飲食店のSNS集客戦略とは?SNSの選び方やフォロワー獲得事例を解説

飲食店のSNS

飲食店は、利益率の関係から広告費に多くを割くことができません。そこで、できる限り集客効率が高かったり、無料でも運用ができる集客方法を行う必要性があります。

SNSは、アカウント作成や情報発信を無料で行うことができます。また、市町村や性別などのターゲティングが可能な広告も各SNSで用意されており、地域性を活かした業態の飲食店には向いている集客方法です。

そこでこの記事では、飲食店がSNSの集客を成功させるため、SNSの選び方、運用の方法について解説をします。

集客のサクセスパートナーでは、主に複数店舗経営の飲食店の集客のコンサルティングを行っています。
客数増加や販促費削減をしたい飲食店オーナーおよび運営責任者は、お気軽にご相談ください。

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層を集客したい

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?

予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

目次

飲食店の集客に使うSNSの選び方とは?

令和2年度の主なソーシャルメディア系サービス/アプリ等の利用率をみると、LINEとYoutubeが全世代で高い普及率を誇っており、X(Twitter)とInstagramが追従しています。それに加えて、10代ではショート動画のSNSであるTikTokの利用率が、57.7%に達しています。

飲食店の集客に最適なSNSは、どの世代をメインのターゲット層にしているのかで異なります。X(Twitter)とInstagramは、すべての年代での利用率が似通っており、特に10〜20代の利用率が高いです。

利用率の伸びは、Instagramが急激な成長を見せているため、Instagramでの情報発信を中心にするのが良いでしょう。また、ショート動画や画像の発信はどのSNSでもできるようになっています。そのため、ショート動画を他のSNSで使用することもできます。

これらのことから、飲食店が集客に使うSNSは以下が良いでしょう。どれか1つに集中するのも良いですし、複数のSNSを併用しても良いと思います。

  • Instagram(おすすめ度
  • X(おすすめ度
  • Youtubeショート(おすすめ度

Instagramが飲食店の集客に使える理由

10代〜20代は、近隣の飲食店をInstagramで検索することがあります。これは、ユーザーが投稿したメニューの画像や動画を見ることができることから実物を見ることができたり、顧客目線の店内の画像を見ることもできるからです。この飲食店を検索する習慣があるため、最も飲食店におすすめのSNSといえます。

X(Twitter)が飲食店の集客に使える理由

X(Twitter)は情報収集を目的にしているユーザーが多いです。これは、多くのメディアが情報発信をしており、テレビよりも早い情報収集をすることができます。また、同じ趣味のユーザーの投稿を見ることができるなどもあり、情報を受け取る体制が整っています。

ただし、X(旧Twitter)は、X Premium(通称青バッジ)などの有料会員の投稿の表示が優遇しているため、積極的にSNSで新規顧客を獲得したい時は、月額課金するのが良いでしょう。

Youtubeショートが飲食店の集客に使える理由

Youtubeは、全世代で平均85%の利用率を誇っています。この圧倒的なユーザー数から、TikTokと違ってアプリをインストールするなどの閲覧する体制が整っているといえます。ショート動画は、Instagramのリールやストーリーズでも使いますし、X(Twitter)でも投稿することができます。ショート動画を積極的に活用するのであれば、Youtubeショートも併用するのが良いでしょう。

飲食店のSNS集客のコツとは?

飲食店のSNS集客のコツは、顧客が求める情報を魅力的に伝わる投稿をすることに尽きます。

一般的な飲食店の情報発信としては、画像や動画を効果的に活用して情報発信を行います。これは、テキストで情報発信するよりも実物を見せた方が来店の検討の判断がつきやすいからです。ただし、検索性を高めるためには、テキストやハッシュタグを使う必要性があるため、わかりやすいキーワードを盛り込むことが重要です。

飲食店の来店動機
ホットペッパーグルメ外食総研

飲食店の来店動機は、料理が50%を超えており、最も多いです。そのため、写真や動画投稿では、食欲をそそるコンテンツに仕上げることが重要です。例えば、新作のピザの場合は、熱々さ加減がわかるように、箸上げを行い、チーズが滴っているところをショート動画で撮影するのが良いでしょう。

また、目的来店型の宴会や記念日のディナー利用の場合は、個室の有無やテーブル席の清潔さを検討項目に入れている幹事も多いです。そのため、個室やテーブル席が広く見えるようなアングルでの画像も用意するのが良いでしょう。

飲食店のSNS集客では、画像とショート動画を多用します。それぞれのコンテンツを作成し、本数を用意できる方が有利ですので、生成できるだけの素材数を収集しておきましょう。

