MEO・Googleマイビジネス 飲食店

飲食店ができるMEO対策とは?3人に1人が参考にするGoogle対策を行おう。

ポイント

業者に依頼せずにGoogleマップ検索対策、いわゆるMEO対策を自分で実施して効果を得ること。

テーブルチェックが行なった全国の男女1,100人を対象にしたインターネット調査によると、「飲食店を検索する際に頻繁に利用する手段」では、グルメサイトを参考にしている割合は70.3%に対して、Google検索は62.6%、Googleマップ検索が35.6%であることがわかっています。

Googleアナリティクスなどの結果をみてみると、8割程度がスマホを使って閲覧していることがわかっており、飲食店の集客には、Google関連のサービスを対策する必要があります。

ここでは、Google検索およびGoogleマップ検索に影響を与えるMEO対策について解説をします。

MEO対策のメリット

  1. 35%の人が参考にするGoogleマップ検索で認知度を高めることができる。
  2. 近隣の店舗検索を用途として活用されることが多いので、今すぐ客の集客に効果あり。
  3. 対策されたGoogleマイビジネスでは近隣ユーザーへの露出が高まっている。そのため、クーポンの配布効果が高い。
  4. しっかりマーケティングをしていれば、一番確かに情報がリーチするSNSでもある。

MEO対策とは?

Google検索の対策を行うことをSEO対策と言います。

MEO対策とSEO対策の違いは、MEO対策は、特定の地域のビジネスの検索対策であることに対して、SEO対策は全てのWebページを対象にしています。つまり、ラーメン屋と検索した時に、MEO対策を実施すると、近隣のラーメン屋が競合になることに対して、SEO対策では近隣のラーメン屋だけではなく大手グルメサイトやまとめサイトも対象になります。

そして、現在のGoogle検索の上位のほとんどを大手媒体が独占していることから、Google関連サービスで露出するためには、Googleマップ検索の対策であるMEO対策が効果的だという結論に至ります。

Googleマイビジネス

ちなみにMEO対策では、Google検索経由よりもマップ経由の閲覧数(Googleマップに地点表示された回数)が圧倒的に多いのが特徴の一つです。

スマホでGoogle検索を実施すると、結果ページの上部にGoogleマップの情報とGoogleマップ検索上位のビジネスの情報が2〜3つ表示されるようになっています。検索順位は、近い店舗を優先して表示するため、距離によって変動します。

GoogleMapsを表示すると、近隣のビジネス検索でよく活用されているカテゴリーが表示されています。そして、そのカテゴリーに関連度の高いビジネスが表示される仕組みになっています。

MEO対策で重要なポイントとは?

Google検索は、多くの人に活用してもらえることが前提としてありますので、正確な検索結果が表示されることや近くて人気のある店舗が優先的に表示されることがユーザーによってより良いことであることが前提としてあります。

そのため、MEO対策には、関連度、知名度、距離の3つの指標が重要視されています。この3つの指標に関しては、Googleマイビジネスヘルプで記載されています。

<関連度>

関連度というのは、適切な検索に結果として表示される度合いのことを意味します。例えば、カレー屋と検索された時に、カレー屋が表示され、冷やし中華と検索された時に、取り扱いのある中華料理屋が表示される

関連性とは、検索語句とローカル ビジネス プロフィールが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、プロフィールと検索語句との関連性を高めることができます。

<知名度>

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、ローカル検索結果のランキングにはこうした情報が加味されます。たとえば、有名な博物館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響しますGoogle でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果のランキングに影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、ランキングが高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できます。

<距離>

距離は、店舗の所在地であり、移転以外の方法では対策できません。

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

飲食店のMEO対策に有効な方法とは?

飲食店のMEO対策では次の項目が重要と言えます。

  1. Googleマイビジネスに詳細な情報の入力する。
  2. 営業時間などを正確に管理する。
  3. クチコミの管理と返信を行う。
  4. 集客力のある名物メニューの開発を実施する。
  5. 顧客にクチコミを依頼する。
  6. ホームページに看板メニューの詳しい情報を掲載する。

1.Googleマイビジネスに詳細な情報を入力する。

ローカル検索結果は、検索語句との関連性が十分に高いものが表示されるため、ビジネス情報の内容が充実しているほど、検索語句と一致しやすくなります。

Googleマップ検索では、Googleマイビジネスの情報が直接関係しているため、可能な限り詳細に記載することが必須になります。住所・営業時間・カテゴリー・属性はもちろんのこと、店舗の特徴や提供メニューなど、掲載できるものは全て掲載します。

