り付けことで興味を持ちます。小売では商品の価値を知ってもらうことが重要です。雑巾であれば汚れの吸収力を紹介するような動画を作ることで、購入意欲が引き起こされます。

③ 購買動機をどのように持ってもらうのか?

購買動機を引き起こす方法として考えられるのは、インスタントウィンを活用して実質クーポンを配布することのほかに、期間限定の企画を行うことも効果的です。購買動機が起きない原因に、いつかは行ってみたいと思っていてもそのタイミングを図ることができないことがあります。時期をこちらから提示してしまうことは、集客効率を上げることができます。

Twitter集客での重要指標とは?

Twitterの指標管理は、Twitterアナリティクスを活用することで可能です。アナリティクスは、メニューのもっとみるから閲覧することができます。

Twitterアナリティクスをみると、ツイート数、ツイートインプレッション、プロフィールへのアクセス、@ツイートの件数などをみることができます。フォロワー数の増減も閲覧可能ですが、フォロワー管理に関しては、Socialdogを活用した方が高度な管理をすることができます。

また、ツイートでは、各ツイートのインプレッションやエンゲージメントを一覧でみることができます。ここで、どのようなツイートが人気があるのか傾向を知ることもできます。

まとめ

Twitterは有効活用すれば、新規顧客獲得のチャネルにすること自体は可能です。

ただし、Twitterのユーザーを顧客だという目で見るのはやめた方がです。あくまで、SNSに参加しているユーザーです。興味関心の高いテーマ集約させた投稿と積極的なアクティブなフォロワーを獲得するキャンペーンを駆使することで、集客力の高いTwitterのアカウントを育成させることは可能です。そこには、魅力的なコピーを提案してくれる提案ツールや分析ツールを駆使することで、Twitterの活用の幅が広がります。

Twitter以外にもさまざまな集客方法があります。どちらは、「集客方法とは?集客力を高める戦略立案と知っておくべき集客法」で解説をしています。

【集客をもっと伸ばしたい方へ】

予算に合わせた低リスクで集客の効果を生むには、戦略が必要。
集客のサクセスパートナーでは、様々な視点で、
クライアントの顧客増加の土台になる戦略立案〜施策の実行をサポートいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次