注目度の高い投稿を行う

メディアでも度々話題になるのが、「Coffee & Toast Tokyo」。Instagramでフォロワー数164,000人(2023年10月段階)を誇っている人気アカウントです。特徴は、みずみずしさのある投稿に特化しており、はちみつや肉汁が滴っているパンの画像やショート動画が中心になっています。板チョコを割るような音も効果的に活用しており、多くのエンゲージメントを獲得しています。

限定メニューをいち早く知れる手段として確立する

私も大好きな「寿製麺よしかわ」はX(旧Twitter)で、限定メニューの告知のほかに、顧客が投稿したUGC(ユーザー生成コンテンツ)をシェアしています。人気店の最新情報の入手方法がSNSであれば、そのお店のファンは、そのSNSをフォローする以外ありません。

飲食店のSNS集客のフォロワーの獲得方法はどのように行えば良いのか?

SNSの運用では、いいね、リポスト(リツイート)、引用などの発生率が上がるため、フォロワーの獲得が重要です。ただし、飲食店では、来店確率の低い遠方のフォロワーを獲得しても、集客が増えることがありません。近隣のフォロワーを獲得することが重要です。

そのため、SNS集客でのフォロワー獲得のポイントは以下の通りになります。

  • 新規顧客の獲得を目的にするのであれば、近隣エリアに表示を絞り込んだ広告を定期的に配信し、フォロワーになってもらう。
  • リピーターの増加を目的にするのであれば、既存の顧客にフォローを求める。

ただし、リピーター対策には、メッセージの到達率が高いLINE公式アカウントを使うことが多いです。そのため、SNS集客では、近隣エリアに住む人を対象にすることになり、広告を運用することが望ましいです。

広告は、お金がかかることからネガティブに捉えられがちですが、ターゲット層に絞り込んで広告を表示できるため、アカウント育成の時間短縮になります。ゲームなどで、強くなるための課金に感覚は近いです。

広告を局所的にかける。

SNSのアカウントを育成するためには、魅力的なポストの視認性を上げます。具体的には、インプレッション(表示回数)を増やします。また、飲食店では、商圏が明確に存在するため、エリア内に広告を出稿します。小予算でも、投稿の品質次第で、いいねやコメントなどのエンゲージが伸びますので、フォローのリクエストを地道に行ってフォロワーを増やしていきます。

<ポイント>

  • 1,000円〜程度の予算でテストする。
  • エリアは、自店舗を中心にして商圏で設定する。Xは市町村で指定する。
  • エンゲージの単価が安い投稿を見つける。
  • うまくいった投稿でパターン化する。

広告でエンゲージがあったアカウントは、広告を出稿したエリア内を行動圏にしていると推測できますので、リスト化したり、フォローをリクエストしていきます。

フォロー&リポストキャンペーン

X(旧Twitter)上でブランドや商品の認知度を高めるための手法です。参加者は指定されたアカウントをフォローし、特定のツイートをリポストすることで、抽選で賞品が当たる仕組みです。このキャンペーンは短期間で多くの人々にポストが露出する効果があり、フォロワー数の増加やブランドイメージの向上に寄与します。

実際の支援事例では、限定メニューに関する投稿を行い、抽選でペアのお食事券を提供しました。抽選には特定の条件を満たしたアカウントの出力が必要になるため、SocialDogなどのツールが必要になります。

飲食店のSNSを活用した集客の事例

テレビ番組とX(旧Twitter)を連動

テレビ番組と連動してX(旧Twitter)を活用。テレビで出されたメニューの体験メニューを用意し、Xで拡散。その結果、撮影があった店舗の新規予約率が爆発的に伸びました。来店意欲がもっとも高い時期に来店を促すための施策として有効でした。

メニュー投稿で注文率がアップ

スキー場に近接しているレストランでは、肉汁あふれるハンバーグや暖炉の火の動画をSNSで配信しました。その結果、次の日からハンバーグの注文率が伸びました。

まとめ:飲食店はSNSを有効活用すべき

飲食店は、衝動的な来店でも目的型の来店でも、価値が視覚的にわかりやすいことが最大のポイントです。そのため、テキストで多くを説明しなくても、画像や動画を使うことで、顧客行動を促し、来店を増やしやすいです。

特に、近年は情報量が多いショート動画は、すべてのSNSに投稿が可能であるため、飲食店の集客では主軸になるコンテンツのフォーマットです。

魅力的なコンテンツが用意できれば、あとは通常の集客の方法と一緒で、見込み客に見せるだけ。飲食店の場合は、近隣の顧客ですので、表示回数を稼ぐことができないのであれば、エリアを絞り込んで広告を出稿します。

最終更新日 : 2024年4月6日

よかったらシェアしてね!
目次