2.営業時間を正確に管理する。

飲食店で一番のストレスは、営業時間内だと思ったのに、営業していなかった時です。

Googleマップ検索では営業中のビジネスを優先的に表示したいと考えているはずです。いくら人気だからといっても、やっていない店舗を紹介しても仕方がないからです。

そのため、営業時間を正確に記載している店舗は重宝されると考えられます。
ちなみに、Ubereatsなどのデリバリーアプリの検索アルゴリズムでは、営業日数や営業時間の長さも加味されています。つまり、この手の検索ではちゃんとやっていることを示すことが重要なんですね。

3.クチコミの管理と返信を行う。

ビジネスに関してユーザーが投稿したクチコミに返信しましょう。クチコミに返信することで、ユーザーの存在やその意見を尊重していることもアピールできます。ユーザーから有用で好意的な内容のクチコミが投稿されると、ビジネスの存在感が高まり、顧客が店舗を訪れる可能性が高くなります。

クチコミの返信効果は、店舗との関係性の向上の他に、悪い評価を付けづらくなる、クレームに対する改善意欲を示すことができ好印象にすることができるなどの効果もあります。

4.集客力のある名物メニューの開発を実施する。

この店舗は名物の冷やしラーメンが有名な店舗です。

「Googleに寄せられたクチコミを見る」という項目には、出現頻度の高いワードが表示されます。

注目すべきは、冷やしラーメンに関連するクチコミ件数が多いということです。

SNSなども含めて、口コミとして拡散されるのは特に力をいれている名物メニューです。何を名物にするのかによって、クチコミの件数およびSNSやブログなどの紹介件数が変わってきます。飲食店としては、一番中核になる部分でもあります。

5.顧客にクチコミを依頼する。

金品などを渡してクチコミを書いてもらうことは公平性の観点から禁止されていますが、顧客にクチコミを依頼すること自体は禁止されていません。

SMSでサンクスメールを送信し、評価を依頼するなどの手法で効果的にクチコミ評価件数を増やすことができます。

ここがポイント

歯科クリニックや整体院などでは、偽の評価を量産する手法が流行していますが、飲食店ではそもそも名物メニューが強ければ、客数に比例して自然に件数自体は増えていきます。

偽の評価を検討するよりも、メニュー開発に力を入れましょう。

6.ホームページに看板メニューの詳しい情報を掲載する。

ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できます。」と記載されています。

飲食店では、ラーメン屋や中華料理屋などのキーワードばかりが選ばれるわけではありません。例えば、冷やし中華などの季節性のある人気メニュー名や抹茶豆乳ラテのようなニッチなメニュー名などの検索もあり得ます。

Googleマイビジネスでも取り扱いのあるメニューの情報を掲載することができますが、より確かな掲載順位の向上を望むことができます。

ポイント

影響度は強い順に、
クチコミ内のキーワードの出現回数 > Googleマイビジネスのメニュー掲載 >Google検索の順位

まとめ

飲食店の集客では、ますます重要視されているGoogle関連のサービスです。
Googleをお店選びに利用する人は増えており、新しい軸のグルメ検索という見方もすることができます。

MEO対策の基本は、情報や評判の蓄積が基本です。データを積極的に掲載し、正確な情報の掲載に努めることで、新たな集客源として成立させることも可能です。

なお、集客作戦本部でもGoogleマップ検索の対策を実施しており、実施事例では、クチコミの件数を約100件から倍、主要駅のカテゴリー検索で1位に表示させるなどがあります。気になったからは遠慮なくご相談ください。

  • この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー。大学卒業後、店舗マーケティングツールのASPにて、500店の顧客フォロー及び導入の支援業務に従事。その後、2009年にサクセスパートナーを設立し、集客のコンシェルジュとして、コンサルティングを提供開始。 ▶︎過去に協力したメディア 第一興商発行のDAM CHANNEL for Bizにて、ソーシャルメディアを使った集客方法の特集を8ページ監修(2018/4号) 株式会社リクルートの経営者応援マガジンパートナーズプレスにて、ホームページ作成やSNS活用のポイントのインタビュー記事が公開される。

-MEO・Googleマイビジネス, 飲食店