集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

飲食店の集客

台風や大雪のときに飲食店がとるべき行動とは?

更新日:

台風

台風が30日以内にこれだけの回数到達すること自体が異常で、北海道の被害をみると、農家さんの悲鳴が聞こえるようで、心が痛いです。今年は間違いなく、農産物全体の価格も高くなるでしょう。

さて、こんな天気が続くと飲食店もたまったもんじゃありません。

台風の時に儲かる飲食店と儲からない飲食店の違い

駅から近いカフェや軽食店は、スーツがずぶ濡れになることを嫌って来店する顧客が増加するケースがあります。駅舎内でダイヤの回復をじーっと待つよりも、ニュースアプリなどで回復の情報を待っていた方が気持ち的に楽だからです。

これが小雨や通常の雨程度の場合は、ダイヤがすぐに回復すると予想しますので、混んでいてもすぐに帰ろうとします。

参考:飲食店が雨の日に集客するためにはどのようにすれば良いのか?

郊外になりますと、この恩恵を得ることができないため、どうしても営業していても閑散としてしまいます。また、バイトを安全に帰宅させなければならないことを考えるため、精神衛生上も営業することがよくありません。

混雑が予想される店舗について

特別な営業を行ってしまうと、現場がパニックになる恐れがあります。特に変わった営業は行う必要がないと思います。また、お店によっては台風で勝手に休みにしてしまうアルバイトがいたりしますので、事前に営業することを連絡して人員の確保ができるようにしましょう。

閑散としてしまうことが予想される店舗について

正直無理に営業する必要性はないと思います。

月売上を向上させるためには、台風で営業できなかった分は、通常の営業で稼げばそれでいいからです。年に数回くるかこないかわからない台風の対策をとるのはナンセンスです。

この場合、通常の営業時の集客の戦略を考える時間に割り当てることを優先します。

ホームページやSNSで休むことを告知

営業を行っていないことを知らせる必要性があります。文言は自由ですが、台風が直撃することでお客様に迷惑をかけてしまう可能性があることを言及しましょう。

キャンペーンやイベントの準備

通常営業時のキャンペーンを準備します。

キャンペーンやイベントを開催することは、再来店動機を作ることになりますので、売上高を高めることになります。

参考:

飲食店を売上アップさせるためには?具体的な手法まとめ【2016改訂版】

多忙な個人経営の飲食店のために絞ったおすすめの集客方法

例えば、これからのシーズンであれば秋刀魚が美味しいわけで、秋の秋刀魚祭りを銘打って、特別メニューを多数用意するのもいいでしょう。

常連客に感謝の手書きのハガキを書く。

こういった時ぐらいしか、まともにハガキを書くことができないと思います。常日頃の感謝の気持ちや近況を添えて、手書きのハガキを書き貯めておきましょう。

ホームページなどの分析を行う。

熱心な飲食店の経営者は別なのですが、ほとんどの場合はホームページを作成したら、お知らせくらいしか更新しません。

ホームページが機能していなければ、アクセス数が少ないか、魅力を伝えきれていないのかのどちらかになります。うまく言っていない原因を専門業者などと相談し、対策を打つ時間としても活用が可能です。

あとは、ゆっくり休む。

多忙なために普段ゆっくり休むことができないのが、飲食店の店主のさがでもあります。

台風なので、ゆっくり休めたもんじゃないでしょうが、普段の疲れを解消するための時間に充てることで通常営業時に元気よく活動することができます。

休めない飲食店は?

チェーン店は休むことができませんし、予約が入っている場合休むわけにはいけません。

その場合は、人員のチェックを事前に必ず行います。アルバイトの自己判断で休まれる可能性があるからです。シフトが入っているバイトの人は必ずお店に確認をとりましょう。

また、集客面では、グレートが一つ高いメニューをレギュラーのコースメニューに入れたものの提供、メルマガやLINE@で情報発信し、集客します。

限定メニューの提供は、年に数回の台風の時のために開発するのではナンセンスですし、特に、大型台風の場合、お手軽で雨風凌げることを目的ですので、この機会に一つ上のグレードを体験してもらって、次回の来店時のオーダーに結びつける方法が良いでしょう。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-飲食店の集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.